神戸大学医学部附属病院 看護部

先輩メッセージ

Message

先輩メッセージについて

新人看護師の皆さんにとって1年目は大切な時期。一人ひとりが基礎的な看護技術・知識をしっかり身につけられるよう、年間を通じて技術研修や勉強会を行っています。また同期の仲間たちと互いの奮闘をたたえあい、それぞれの課題を見つけていく場を設けるなど、メンタル面でもフォロー。1年後にはきっと自分の成長を実感できるはずです。現在、神戸大学附属病院で働く先輩ナースが、就職先としてこの病院を選んだ理由、新人時代の葛藤、現在の仕事のやりがいや魅力、これからチャレンジしたい目標を語ります。

  • 先輩看護師の声

    2017年入職

    山下 穂乃香

    出身校:高知県立大学

    山下 穂乃香

    患者さんと丁寧に向き合う看護師の姿勢が就職の決め手に

    山下 穂乃香

    私は、学生の時のインターンシップの経験が強く印象に残り、当院に就職を決めました。看護師が廊下ですれ違う患者さんにも、「前よりずいぶんよくなりましたね」、「○○ができるようになったのですね」と声をかけたり、病室から出ることができない患者さんに対して、「今日は天気がいいけれどまだ外の風は冷たいですよ」といった季節が感じられる会話をしたりしていました。また、患者さん自ら笑顔で看護師に話しかけている姿を何度も見て、このような関わりの積み重ねが、看護師と患者さんの信頼関係の構築につながっているのではないかと感じました。どの看護師もカルテと向き合うのではなく、患者さんと丁寧に向き合っている姿勢が印象的で、目標となる先輩がたくさんいる当院で看護を学びたいと思いました。

    先輩の支援を得ながら日々学べる環境が魅力

    山下 穂乃香

    入職直後は目の前のことだけに手いっぱいになっていましたが、その都度先輩が一緒に相談にのってくれました。疾患や治療など勉強したことに対してもアドバイスがもらえるので、実践に繋げられるようになってきました。また、経験を積み重ねた先輩と一緒にケアを行うなど患者さんとの関わりを直接見ることにより、自分の課題も明確になり次の目標へとつながります。さらに、毎日開催されるカンファレンスでは、活発な意見が飛び交います。患者さんについて気になっていることや関わり方で悩んでいることについて、様々な視点から意見をもらえるため新たな気づきがあり、その患者さんだけではなく、今後の看護に活かすことができます。このように、当院には親身になって支援してくれる先輩がいる穏やかな雰囲気の中、日々学べる環境が整っていてとても働きやすい病院です。部署には6名の同期がいます。先輩に教えてもらったことを共有したり、日々の悩みを話したり励ましあったりしながら、心強い仲間と一緒に頑張っています。

    私が所属している部署は循環器内科です。患者さんの生活習慣が大きく影響している疾患も多いため、入院中だけでなく退院後の療養生活が重要となってきます。今後の私の目標は、患者さんが入退院を繰り返さないよう退院後の生活を見据えた看護や指導を行っていくことです。患者さんの望ましい姿はどのようなものか、退院後の環境やキーパーソンなど様々な視点で情報取集を行い、また、患者さんの年齢や理解度などを考慮し、患者さん自身が継続して生活改善できるように、一緒に目標設定を行うことも大切だと感じています。そのためには、疾患に対する知識や看護技術、アセスメント能力、指導能力、さらには信頼関係を築くためのコミュニケーション能力が必要です。これからも知識と経験を重ね、先輩看護師の様々な看護観にも触れながら、さらに成長していきたいと思います。

