神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

皮膚科

選択科目

http://www.med.kobe-u.ac.jp/dermat/

診療科の紹介(特徴や特色など)

医師なら誰でも目にすることがある皮膚疾患ですが、毛、汗腺、脂腺、爪も取り扱う部位に含まれ非常に幅広い疾患が含まれます。対象とする疾患には、皮膚感染症、アレルギー、膠原病、薬疹から皮膚がんまでバラエティに富んだ疾患が含まれ、皮膚を通じて皮膚の影にかくれた全身の内臓病変も診る診療科です。
比較的稀な疾患を取り扱うことが多い大学病院にあっても、外来では一般病院や診療所でも目にするcommonな疾患の診察も行います。外来診察患者数が多く午前中は外来診察業務の補助を行うことも特色の一つです。
また、選択科目の診療科の中でも内科的疾患と外科的疾患の両者を取り扱う数少ない診療科で、多数の診療科と連携をとり診察を行うのも特徴です。

 

研修目標

皮膚科は目で見えるところにできた全ての疾患を治療・予防する診療科です。必修科目ではありませんが、どの診療科でも皮膚症状を目にする機会はあるため、皮疹の見方を中心に皮膚科発疹学、皮膚病理学を含めた診断学、治療学についての修得を目指します。

 

研修内容、経験できる症例や手技

午前中は外来診察、検査補助を中心とした業務となります。他の診療科と比較して皮膚科の特性として外来患者が多いこともあり、外来の現場を直に目にすることもよい経験となると思います。外来での検査補助として、皮膚生検、プリックテストやパッチテストなどの皮膚テスト、創傷処置を経験することができます。専門外来としてのアレルギー外来、皮膚外科外来の補助を行うことで皮膚エコーやアレルギー誘発試験の手技の修得も可能です。
病棟業務においては、皮膚悪性腫瘍、重症薬疹、皮膚感染症、膠原病、水疱症、下腿潰瘍などの入院加療の必要な多彩な皮膚疾患症例を目にすることができます。手術においては遊離植皮術、皮弁形成術、リンパ節生検術などの手技を経験できます。診断学としての皮膚病理学に関する経験も可能です。

■研修時の週間スケジュール

毎日午前
・外来診察、検査補助
毎日午後
・病棟業務
毎火曜日
・カンファレンス
・病棟業務
毎水曜日
・手術
毎月曜日
・アレルギー外来
・検査補助
毎金曜日
・皮膚外科外来(任意)
その他
・研修医ミーティング
・その他セミナー(随時)

■診療科長または指導医からのメッセージ

初期研修の2年間は医師として非常に大切な期間です。その後、後期研修で専門領域を選択し、医師としての人生プランを立てて行くための土台となる期間だと思います。
皮膚科では外来診療での診断から入院後の治療までを一貫して科内で行うことが多く、診断から治療までのプロセスを感じ取ることができます。初期研修時に皮膚科を選択して学んでおくことは、その後の医師人生において必ず役立つと確信しています
神戸大学病院皮膚科には、県内のどの皮膚科関連施設よりもたくさんの仲間と先輩・後輩、スタッフが働いています。そして皆さんをサポートしてくれます。一緒に働けることを楽しみにお待ちしています。
内科的な疾患に興味のある方、外科的手技に興味のある方、研究に興味のある方、病理に興味のある方、研修先を迷っている方、どなたでも皮膚に少しでも興味のある方は一緒に研修してみませんか。