神戸大学医学部附属病院 看護部

南病棟 (4F~11F)

Departments and ward introduction

南病棟(4F~11F)※クリックすると紹介が開きます

  • 4南病棟 4南A病棟 小児科、小児外科、腫瘍血液内科等

    南病棟 4南A病棟 小児科、小児外科、腫瘍血液内科等
    南病棟 4南A病棟 小児科、小児外科、腫瘍血液内科等

    4階南病棟は、全診療科のこどもたちが入院の対象となっています。入院中のこどもたちが、治療を行いながらも、 こどもらしく遊びや学習を続けることが出来るように院内学級やプレイルームを併設し、 季節の行事などレクリエーションも取り入れ、スタッフ一同、明るく元気に頑張っています。 また、今年度より病棟と外来が統合しました。 入院前から退院後まで継続して、ご家族と共にお子さんの成長を見守っていきたいと考えています。

    看護師長 大江裕子

    4南病棟 小児科、小児外科
  • 5南病棟 整形外科、形成外科、救命救急科、RI

    5南病棟 整形外科、形成外科、救命救急科、RI
    5南病棟 整形外科、形成外科、救命救急科、RI

    5階南病棟は、整形外科、形成外科、美容外科、救命救急科、RI治療の患者さんを担当しています。 周術期からリハビリ期と幅広い看護が要求されますが、患者さんとの関わりを大切にし、 仕事に生きがいや喜びを感じているスタッフの表情がステキな病棟です。

    看護師長 浮田もりよ

    5南病棟 整形外科、形成外科、救命救急科、RI
  • 6南病棟 耳鼻咽喉・頭頸部外科、感染症内科、呼吸器外科

    6南病棟 耳鼻咽喉・頭頸部外科、感染症内科、呼吸器外科
    6南病棟 耳鼻咽喉・頭頸部外科、感染症内科、呼吸器外科

    耳鼻咽喉・頭頸部外科、呼吸器外科、感染症内科の混合病棟です。主に手術療法、化学療法、放射線療法などが行われており、 看護にも多種多様な技術や知識が要求されます。当病棟では、患者中心の看護の提供と働きやすい職場環境の整備を目指しています。 そして多職種とのチームワークの良さが自慢の病棟です。

    看護師長 廣幸英子

    6南病棟 耳鼻咽喉・頭頸部外科、感染症内科、呼吸器外科
  • 7南病棟 心臓血管外科、循環器内科

    7南病棟 心臓血管外科、循環器内科
    7南病棟 心臓血管外科、循環器内科

    7階南病棟は、心臓血管外科45床、循環器内科4床の病棟です。主に心臓・大血管の手術前、 手術後と心臓カテーテル治療を行う患者さんが入院されます。 循環器系の疾患をもち、 生命の危機と隣り合わせで不安を抱える患者さんに寄り添い、 周術期の重症患者さんから心臓リハビリテーション中の患者さんまで幅広いケアを行っています。 常にチームワークを大切にしています。

    看護師長 髙谷直美

    7南病棟 心臓血管外科、循環器内科
  • 8南病棟 食道胃腸外科、肝胆膵外科、放射線腫瘍科

    8南病棟 食道胃腸外科、肝胆膵外科、放射線腫瘍科
    8南病棟 食道胃腸外科、肝胆膵外科、放射線腫瘍科

    食道胃腸外科、肝胆膵外科、放射線腫瘍科の病棟です。周術期看護だけでなく、化学療法、放射線療法、 疼痛緩和ケア、ターミナルケア等のがん看護を展開しています。人間の3大欲求の1つ「食」と密接に関係している病棟であるため、 栄養士と協働し、術後の状態に合った食事指導を行い、「食」のニーズを満たせるような関わりを目指しています。 患者さん・ご家族の気持ちに寄り添った看護が提供できるよう日々研鑽し、スタッフ一丸となって頑張っています。

    看護師長 小田千鶴子

    8南病棟 食道胃腸外科、肝胆膵外科、放射線腫瘍科
  • 9南病棟 総合内科、神経内科、放射線科、膠原病リウマチ内科

    9南病棟 総合内科、神経内科、放射線科、膠原病リウマチ内科
    9南病棟 総合内科、神経内科、放射線科、膠原病リウマチ内科

    9階南病棟は、神経内科、膠原病リウマチ内科、総合内科と放射線科と、急性期から慢性期までの幅広い対応とQOLを意識して患者に寄り添う看護が必要で、 多様な疾患に対応するジェネラリスト看護師の育成に最適の病棟です。「視線はいつも患者さん」を忘れず患者さんやご家族が治療に向き合い笑顔になれるようスタッフ一同心がけています。

    看護師長 西田郁子

    9南病棟 総合内科、神経内科、放射線科、膠原病リウマチ内科
  • 10南病棟 肝胆膵外科、歯科口腔外科

    10南病棟 肝胆膵外科、歯科口腔外科
    10南病棟 肝胆膵外科、歯科口腔外科

    10南病棟は、肝胆膵外科、歯科口腔外科の病棟です。主に周手術期の患者さんの看護を実践しています。また、膵臓、肝臓移植やPIHPといった先端医療などの治療を受ける患者さんも対象としています。私たちは、安心で安全な医療を提供していくために多職種と連携し、幅広い知識と技術を活かしながら看護を展開してます。常にチームワークを大切にみんなが笑顔で働ける職場環境です。

    看護師長 山口 真依

    10南病棟 肝胆膵外科、歯科口腔外科
  • 11南病棟 産科婦人科、腎臓内科、乳腺内分泌外科

    11南病棟 産科婦人科、腎臓内科、乳腺内分泌外科
    11南病棟 産科婦人科、腎臓内科、乳腺内分泌外科

    11階南病棟は産科婦人科・腎臓内科・乳腺内分泌外科・消化器内科で構成される51床の病棟で、外科的治療・化学療法や放射線治療・内視鏡診断など、さまざまな治療目的の患者さんが入院されています。私達は、多職種との連携を強化しながら、質の高い看護の実践に努め、身体面だけでなく患者・家族の気持ちに寄り添い、思いやりのある優しい看護を目指しています。

    看護師長 清水由欣子

    11南病棟 産科婦人科、腎臓内科、乳腺内分泌外科