研究者の方へ

For Researcher

KOBE Univ. Hosp. CTRC for Researcher

臨床研究推進セミナーのご案内

臨床試験・臨床研究を行う上で被験者の保護はもとより、研究の科学性・信頼性を確保することは「ヘルシンキ宣言」にも謳われた研究者の責務です。ついては、学内外で行われる臨床試験・臨床研究の適正化と水準向上を図るため、臨床研究推進センターでは、各種セミナーを開催していますのでふるってご参加下さい。

なお、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(平成26 年文部科学省・厚生労働省告示第3号)は、研究者等に対し、研究の実施に先立って必要な知識と技術に関する教育・研修を受けることを求めています。そのため、本学にあっては、臨床試験・臨床研究に関与する全ての研究者等を対象に毎年一定の教育を受ける義務を課しているところです。
(神戸大学大学院医学研究科又は医学部附属病院における臨床研究従事者等 に関する教育・研修にかかる実施要項(学内アクセス限定))
本セミナーはそうした教育の一環として位置付けられるものであり、神戸大学内の研究者には受講歴を記録させていただいています。

下記のセミナーは神戸大学外に所属している方も受講頂けます。お手数ですが、事前に受講登録が必要なセミナーについては受講登録をお願いいたします。

問い合せ先

本件に関して、不明な点がございましたら、臨床研究推進センター企画推進部門
(078-382-5400, 内線:5400)まで、お問い合せください。

今後の開催日程

2019年度

開催日時 セミナータイトル 講師 場所
4/11(木)
16:00~17:00
終了
臨床研究法の概要と留意点 臨床研究推進センター
特命教授 永井 洋士
副薬剤部長 久米 学
神緑会館
多目的ホール
6/27(木)
17:10~18:10
終了
臨床研究の倫理と実践 臨床研究推進センター
特命教授 永井 洋士
シスメックス
ホール
7/12(金)
18:00~20:00
終了
臨床研究論文作成入門 臨床研究推進センター
特命教授 大森 崇
神緑会館
多目的ホール
9/3(火)
18:00~19:00
終了
既存資料を利用した研究-はじめての臨床研究を行う研究者のみなさんへ- 臨床研究推進センター
特命教授 大森 崇
神緑会館
多目的ホール
9/30(月)
17:20~18:20
終了
統計手法の使い分け-平均値の差、オッズ比、ハザード比- 臨床研究推進センター
特命教授 大森 崇
外来診療棟4階
A講義室
10/7(月)
17:20~18:20
終了
95%信頼区間と検定のp値 臨床研究推進センター
特命教授 大森 崇
外来診療棟4階
A講義室
10/11(金)
18:00~20:00
終了
実践!フリーの統計ソフトEZRの紹介 臨床研究推進センター
特命教授 大森 崇
研究棟B 第一講堂
10/21(月)
17:20~18:20
終了
多重性の問題 臨床研究推進センター
特命教授 大森 崇
外来診療棟4階
A講義室
10/28(月)
17:20~18:20
終了
回帰モデルを用いた調整 臨床研究推進センター
特命教授 大森 崇
外来診療棟4階
A講義室
10/29(火)
18:00~19:30
終了
医療機器開発における 産学連携の重要性について 医薬品医療機器総合機構(PMDA)
医学研究科客員教授
方 眞美 先生
外来診療棟4階
A講義室
11/11(月)
17:20~18:20
傾向スコア 臨床研究推進センター
特命教授 大森 崇
外来診療棟4階
A講義室
11/20(水)
18:00~19:30
医薬品・医療機器の開発における産学官連携の意義について 神戸医療産業都市推進機構
クラスター推進センター センター長
佐藤 岳幸 先生
外来診療棟4階
A講義室
12/2(月)
※日程変更
18:00~19:00
臨床研究計画の策定とデータ収集戦略 臨床研究推進センター
特命教授 永井 洋士
神緑会館
多目的ホール
2020年
1/31(金)
17:10~18:10
人を対象とする医学系研究に関する倫理指針と本院の標準業務手順書 臨床研究推進センター
特命教授 大森 崇
外来診療棟6階
大講義室
2/17(月)
18:00~19:00
橋渡し研究から臨床試験へ-疾病征圧のパラダイム- 臨床研究推進センター
特命教授 永井 洋士
神緑会館
多目的ホール
3/13(金)
18:00~19:00
研究計画書の作成入門 臨床研究推進センター
特命教授 大森 崇
神緑会館
多目的ホール

