第8回 神戸大学超音波検査技術セミナーのお知らせ

これからエコー検査を始める方や、エコー検査を始めたばかりの方を対象としたセミナーです。1グループ4名の少人数制で、できるだけ長い時間プローブを握り、技術を習得して頂こうと思います。

日 時:2017年 10月 21日(土)
    午前の部: 9:30〜12:30
    午後の部:14:00〜17:00
会 場:神戸大学医学部附属病院神緑会館ホール
員:午前・午後あわせて52名(予定数・先着順・事前登録)
    受講可否は後日メールいたします

申込開始:2017年 9月 13日(水)午後5時30分〜
     ※電話、メールでの申込は承りません。
     ※申込フォームが表示されない場合は、ブラウザをリロードして下さい。  

午前・午後の設定コース

全てのコースで定員に達しました

  心臓初級 心臓中級 腹部初級 腹部中級 頚動脈 下肢動脈 下肢静脈 関節
午前 ×
× × ×
午後 × × ×

○:余裕があります ▲:残りわずか ▼:キャンセル待ちのみ ×:定員に達しました

※更新は自動処理ではありませんので、○や▲, ▼の表示でもすでに定員に達している場合があります。

会 費:4,000円/半日
講 師:当院検査部臨床検査技師
    (研究会等のハンズオンセミナー講師経験者で、RMSCVT取得者、AOIトレーナー)
主 催:神戸大学超音波検査技術研究会
力:宮野医療器株式会社

    

申し込みのご案内

申し込み後の流れ

1.申込みフォーム送信後、返信用メールアドレスに「自動返信メール」が届きます

自動返信メールが届かない場合、申し込みは完了していません。
ただし、フリーのメールアドレス(YahooやGmail、Hotmail等)をご利用の場合やウィルスソフトをご利用の方は、フィルタリング機能により迷惑メールとして処理されている事があります。「迷惑メール」フォルダ等もご確認ください。それでも自動返信メールが無い場合は、申し込みは完了していませんので、再度お申し込み下さい。

自動返信メールが届きましたら、受付を承っております。同じコースでの重複しての申込はご遠慮ください。

【携帯メールでお申込の方へ】
携帯電話のメールアドレスを登録された方は、キャリアで初期設定が「パソコンからのメールを拒否する」設定になっている場合があります。
その際は、「kensaphy@med.kobe-u.ac.jp」からの受信許可の設定を行なってください。
なお「ドメイン指定受信」など、一部のアドレスからのメールを許可、あるいは拒否する際の設定手順は、各携帯電話会社よって異なりますので、各携帯会社のホームページをご覧下さい。

特にauの、ezweb.ne.jpで申し込みされた方は、auの迷惑メールフィルタ機能が自動設定されていますので、下記を参考に「kensaphy@med.kobe-u.ac.jp」からの受信許可の設定を行なってください。
http://www.au.kddi.com/support/mobile/trouble/forestalling/mail/anti-spam/fillter/auto/

2.自動返信メールとは別に、受講の可否を記載した返信メールを10日以内にお送りします

10日以内に連絡の無い場合にはお手数ですが、お問い合わせください。

受講確定の方:支払い方法を記載したメールをお送りします。受講料を期日内にお振り込みください。受講料のお支払いが期日内に無い場合は、自動的にキャンセルとさせていただきます。

キャンセル待ちの方:申し込み後2週間後に、受講の可否を記載したメールをお送りします。

各ハンズオンの特徴

第5回セミナーの様子はこちら
第4回セミナーの様子はこちら
第3回セミナーの様子はこちら
第2回セミナーの様子はこちら
第1回セミナーの様子はこちら

心エコーハンズオン

初級コース:日常検査で用いられる傍胸骨アプローチの長軸、短軸画像、心尖部アプローチの長軸・四腔・二腔像が描出できる
      ようにしたいと思います。またあまり教科書に記載のない心窩部アプローチの四腔と短軸画像の描出方法のコツや
      注意点についても解説します。
中級コース:右室と左室の心拍出量計測、肺静脈速度波形、僧帽弁輪部速度波形の記録を行います。またその考え方などについて
      解説します。


腹部エコーハンズオン

初級コース:腹部エコーの初心者を対象として、肝臓、胆嚢、胆道、膵臓、脾臓、腎臓の解剖と描出のコツを説明します。
      さらにスクリーニングの際チェックする所見や、異常所見を発見した際に注目するポイントについても解説します。
中級コース:腹部スクリーニングを一通りとれる方が対象です。スクリーニング手技を一通り確認した後、比較的依頼の多い、
      腎臓の描出と腎内血流評価、腎動脈起始部と評価、ナッツクラッカー現象の検査、虫垂と盲腸周囲の描出と評価を
      行います。


頸動脈エコーハンズオン

Bモードで総頚動脈から内頚動脈、外頚動脈、椎骨動脈の走査方法やパルスドプラでの血流速度波形の測定方法をお伝えします。
プローブを使い分けて、内頸動脈遠位や椎骨動脈の起始部、鎖骨下動脈などの観察も行います。


下肢静脈エコーハンズオン

下肢静脈だけでなく、腸骨静脈や下大静脈までも含めて、解剖や走査方法のポイント、血栓の見つけ方などをお伝えします。
特に初心者に難しい下腿静脈のスキャンのコツについて詳しくお伝えします。


下肢動脈エコーハンズオン

PAD評価のための下肢動脈エコーの検査方法や考え方をお伝えします。
また、理学的所見やABI検査などから下肢動脈エコー検査時に役立つ情報のポイントについても解説します。