神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

腎臓内科

必修科目(内科選択)・選択科目

http://www.med.kobe-u.ac.jp/kidney/

診療科の紹介(特徴や特色など)

腎臓病患者は1000万人以上いると言われており、腎臓病はどの診療科でも担当する機会の多い疾患です。当科はそのような腎臓病を専門とする診療科であり、また拠点病院として、一般的な腎臓病から希少疾患まで様々な腎疾患がやってきます。特に数少ない腎移植を経験できる施設となっています。また当院では腎病理を専門とする病理医が常勤しており、緊密な連携をとることでより詳細な検討を行っています。腎生検や内シャント作成といった腎臓内科に関連する手技も数多く行っています。
また腎臓に異常のある方は心血管系、骨ミネラル代謝、貧血など様々な合併症を引き起こし、そのような合併症についても対応しています。入院中の血液透析患者の透析の管理も行っています。

 

研修目標

様々な腎疾患患者を指導医と一緒に担当することにより、腎臓病患者に対する基本的な対応の仕方や考え方を身につけてもらいます。それに加えて臨床医として必要なプレゼンテーションの力を磨いてもらうことも目的としています。

研修内容、経験できる症例や手技

腎臓内科では、数人の指導医・上級医とともにチームを組んで研修します。複数の上級医と共に患者を担当するため、一例一例上級医と一緒に丁寧に担当患者を見ることができます。それに加え、指導医によるレクチャーや病理部や他科の先生との合同検討会も定期的に行っています。
症例は腎移植患者を含めた様々な腎疾患を経験す ることができます。また腎臓に異常のある方は様々な合併症を引き起こすため、幅広い疾患についても学ぶことができます。
どの診療科にいっても腎臓病を持つ患者を担当する機会は多いと 思われ、腎臓内科を考えている方だけではなく、他の科を考えている方でも非常に有意義な研修になると思います。

■研修時の週間スケジュール

月~金曜日の毎朝(木除く)
・透析前ショートカンファレンス
火曜日午後
・透析カンファレンス
・入院カンファレンス
木曜日午前
・新患カンファレンス
木曜日午後
・研修医レクチャー
その他
・腎病理症例検討会(月2回)
・腎移植カンファレンス(月1回)
・膠原病内科との症例検討会(4か月に1回)

■診療科長または指導医からのメッセージ

腎臓内科教授西 愼一 先生

社会人医師として初期研修を迎える研修医の先生方。自分自身で到達目標を立て、幅広い診療科の知識を吸収する意欲を持って初期研修に臨んでください。素敵だなと憧れる指導医に出会うこともありあます。反面教師かなと思う医師に会うかもしれません。医師として自分はどうあるべきかを考える大事な時期が初期研修医時代です。腎臓内科には熱いハートの良き先輩医師がいます。
腎臓内科の対応している疾患病態は、内科領域の中でも腎臓以外の臓器との臓器連関で発症する複雑な病態が多いのが特徴です。純粋に幅広い知識をもつ内科医、あるいは医師を目指すなら、是非一度腎臓内科の門を叩いてください。