※日程、講師、タイトルは変更になる可能性があります

※多目的ホール:神戸大学医学部 神緑会館 多目的ホール
※第一講堂:神戸大学医学部 研究棟B1階 第一講堂
※A講義室:神戸大学医学部 外来診療棟4階
※B講義室:神戸大学医学部 外来診療棟5階
※大講義室:神戸大学医学部 外来診療棟6階

セミナー詳細

2019年4月11日(木) 16:00~17:00
『臨床研究法の概要と留意点』

講師 臨床研究推進センター
特命教授 永井 洋士 / 副薬剤部長 久米 学
場所 神戸大学医学部 神緑会館 多目的ホール
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 平成30年4月1日から施行された臨床研究法においては、同法で定義される「特定臨床研究」を実施する際には、厚生労働大臣が認める認定倫理委員会での審査・承認を受けた上で、同大臣が定める実施基準に沿って研究を行うことが義務づけられています。更に、同法で言うところの「臨床研究」についても同様の努力義務が課せられています。法が施行されて1年が経過した中、どのような研究が法の対象となり、法の下で行われる研究にどのような義務や努力義務が課せられるのか、研究実施上の手続を含めて概説します。特に臨床研究法上の特定臨床研究の研究責任医師の先生方は可能な限りご参加ください。

ご案内はこちら
受講方法 終了しました。

2019年6月27日(木) 17:10~18:10
『臨床研究の倫理と実践』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 永井 洋士
場所 神戸大学医学部会館3階 シスメックスホール
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 本邦では、旧陸軍による人体実験をはじめ、非人道的な臨床研究が繰り返された歴史があります。そうした事実に対する反省も総括もないままに、わが国はただ国際的な合意に基づいて現行のGCPを受け入れました。しかしながら、その適用は薬事承認や適応拡大を目的とする治験に限定され、アカデミアで行われるそれ以外の研究は野放しにされてきた経緯があります。一方で、臨床試験はあくまで被験者の善意によって成り立つ人類の事業であり、従って、その成果は疾病の診断・治療・予防に最大限反映されねばなりません。本セミナーでは、研究倫理の発展の歴史と現状に照らし、アカデミアにおける臨床研究のあり方について見識を深めていただきたいと思います。

ご案内はこちら
受講方法 終了しました。

2019年7月12日(金) 18:00~20:00
『臨床研究論文作成入門』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 大森 崇
場所 神戸大学医学部 神緑会館 多目的ホール
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 臨床研究の相談などで研究実施計画書を読ませていただいていると、得られた結果をどのようにまとめようとされているのかがよくわからないものをしばしば目にします。そのようなときには、いつでも後で作成する論文をイメージされていたら、もう少し計画書が具体的になり、分かりやすいものになるのではないかなと思います。今回のセミナーでは、ある臨床研究を計画する場面を想定し、この段階で論文作成を意識した場合にどのようなことに注意したらよいのかを一緒に考えてみましょう。皆で考える時間を取りながらスライドを進めていきたいので、今回は18:00~20:00の2時間を予定しています。いつもより長めですが最後まで時間が取れる方の参加をお待ちしております。

ご案内はこちら
受講方法 終了しました。

2019年9月3日(火) 18:00~19:00
『既存資料を利用した研究-はじめての臨床研究を行う研究者のみなさんへ-』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 大森 崇
場所 神戸大学医学部 神緑会館 多目的ホール
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 始めて臨床研究に取り組む方から、既存の資料を利用してリスク要因の探索を行う研究を行い、学会で発表したいのだが、どのように行えばよいかよくわからない、という相談を多く受けます。多くの方は、研究計画書のテンプレートに書き込む段階で、どうしていいかわからなくなってしまうようです。この回では、初めて臨床研究に取り組むという方を意識して、このような状況で、コンサルテーションのときによくお話ししていることをまとめて、お伝えしようと思います。

