現在位置はトップページの中の病院の概要の中の病院指標

病院の概要

病院指標

神戸大学医学部附属病院ではDPC*データから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、情報公開を進めております。この病院指標は、神戸大学医学部附属病院の特徴や、急性期医療の現状を理解していただくことを目的として公開しております。

現在公開しております病院指標は、神戸大学医学部附属病院の一般病棟を退院された患者さんのデータを集計の対象として作成しており、集計対象患者は、医科保険適用患者(公費、生活保護患者含む)で、DPC対象外患者は除いております。

*DPC(Diagnosis Procedure Combination)の略で、医師が決定した主病名に基づき、入院患者さんの一連の医療行為を、国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。DPC対象となる患者さんは保険適用患者で、一般病棟を入院された患者さんを対象とします。

【集計の条件】

対象期間:平成27年4月1日〜平成28年3月31日
患者数が10未満の数値の場合は、−(ハイフン)を記入しております。

このページのトップへ戻る