    1年目の教育スケジュール

    4月 新規採用職員研修
    新規採用者オリエンテーション
    危険予知トレーニング(KYT)
    感染防止技術
    技術研修:採血
    5月 リフレクション(1)(2)
    看護過程(1)
    技術研修:フィジカルアセスメント
    技術研修:輸液ポンプ
    糖尿病の薬物治療
    6月 看護過程(2)
    技術研修:コミュニケーション技術
    7月 薬剤の基礎知識
    スキンケア(基礎)
    10月 卒後臨床研修中央部門研修開始(ICU、手術室、放射線部)
    看護倫理
    看護専門職として日々の看護実践における倫理的問題について考えます。
    11月 マネジメント
    多重課題事例をもとに、臨床におけるマネジメントについて学びます
    2月 看護とは(1)(2)
    看護実践を振り返り、自分の看護観やめざす看護を明確にする
    • 先輩看護師の声

      2014年入職

      中島 沙優里

      出身校:兵庫医療大学

      2014年入職 中島 沙優里

      先輩の支援を受けながら自立できる楽しさを感じて

      2014年入職 中島 沙優里

      私は神戸で育ち、この慣れ親しんだ街で働きたいと決めていました。その中でも、新人の教育に力を入れている当院のカリキュラムを知り、当院で働くことに決めました。  就職した当初は、学生の時とは違う臨床の現場に戸惑いや不安を感じることもありました。しかし、年間を通じて適宜研修が組み込まれていることや、所属部署においても常に先輩の支援があることによって、最初は出来なかったことも徐々に出来ることが増え、自立して実践できることの楽しさを感じていきました。また、日々の看護場面をリフレクションする機会もあり、看護の視野が広がるなど成長を自覚できたことも頑張れる力となりました。

      退院後も安心して過ごせる退院支援をめざして

      中島 沙優里

      現在、私は消化器内科で働いています。当院は急性期病院であるため、癌患者さんをはじめ様々な消化器疾患の患者さんが積極的な治療を行う目的で入院されます。そして治療を終えた患者さんは退院した後それぞれの生活が続きます。入院日数が短縮化する中、退院後どのように過ごすことを望んでいるか、生活環境やサポート状況などを早くから把握し、他職者とも協力しながら患者さんの「退院支援」に力を注いでいます。病院から地域に繋ぐという役割は難しいと感じることもありますが、患者さんやご家族が安心して生活できる環境を整えることに、今やりがいを感じています。 私の今後の目標も、さらに退院支援を充実させることです。患者さんが病院だけでなく地域で安心して過ごせるよう、地域の他職種の協力も得ながら、主体的に実践していきたいと思います。そして、自分が学んだことを後輩にも伝えていきたいです。

      今の部署には同期も多く、分からないことは勉強し互いに情報共有するなど、切磋琢磨しながら良い関係を築いています。また、尊敬する先輩も多く、日々学びを得ながらとても良い環境の中で働くことができています。福利厚生面では、一年目から平等に長期休暇の取得が可能なため海外旅行にも行きやすいことも魅力です。休みが充実していることにより、仕事とプライベートとメリハリをつけることができるため、充実した生活を送ることができています。

    • 先輩看護師の声

      2014年入職

      湖内 瑛子

      出身校:兵庫県立大学

      2014年入職 湖内 瑛子

      他職種と協力し多方面から患者さんをサポートできる体制が魅力

      2014年入職 湖内 瑛子

      当院は、私が幼い頃に手術をして通院していた慣れ親しんだ病院でした。また、教育体制が充実しており、初めての看護技術などは集合研修や病棟研修等で一度学んでから実践できること、さらに、新人一人一人の進捗状況に合わせて丁寧に指導してもらえる支援体制に惹かれ当院を選びました。

      当院の魅力は、他職種と協力しながら多方面から患者さんをサポートすることが出来る体制だと思います。看護師だけでなく様々な職種の職員が在籍しており、緩和ケアチーム、NESTチーム等多数の医療チームが活躍しています。看護をする上で困った時は、これらの医療チームも含め、専門の医師・看護師等にすぐに相談でき、よりよいケアに繋げることが出来る点が良いと感じています。