ご案内はこちら
受講方法 終了しました。

2019年9月30日(月) 17:20~18:20
『統計手法の使い分け-平均値の差、オッズ比、ハザード比-』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 大森 崇
場所 神戸大学医学部 外来診療棟4階 A講義室
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 研究から得られたデータで治療の効果を要約する指標として、平均値の差やオッズ比、ハザード比という指標があります。このセミナーでは、これらの3つの指標の類似点と相違点に注目しながら、それぞれの指標について点推定値と95%信頼区間、検定のp値について、それらの見方、まとめ方を説明します。

ご案内はこちら
受講方法 終了しました。

2019年10月7日(月) 17:20~18:20
『95%信頼区間と検定のp値』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 大森 崇
場所 神戸大学医学部 外来診療棟4階 A講義室
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 95%信頼区間やp値は論文の本文の中だけではなく、abstractにも頻繁に出てきます。このセミナーでは、95%信頼区間やp値とは何か、どのようにそれらを読むのか、解釈する際に注意することは何かについてもお話しします。

ご案内はこちら
受講方法 終了しました。

2019年10月11日(金) 18:00~20:00
『実践!フリーの統計ソフトEZRの紹介』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 大森 崇
場所 神戸大学医学部 研究棟B1階 第一講堂
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 臨床研究推進セミナーのアンケートでは「統計解析ソフトの使い方を知りたい」と記載いただくことがよくあります。今回のセミナーは、このご要望にお応えする形で統計ソフトの紹介を企画しました。一人一台PCが使える環境で、フリーの統計ソフトEZRを使って一緒にデータ解析を行いましょう。今回は18:00~20:00の2時間を予定しています。いつもより長めですが最後まで時間が取れる方の参加をお待ちしております。

ご案内はこちら
受講方法 終了しました。

2019年10月21日(月) 17:20~18:20
『多重性の問題』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 大森 崇
場所 神戸大学医学部 外来診療棟4階 A講義室
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 ひとつの研究の中で、何度も統計的検定を行う必要があることがあります。その際、複数回の検定を行うことが問題になる場合があります。このことは、検定の多重性と呼ばれています。この問題は統計的検定の本質と関係しています。このセミナーでは、統計的検定の復習と、多重性の問題、多重性の問題を回避するためのいくつかの方法についてお話します。

ご案内はこちら
受講方法 終了しました。

2019年10月28日(月) 17:20~18:20
『回帰モデルを用いた調整』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 大森 崇
場所 神戸大学医学部 外来診療棟4階 A講義室
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 2種類の治療方法や曝露の効果を調べるために2群間の比較を行う場合、治療方法や曝露以外の条件のバランスがとれていれば2群間の比較は適切に行えますが、バランスが崩れてしまっていることが稀ではありません。回帰モデルは、そのような場合にバランスを取るための方法の一つです。このセミナーでは回帰モデルとは何か、どのように使うかについてお話します。

ご案内はこちら
受講方法 終了しました。

2019年10月29日(月) 18:00~19:30
医療機器開発における 産学連携の重要性について

講師 医薬品医療機器総合機構(PMDA)/医学研究科客員教授 方 眞美 先生
場所 神戸大学医学部 外来診療棟4階 A講義室
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 ご案内はこちら
受講方法 終了しました。

2019年11月11日(月) 17:20~18:20
『傾向スコア』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 大森 崇
場所 神戸大学医学部 外来診療棟4階 A講義室
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 2種類の治療方法や曝露の効果を調べるために2群間の比較を行う場合、治療方法や曝露以外の条件のバランスがとれていれば2群間の比較は適切に行えますが、バランスが崩れてしまっていることが稀ではありません。傾向スコアは、そのような場合にバランスを取るための方法の一つです。このセミナーでは傾向スコアとは何か、どのように使うかについてお話します。

ご案内はこちら
受講方法 神戸大学の教職員:受講登録は不要です。会場に直接お越し下さい。
神戸大学以外の方:セミナー申込みフォームからお申し込みください。

2019年11月20日(水) 18:00~19:30
医薬品・医療機器の開発における産学官連携の意義について

講師 神戸医療産業都市推進機構 クラスター推進センター センター長 佐藤 岳幸 先生
場所 神戸大学医学部 外来診療棟4階 A講義室
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 ご案内はこちら
受講方法 神戸大学の教職員:受講登録は不要です。会場に直接お越し下さい。
神戸大学以外の方:セミナー申込みフォームからお申し込みください。

