現在位置はトップページの中の病院の概要の中の病院長挨拶

病院の概要

病院長挨拶

病院長 平田健一

病院長 平田健一

病院長 平田健一

神戸大学医学部附属病院は、明治2年に設立された神戸病院を前身として、兵庫県立病院、県立医科大学、国立大学病院(920床)へと発展し、平成16年からは国立大学法人の病院として運営されています。本大学病院は、設立当初から地域に根差し、地域医療に貢献することを使命の一つとし、平成6年には特定機能病院、平成19年にはがん診療連携拠点病院となり、関西医療圏においてその中核としての診療機能を担っております。病院の基本理念として、患者中心の医療の実践を第一にあげ、患者さん目線に立った、高度で安全な医療を提供することを最も重要な使命としています。この理念を達成するためには、医師、看護師、薬剤師、栄養士、検査技師、理学療法士、事務部門などの多くの職種が互いに連携しあって初めて可能になります。これからも職員一同、患者サービスの向上、医療安全体制の強化に全力で取り組んで参ります。

また、神戸大学医学部附属病院は教育機関として、人間性豊かな医療人を育成するとともに、日本・世界の医療をリードする最先端の医療において研究・診療の拠点として発展してきています。大学病院の使命として、高度の技量を有し、チームで医療ができ、そして世界で活躍できるような広い視野を持った人間性豊かな医療人を育成することも重要です。現在、医療はめざましい勢いで進歩していますが、世界には未だ治療法のない病気が数多くあります。今後、大学病院の使命として、患者さんの希望となる新しい医療開発に挑んでいきたいと思います。

設備においては、最先端の医療機器をできる限り導入し、人、設備も含めた医療の質の向上にも力を注いでいます。平成26年には、低侵襲棟が建設され、新しく、手術部、腫瘍センター、光学医療診療部、総合周産期母子医療センター、放射線部、病理部などの運用が開始されました。今後も、皆様方により一層満足して頂ける先端的な質の高い、安心・安全な医療が提供できるよう大学病院として地域に根差し、継続的な改革を推し進めて参ります。また、若手や女性をはじめ病院職員が生き甲斐をもって働けるような環境作りも大切であると考えています。皆様方のご意見を頂戴しながら世界に誇れる神戸大学病院を目指し、職員一同、社会の期待にこたえていくよう、より一層努力してまいる所存です。今後も一層のご支援とご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

このページのトップへ戻る