神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

呼吸器内科

必修科目(内科選択)・選択科目

http://www.med.kobe-u.ac.jp/resp/

診療科の紹介(特徴や特色など)

呼吸器内科は市中肺炎、気管支喘息といったcommon diseaseから、近年増加が著しい肺癌、COPDなどの疾患、易感染患者の日和見感染症や膠原病肺など他疾患の合併症、さらには重症患者の呼吸管理など非常に幅広い領域を取り扱うことが特徴で、呼吸器内科の需要は近年ますます大きくなっています。また他の診療科との接点も非常に多いため、他科を志す医師にとっても呼吸器内科での研修は将来必ず役に立つと思います。

 

研修目標

初期臨床研修では、呼吸器疾患を通じて幅広い内科的考え方、技術の習得を目指します。主に主治医団の一員として入院患者の診療にあたり、まずは基本的な病歴聴取や身体所見のとり方、症候や検査値の解釈の仕方、及び検査計画や治療方針の立て方を学び、さらに呼吸器感染症を通じた感染症診療の基本、肺癌治療を通じた化学療法・緩和治療の基本、呼吸不全患者を通じた酸素療法・呼吸管理の基本、そして胸部画像診断(特に胸部単純写真読影)の基本の習得を目指します。これらの目標を達成するため、主治医団では毎日担当患者についてディスカッションの時間を設け、常にフィードバックを行う体制をとっています。また、毎週のカンファレンスでは、担当患者のプレゼンテーションを通じて要領の良いプレゼンテーション技法を学ぶと共に、担当以外の患者についても経験を全員で共有できるようにしています。意欲があれば気管支鏡検査への参加も可能です。

その他

呼吸器内科では多くの研修医向けのセミナーを企画しています。また、日本内科学会や呼吸器学会、肺癌学会などでの発表機会もたくさん設けていますので、是非、研修期間中に自分の経験した症例の発表を行ってください。もちろん、その後には慰労会もついています!

 

研修内容、経験できる症例や手技

経験症例)
肺癌を中心とした呼吸器悪性腫瘍、呼吸器感染症、びまん性肺疾患、COPDや気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群など
経験手技)
気管内挿管などの気道確保、胸腔穿刺や胸腔ドレナージの留置、中心静脈カテーテル留置、気管支鏡など

■研修時の週間スケジュール

毎日朝夕2回
・病棟主治医団グループミーティング
月曜日16時15分
・呼吸器合同カンファレンス
火曜日9時
・気管支鏡検査
火曜日15時
・医局会
火曜日16時30分
・呼吸器内科・放射線腫瘍科合同カンファレンス
水曜日8時
・モーニングレクチャー
木曜日15時
・教授回診
金曜日15時
・呼吸器病棟カンファレンス

■診療科長または指導医からのメッセージ

診療科長西村 善博 先生

私たち呼吸器内科の診療は、呼吸器疾患全ての領域をカバーしています。初期研修修了後、呼吸器内科専門医を取得後には、さらにサブスペシャリティーとして、肺がん診療、呼吸器内視鏡、アレルギー診療、感染症などの専門医になることも可能です。また同時に、私たちが呼吸器GPと呼んでいる「呼吸器疾患に対する総合的な診療ができる医師」の育成にも私たちは努力しています。
将来研究しようと思う人には、大学院への進学の道があります。気管支喘息を中心とした炎症性疾患の病態解明、新規治療に迫る研究、肺がんに関する基礎的研究、抗癌剤耐性化機序に関する研究の他、早期診断の開発、他施設との共同臨床試験にも取り組んでいます。小さな臨床疑問を研究成果で大きく開花させてください。とてもいい経験になると思います。
私たちのモットーは、「和」と「楽」です。和を以て貴しと為すの「和」であり、和やかの「和」でもあります。「楽」は「らく」するのではなく、「楽しむ」の「楽」です。診療、研究は必ずしも楽しいことばかりではありませんが、「楽」を見つけながら前進することを目指しています。信頼される医師を目指して一緒に歩もうじゃありませんか。