2019年12月2日(月)【※日程変更】 18:00~19:00
『臨床研究計画の策定とデータ収集戦略』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 永井 洋士
場所 神戸大学医学部 神緑会館 多目的ホール
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 臨床研究の成功と失敗は、その計画の段階で大方決まっていると言っても過言ではありません。国内外の最新の知見に基づいて、科学的・医学的・倫理的に正当なリサーチクエスチョン/仮説を設定し、いかに綿密かつ周到な計画を立てるかが成功の鍵となります。本セミナーでは、臨床研究を計画する上で最も深い洞察を要するプロトコル開発、データ収集、信頼性確保のあり方等に焦点を当て、研究を立ち上げる際の留意点について概説します。

ご案内はこちら
受講方法 神戸大学の教職員:受講登録は不要です。会場に直接お越し下さい。
神戸大学以外の方:セミナー申込みフォームからお申し込みください。

2020年1月31日(金) 17:10~18:10
『人を対象とする医学系研究に関する倫理指針と本院の標準業務手順書』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 大森 崇
場所 神戸大学医学部 外来診療棟6階 大講義室
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 研究というと観察や実験を通して真理を追究することを思い浮かべます。しかし、人を対象とした研究を行うにあたり、研究者は真理の追究のために何を行ってもよいのでしょうか。臨床研究を行う者が、どのようなことを考えるべきなのかを示してくれるのが「人を対象とした医学系研究に関する倫理指針」です。今回はこの倫理指針を紹介し、その内容をいっしょに考えていきましょう。また、このセミナーでは、この倫理指針に関連し作成されている、本学の標準業務手順書を紹介します。

ご案内はこちら
受講方法 神戸大学の教職員:受講登録は不要です。会場に直接お越し下さい。
神戸大学以外の方:セミナー申込みフォームからお申し込みください。

2020年2月17日(月) 18:00~19:00
『橋渡し研究から臨床試験へ-疾病征圧のパラダイム-』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 永井 洋士
場所 神戸大学医学部 神緑会館 多目的ホール
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 様々な形で行われるライフサイエンス研究の成果を国民に還元するのは大学の責務であり、大学は自らイニシャチブを取って橋渡し研究(TR)と臨床試験を推進し、新たな医療技術の開発と既存技術の最適化を行うことが国民から付託されています。本セミナーでは、新規医療技術の開発に焦点を当て、トランスレーショナルサイエンスの概念とそれを具現化するTRと臨床試験のプロセスについて概説します。

ご案内はこちら
受講方法 神戸大学の教職員:受講登録は不要です。会場に直接お越し下さい。
神戸大学以外の方:セミナー申込みフォームからお申し込みください。

2020年3月13日(金) 18:00~19:00
『研究計画書の作成入門』

講師 臨床研究推進センター 特命教授 大森 崇
場所 神戸大学医学部 神緑会館 多目的ホール
(会場案内はこちらをご覧ください)
内容 「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」や「臨床研究法」では、研究の実施に先立ち、適切な研究計画書を作成するよう明記されています。臨床研究推進センターでは、研究者が研究計画書を作成しやすいように研究計画書のテンプレートを提供していますが、実際に作成するとなると、何を書いていいのだろう、と迷うことも多いようです。この回は、研究計画書のテンプレートをもとに、研究計画に記載すべき項目を確認するとともに、研究計画書の役割は何か、どのように記載するかを考えていきましょう。

ご案内はこちら
受講方法 神戸大学の教職員:受講登録は不要です。会場に直接お越し下さい。
神戸大学以外の方:セミナー申込みフォームからお申し込みください。

セミナー会場のご案内

臨床研究推進セミナー等の会場までのアクセスです。

会場周辺地図(神戸大学医学部附属病院)

会場周辺地図(神戸大学医学部附属病院)

神緑会館 多目的ホール/外来診療棟 各講義室/研究棟B 第一講堂/医学部会館 シスメックスホール

神緑会館 多目的ホール/臨床研究棟 大講義室