神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

乳腺内分泌外科

必修科目(外科選択)・選択科目

http://www.med.kobe-u.ac.jp/sdomon/nyuusen.html

診療科の紹介(特徴や特色など)

当科の診療のほとんどが乳癌である。現在日本で年間9万人が発症する。女性の癌では最も多く、40代50代に多く、生涯で12人に1人発症する。小児科以外どの科で診療していても、診ている患者さんに発症するため、海外ではgeneral physician の必須科目となっている。また、30代後半から60代前半までの病因死亡の中で最も多いことから、アドバンスケアプランニングをはじめ、治らない状態になったときのサポート、在宅連携では最も先進的な診療科であると言われている。形成外科、放射線治療科、腫瘍内科、緩和ケア科、整形外科、精神科など、沢山の診療科と、看護師、薬剤師、理学療法士、検査技師などとチーム医療でも先進的な診療科である。診断から手術、薬物療法まで多科、多職種の検討会を行っている。

 

研修目標

乳腺内分泌外科では研修医の先生方に、医師として重要な初期研修の一時期に乳腺疾患の診療を通して、これからの時代を担う医師として必要な多くのスキルを身に着けて頂けるように努めています。

研修内容、経験できる症例や手技

入院患者さんの診察のみを行うのではなく、指導医の外来診察にもついて初診時から診断にいたるまでの検査や、乳癌と診断してから手術までの準備について学び、また手術後の患者さんの補助療法(ホルモン療法・化学療法・放射線療法等)についてもその適応から実際に治療されるまでの過程についても学んでいただきます。外来では乳癌患者さんの再発治療も行っており、乳癌診療について最初から最後までを学ぶことができます。
すべての入院患者さんを担当し、手術の助手をして皮膚の縫合などを含めた基本的な手術手技を学んでいただきます。

■研修時の週間スケジュール

毎朝入院患者さんについて研修医の先生が術後経過などをプレゼンテーションし、問題点や今後の方針について乳腺外科の医師達とディスカッションをし、指導医とともに患者さんの診察を行います。
指導医とともに外来診察を行い、初診患者さんについても問診から検査オーダー等を行います。
乳癌カンファレンスでは臨床医(乳腺外科医、腫瘍内科医、病理医など)のみではなく検査技師、薬剤師、看護師や基礎医学研究者も参加して乳癌診療についていろいろな視点から議論し、また多くの専門の方々と交流することができます。

■診療科長または指導医からのメッセージ

特命准教授谷野 裕一 先生

臨床医であれば乳癌患者さんや乳癌の既往歴のある患者さんと接する機会も多いため、医師として早い段階で乳癌の治療体系を学んでおくことは、今後の臨床や研究を行う上で必ず大きな力になると思います。乳腺専門医を目指す方もそうでない方もぜひ一度我々と乳癌診療に励み、共に多くの事を学びましょう。