神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

放射線科

選択科目

http://www.med.kobe-u.ac.jp/rad/

診療科の紹介(特徴や特色など)

放射線診療に関する基礎知識や手技を習得することを目的とした研修を行います。
放射線科業務は多岐にわたりますが、まず単純撮影やCT、MRIなど主な画像検査の原理と読影の基礎を学ぶとともに、病棟管理について研修します。
これら基本的な研修に加え、IVRや核医学検査などについて、実際に携わりながら指導を受ける事が出来ます。
さらに、各診療科と行っている治療前、並びに病理を交えた治療後のカンファレンスに出席し、診断から治療まで広範な知識の習得を目標としています。

 

その他

カンファレンス
 月曜朝 モーニングカンファレンス
 火曜朝 放射線科合同カンファレンス
 診断、IVR/病棟、治療カンファや他科とのカンファなど多数あります!

 

■研修時の週間スケジュール

月曜日午前
・CT
月曜日午後
・MRI
火曜日午前
・読影
火曜日午後
・IVR
水曜日午前
・PET
水曜日午後
・CT
木曜日午前
・IVR
木曜日午後
・読影
金曜日午前
・透視
金曜日午後
・MRI

 

(1例)

■診療科長または指導医からのメッセージ

診療科長杉本 幸司 先生

放射線科は近年非常に進歩し、診断においても、治療においても臨床医学の中核を占めるようになっています。このように新しい領域であるため、従来の伝統にとらわれない開かれた診療科であることが特徴です。また、全身のあらゆる臓器を対象に、内科的なところから外科的なところまで、様々な経験を積める診療科です。