先進的医療について

当センターは、近隣医療機関と連携し、
高度な集学的治療を提供しています。
がんの先進的外科的治療を行うことが可能です。

進的医療について About advanced medical care

当センターは開院から、先進医療の開発と推進を基本理念の一つとして掲げており、これまで以下の先進的医療を行っております。

・前立腺がんに対する狙い撃ち生検による診断、金マーカー、スペーサー留置による低侵襲、高精密放射線治療
・膀胱がんに対する光診断による経尿道的治療
・がん腹水患者に対する腹水濾過濃縮再静注法(KM-CART)システム
・内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を代表とする内視鏡治療
・内視鏡腹腔鏡合同手術 (D-LECS)

今後は、乳がんに対するマイクロ波マンモグラフィーによる乳癌の早期診断、膵がん・胆道がんに対する光診断による転移検出、リキッドバイオプシーを応用した新たな胸水・腹水細胞診診断、さらに、国産手術支援ロボットの導入に向けて、準備を進めているところです。

センターで実施している先進医療 Advanced medical treatment implemented

膀胱(ぼうこう)がんに対する光力学による経尿道的治療

膀胱がんに関して、高い感度で腫瘍病変を特定する蛍光診断薬を用いたナビゲーションによる経尿道的手術を、これまで100例ほど行っています。光力学による治療は、肉眼では認識困難な腫瘍の診断率を向上させ、残存腫瘍の減少をもたらします。これにより、再発率の低下につとめています。今後、浸潤がんや上部尿路がんに関しても適応を広げるべく、臨床試験を検討中です。

低侵襲内視鏡手術(胸部・腹部)(単孔(たんこう)式手術)

膀胱がんに関して、高い感度で腫瘍病変を特定する蛍光診断薬を用いたナビゲーションによる経尿道的手術を、これまで100例ほど行っています。光力学による治療は、肉眼では認識困難な腫瘍の診断率を向上させ、残存腫瘍の減少をもたらします。これにより、再発率の低下につとめています。今後、浸潤がんや上部尿路がんに関しても適応を広げるべく、臨床試験を検討中です。

前立腺がん放射線治療の副作用軽減のためのスペーサー、金マーカー留置

膀胱がんに関して、高い感度で腫瘍病変を特定する蛍光診断薬を用いたナビゲーションによる経尿道的手術を、これまで100例ほど行っています。光力学による治療は、肉眼では認識困難な腫瘍の診断率を向上させ、残存腫瘍の減少をもたらします。これにより、再発率の低下につとめています。今後、浸潤がんや上部尿路がんに関しても適応を広げるべく、臨床試験を検討中です。