      後輩指導を通して自身のさらなる成長をめざして

      2014年入職 湖内 瑛子

      私の所属している病棟は、肝胆膵外科、歯科口腔外科、放射線腫瘍科の混合病棟です。肝胆膵外科では肝移植・膵移植も実施しており、移植後の患者さんやご家族には感染予防行動や生活習慣の改善など多くの指導が必要となるため、看護師の関わりが重要となってきます。移植以外にも、当院を治療の最後の砦として来られる患者さんも多く、精神面でのサポートも重要です。患者さん一人一人に合わせて関わることは大変で難しくもあり、悩むことも多いですが、先輩看護師に相談するとどの先輩も親身になってケアについて一緒に考えてくれます。そして、担当した患者さんが退院した後、元気な顔を見せに来てくれることがとても嬉しく、やりがいに繋がっています。

      今では後輩の教育指導に携わるようになりました。後輩看護師への指導を通して、自分自身の未熟さを感じることも多々あります。今後も日々学習を継続し、積極的に色々な経験を積みながら、看護師としてさらに成長していきたいと考えています。

      当院は福利厚生も充実しています。夏季休暇やバースデー休暇もあり、さらに自分の希望の休みも取得しやすい環境です。休みの日は部署の仲間と出かけたり、スポーツをしたりするなどリフレッシュすることができ、ワークライフバランスも充実しています。

    • 先輩看護師の声

      2016年入職

      大原 葉子

      出身校:新見公立大学

      2016年入職 大原 葉子

      毎月指導者と一緒に評価を行い自己の成長と課題を明確に

      2016年入職 大原 葉子

      私の実家は島根県ですが、祖母が住んでいて慣れ親しんだ神戸周辺で就職活動を始めました。助産学専攻科で学ぶ中、正常・異常が的確に判断できるようになるために『ハイリスク症例が多い大学病院で学びたい』と思ったのが当院を選んだ一番の理由です。看護学生時代共に過ごした友人が働いていたことも心強かったです。

      総合周産期母子医療センターのGCU (Growing Care Unit)病棟で働き始めて1年が経ちました。部署では毎月目標を立て、月末には指導者と一緒にできたことや今後の課題を評価し、次月の目標に繋げています。目標はすべての先輩と共有されているので、どの先輩も目標に沿った関わりをしてくれます。どこまで勉強したかを確認しながらアドバイスをもらえますし、何より常に先輩が気にかけてくれるので、人間関係を重視していた私は優しい先輩たちに支えられ頑張れています。

      退院後も継続したケアが受けられる体制をめざして

      2016年入職 大原 葉子

      助産師として働きたいと思う反面、分娩に携わるのは少し怖いなという気持ちもあったため、GCU配属となり今は赤ちゃんや家族との関わりを勉強していこうと思っています。最初は複数の赤ちゃんが同時に泣き出してパニックになることもありましたが、今では優先順位を考え、自分で対応が難しい時には先輩に依頼ができるようになりました。当院はハイリスク症例が多いため、産科病棟やNICUとの連携がとても大切になります。助産師として学んできたことを活かし、産後のお母さんの体や心の変化を考慮しながら乳房ケアや育児指導などを行っています。

      赤ちゃんは本当にかわいくて、退院する際のご家族の笑顔を見るとこの仕事のやりがいを感じます。昨年度から退院支援の強化をめざした取り組みを行っています。保健所との連携をさらに深め、退院後も継続してケアが受けられる体制の整備が私の今年度の目標です。

      当院は神戸の中心地にありリフレッシュするには最適の立地です。一年目から長期休暇が公平に取得できるなど休みが取りやすい点も魅力の一つです。病棟のスタッフとビアガーデンに参加するなど楽しいイベントもあり、公私共に充実した生活を送っています。

