神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

形成外科

選択科目

http://www.med.kobe-u.ac.jp/plas/

診療科の紹介(特徴や特色など)

身体の中でも、顔面・手足など外から見える部位の組織欠損・変形・醜状に対する悩みの治療を行なう外科です。
取り扱う疾患としましては、顔面・手足などの先天異常や外傷(顔面骨骨折含む)、皮膚・皮下腫瘍(母斑・血管腫・悪性腫瘍含む)、瘢痕・瘢痕拘縮・肥厚性瘢痕・ケロイド、褥瘡・難治性皮膚潰瘍、顔面神経麻痺、眼瞼下垂症、禿髪、義眼床再建、リンパ浮腫、下肢静脈瘤、腋臭症などがあります。
特に当科で力をいれている疾患や治療といたしましては、あざ・血管腫・血管奇形(治療:切除・レーザー・硬化療法など)、顔面外傷・顔面骨骨折、義眼床再建、乳房再建、小耳症・耳介先天異常、唇裂・口蓋裂、眼瞼下垂症などがありますが、その他の種類の疾患も全例数多くあります。

 

その他

日本形成外科学会総会や各種学会への参加や発表も可能!ローテート中に論文執筆された研修医の先生もおられます。発表原稿作成や論文推敲の指導を受けることも可能です。
各疾患の診察や手術治療は主治医・担当医(指導医)・研修医とセットでのグループ診療の形をとっております。
各種歓送迎会(月1回程度)
形成外科医局新年会・医局旅行(各年1回)
指導医による熱心な指導(毎日)
縫合実習(マイクロサージェリー、器械縫合、手縫合)希望者にはどんどん修練していただきます。

研修内容、経験できる症例や手技

初期研修から病棟診療だけではなく、外来診療補佐・手術助手に入っていただきます。
指導医の監督のもと、診察・検査・診断を行い、手術術式や計画を実際にシミューレーションしていただきます。手術~術後経過観察まで一貫して携わり臨床経験を積んでいただきます。
形成外科専門医取得も見据えた形成外科的スキル習得を目標とされる場合には、初期研修からのローテーションを計画されることをお勧めします。

■研修時の週間スケジュール

月曜日
・外来(こどもの形成外科・眼瞼形成外科)・病棟業務、全身・局所麻酔手術
火曜日
・外来(乳房再建・腫瘍再建・血管腫血管奇形)・病棟業務、教授病棟回診、術前・術後症例検討会
水曜日
・全身・局所麻酔手術(特殊外来;手術創感染外来)
木曜日
・外来(難治性創傷・顔面神経麻痺)・病棟業務
金曜日
・外来(外傷形成外科・リンパ浮腫・一般形成)・病棟業務、全身・局所麻酔手術

■診療科長または指導医からのメッセージ

外来医長特定助教岩山 隆憲 先生

形成外科は創造を具現化する科です。治らない傷を治す、傷跡を綺麗にする、身体の機能を含めた欠損を再建するといった治療を、最先端の知識と技術を融合させ行っております。患者さんのQOLを高めることに興味のある先生方は、形成外科志望に限らず、ぜひ一度形成外科の扉を叩いていただけますと、嬉しく思います。医局員一同、歓迎させていただきます。 一緒に手術ができることを楽しみにしています。