神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

膠原病リウマチ内科

必修科目(内科選択)・選択科目

http://www.med.kobe-u.ac.jp/mennai/

診療科の紹介(特徴や特色など)

1.豊富な症例を経験できる。
当科はリウマチ膠原病を専門とする数少ない科であり、地域の拠点です。近隣や遠方から多くの患者様が紹介されて来られます。沢山の症例を経験することが良医への条件であることは論を待ちません。

2.充実したスタッフによる丁寧な指導体制。
病棟スタッフは屋根瓦式の教育指導体制をとり、リウマチ専門医の指導のもと数名のチームとして診療します。常に最新の知見を勉強し議論しながら診療を学べます。

3.多彩な臓器の病気が学べる。
リウマチ膠原病は極めて内科的な疾患です。全身性の疾患ですから、常にいろいろな分野の病態を勉強する必要があります。特定の臓器に片寄らず常に全身を診る機会を得るのに最適の環境です。

4.他科との合同カンファレンスもあり。
腎臓内科・神経内科との合同カンファレンスで、他科の意見を直接聞くことができます。

 

研修内容、経験できる症例や手技

関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、ANCA関連血管炎、炎症性筋疾患、シェーグレン症候群、強皮症、混合性結合組織病、ベーチェット病、成人発症スティル病、巨細胞性動脈炎、高安病、IgG4関連疾患など数多くの全身性疾患が経験できます。免疫抑制治療中である患者さんが多いため、感染症症例も多数経験できます。臓器病変は多岐にわたり、多くの診療科の先生と連携した診療が可能です。全身性疾患の診断・治療を行ううえで必要な身体所見や病歴の把握、多岐にわたる検査の解釈、副作用対策を含めた適切なステロイド治療などが学べ、将来どの診療科に進んでも役立ちます。

■研修時の週間スケジュール

火曜PM
・病棟カンファレンス
木曜AM
・全体カンファレンス・診療科長回診
月・水・金の夕方
・関節超音波検査

■診療科長または指導医からのメッセージ

診療科長森信 暁雄 先生

膠原病は全身の臓器に関わる疾患です。他科と協同して診療を行いますので、当科を研修することで多様な病態を学ぶことができます。一方、他科で研修してきたことが当科の研修中に役立つことも多く、疾患の有機的なつながりを感じることができます。自己免疫疾患は決して珍しくない疾患です。興味のある人もない人も、研修中に膠原病を経験してみましょう。

 

医員白井 太一朗 先生

膠原病と言えば学生時代は分類基準の暗記ばかりだったかもしれません。今度は膠原病リウマチ内科での研修を通じて、患者さんの訴えや症状から診断にたどり着くプロセスを一緒に学んでみませんか。全身の臓器に関わる膠原病だからこそ、他科との連携も混じえながら、診断から治療、内科的な全身管理まで、多くのことが経験できます。みなさんとともに働けることを楽しみにしています。