学内保育施設 はとぽっぽ保育所 ・病後児保育室
 神戸大学には、学内保育施設として神戸大学医学部附属病院敷地内に「はとぽっぽ保育所」があります。
 はとぽっぽ保育所は、神戸大学に在籍する職員又は学生のための学内保育施設です。
 入所申し込み方法等、詳細については、はとぽっぽ保育所ホームページをご確認ください。
 
 また、はとぽっぽ保育所では病後児保育も行っています。
※「病後児保育」とは、病気は治っているものの、まだ本来の状態に戻っておらず、普通の保育メニューを受けるのが厳しい回復期の子どもを親に変わって世話をするという意味で使われています。
 
■はとぽっぽ保育所 病後児保育室■
 登録料 無料
 事前登録が必要です。(登録には1週間程度かかります。)
※利用予定の方は、早めのご登録をお勧めします。※
 
□利用までの流れ
 1.事前に、病後児保育室の利用登録を行ってください。
   (登録には1週間程度かかります。)
 2.利用希望日の前日(土日祝日を除く)17時までに電話で
   予約をしてください。
 3.利用当日、キャンセルをする場合は、予約の時間までに
   必ず電話連絡をしてください。
 
※登録時、利用申込時、いずれの場合も必ず電話連絡をお願いします。メールやFAXによる必要書類の送付のみの申し込みは受け付けていません。
 
 詳細については、はとぽっぽ保育所、または当センターにお問い合わせください。
 当センターでは、通常保育、病後児保育室のしおりを準備しています。ご希望の方はお気軽にご連絡ください。
 
【はとぽっぽ保育所】
 ホームページ:http://www.kobe-u.ac.jp/hoiku/
 TEL:078-382-6984 FAX:078-371-4770
 e-mail:hatopoppo-room@nifty. com
  ( com の前の空白を削除してください。)
 ※ご利用申込は電話にてお願いします。
  e-mailでの利用申込はお受けできません。

このページのトップへ戻る