    • 先輩看護師の声

      2015年入職

      八城 衣里佳

      出身校:愛媛大学

      2015年入職 八城 衣里佳

      一人ひとりの成長に合わせた教育支援が魅力

      2015年入職 八城 衣里佳

      当院に魅力を感じたのは教育体制が充実している点です。大学の先輩から、「集合研修や部署研修も整っていてしっかり学べるよ」と聞き、 1・2年目の大切な時期に学習できる環境があるのは安心だと思いました。当院では最先端の治療が行われており、その治療に必要な看護を学ぶことができます。 最初は何から勉強したらよいか迷いますが、部署にいる教育指導者が一人ひとりの成長にあわせて一緒に目標設定や学習計画を考えてくれます。 不安や悩みがないかも含めて定期的にフォローしてくれるので、本当に教育は充実していると思います。 また、一番身近で教えてくれる先輩がプライベートでも仲良くしてくれ、さらに、同期が6名いて支えあえる仲間がいたことも、頑張ろうと思える活力となりました。

      神戸は実家の愛媛よりも、カフェなどが多くおしゃれな街です。交通も便利なので京都や大阪にもすぐに出かけることができます。 休日にリフレッシュできる環境も大切だと感じています。

      患者の持つ力を最大限に支援できる看護師をめざして

      2014年入職 八城 衣里佳

      今は、消化器内科・腎臓内科の病棟で働いています。最近、腎疾患のため教育入院をした患者さんを担当しました。 生活習慣の改善は難しいですが、患者さんから「あなたのお陰で禁煙ができた」と言われた時は、患者さんの力になれた!と自分の成長を実感できました。 これからも、患者さんの変わりたいという気持ちを支えたいと思います。

      同じ部署には2年目でありながら患者さんとの関わり方がとても上手な先輩がいます。 末期がんの患者さんのあらゆる情報を把握し、退院支援部門や緩和ケアチームとも積極的に連携をとっていました。 私も自分から患者さんの情報を発信し他職種の協力を得て、よりよいケアを実践できる看護師になりたいと思っています。

    • 先輩看護師の声

      2014年入職

      井手 幸太

      出身校:関西福祉大学

      2014年入職 井手 幸太

      退院後も安心して生活していただける看護を目指して

      2014年入職 井手 幸太

      私が所属している病棟は、運動機能に関わる疾患を対象とする整形外科、あらゆる体表面の変形や皮膚疾患を対象とする形成外科、 外傷や意識障害などを対象とする救命救急科の混合病棟です。手術を受けられる患者さんも多く、 入院中は不便なく過ごせても、自宅でも同じように過ごせるとは限りません。 そのため、早い時期から退院後の生活を視野に入れ、関節の動く範囲や痛み、 体力などの影響を考えながら、退院後も安全に生活できることをめざして看護を行っています。 患者さんと関わる中で、治療を受けた後、自宅での生活が自立して初めて患者さんは社会復帰ができたと思えるのだと気付きました。

      新人研修では、採血やフィジカルアセスメントなどの基本的な研修が年間を通じて計画されています。 教育担当者や各専門分野の認定看護師から教育を受けることができ、日々の看護につながっています。 まだ、わからないことや戸惑うことも多いですが、患者さんから「ありがとう」と感謝の言葉や、 「あなたがきてくれてうれしい」と言って頂けた時は、この仕事を頑張ってきてよかったとやり甲斐を感じ、成長を実感することができています。

      早く頼りになれる先輩になれるよう日々成長したい

      2014年入職 井手 幸太

      当院には男性看護師が多く、私の病棟では計6名います。移乗や体位交換などのケアも多いため、 患者さんからも同僚からも重宝されています。また、男性仲間で食事に行ったり相談したりすることもでき、とても働きやすい環境です。

      2年目になり、より重症な患者さんを受けもつことが増えてきました。勉強する時間だけでなく、 旅行に行ったり、野球をしたり、大学時代の友人と過ごすなど、リフレッシュする時間も大切にし、 メリハリのある生活を心がけています。まだ経験も浅いため、先輩のサポートが欠かせませんが、 早く後輩に指導ができるようになりたいと思い毎日頑張っています。