神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

呼吸器外科

必修科目(外科選択)・選択科目

http://www.med.kobe-u.ac.jp/gts/

※Facebookページ『神戸大学呼吸器外科』もやっています。イイネ!よろしくお願いします。

診療科の紹介(特徴や特色など)

呼吸器外科では悪性疾患(原発性肺癌・転移性肺腫瘍)、縦隔腫瘍、良性腫瘍、気胸、肺膿瘍・膿胸などの感染性疾患など幅広い分野の疾患を扱っています。原発性肺癌だけでなく、転移性肺腫瘍の手術を他科より依頼されることもあります。当科では、完全鏡視下手術(Complete VATS)を中心とした、低侵襲手術で行えるように心がけています。

 

研修目標

初期研修では主治医チームに所属していただき、主に病棟の患者を中心にこれらの疾患の手術、術後管理に積極的にかかわっていただきます。さらにカンファレンスにも参加してもらい、治療だけでなく画像所見などの術前診断、手術適応や術式の決定などの考え方を学んでいただきます。良性疾患の中でも、自然気胸などは日常診療上で遭遇することの多い疾患です。これらに対しては診断、治療法の選択・施行(胸腔ドレーンの留置など)、ドレーン管理が適切に行えるように指導していきます。皆さんの積極的な参加をお待ちしております。

 

当科のスタッフ

2012年に呼吸器外科が発足して早4年。徐々にメンバーも増えてきており、若手メンバーも多く、明るく、活気のある医局となっています。仕事にも100%、そしてフットサルや飲み会のイベントにも常に100%で頑張っています。みんな優しく、教育熱心なので、なんでも気軽に聞いてみてください。

■研修時の週間スケジュール

■診療科長または指導医からのメッセージ

教授眞庭 謙昌 先生

外科の基本を一緒に勉強しましょう。みなさんの貴重な経験となるように指導にも力を入れてまいります。