神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

産科婦人科

選択必修科目・選択科目

http://www.med.kobe-u.ac.jp/obgyn/

診療科の紹介(特徴や特色など)

○産科
総合周産期母子医療センターとして、母体と胎児の集中治療室(MFICU)6床を備えており、母体の重症合併症ならびに妊娠26週未満早産の新生児治療に対応しています。分娩時大量出血をきたす疾患に対しては、放射線科と連携して子宮動脈塞栓術を施行しています。また、自己免疫疾患、糖尿病、腎臓疾患など内科合併症を有する妊娠の管理のほか、子宮筋腫などの婦人科疾患の合併症を有する妊娠とその分娩管理に実績があります。また、母子感染を引き起こす感染症の産科診療を積極的に行っています。
不育症の専門外来では、反復流産、習慣流産、死産を含めた不育症に悩む夫婦をサポートし、リスク因子の精査と治療を行っています。難治性の習慣流産の新たな治療法として、倫理委員会の承認を得て大量免疫グロブリン療法を1993年から継続して行っており、これまでに良好な成績をあげています。

○婦人科
日本婦人科腫瘍学会の定める婦人科腫瘍専門医制度修練指導施設の認定を受け、婦人科悪性腫瘍(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、外陰がんなど)の集学的治療を行なっています。進行例や難治症例が多いのが特徴です。また、比較的頻度の低い、絨毛性疾患や先天性腟欠損症など性分化異常症に対する診療も行っています。

 

研修目標

1. 妊娠分娩と産褥期の管理並びに新生児の医療に必要な基礎知識と育児に必要な母性の育成を学ぶと同時に、妊産褥婦に対する投薬並びに治療や検査を施行する上での制限等の特殊性について研修します。
2. 女性特有の救急医療を研修し、正確な診断に基づく初期治療の研修を行います。
3. 思春期、性成熟期、更年期における女性特有の肉体的、精神的変化および加齢に伴う性ホルモン環境の変化を理解し、これらに関連した疾患の診断と治療を研修します。
4. 婦人科良性疾患に対する腹腔鏡手術、子宮鏡手術、腟式手術などの低侵襲手術を含む手術療法と周術期管理、薬物療法について研修を行います。
5. 婦人科悪性疾患に対する、悪性腫瘍手術、化学療法、放射線療法、疼痛管理についての研修を行います。

その他

初期研修後は日本産科婦人科学会専門医の取得を目指します。その後、さらに専門的な研修を行い、母体保護法指定医、周産期(母体・胎児)専門医、臨床遺伝専門医、日本婦人科腫瘍学会専門医、日本臨床細胞学会専門医、日本生殖医学会生殖医療専門医などの取得が可能です。

 

研修内容、経験できる症例や手技

専門医によるマンツーマンの指導のもと、研修医の希望を重視して、産科・婦人科のいずれかに配属されます。周産期医療、婦人科腫瘍、さらには内分泌疾患、不妊・不育、更年期障害等に対する研修を行い、技術と知識を修得するとともに、患者と医師間における信頼関係を獲得することを目標とします。産科では、胎児エコーや妊娠管理を多数学ぶことができます。重症例ばかりではなく、正常妊娠・分娩を経験することも可能です。婦人科では手術だけでなく化学療法や放射線療法についても経験することができます。手術としては産科では、主に帝王切開術を行いますが、妊娠20週台の帝王切開や前置胎盤の帝王切開を経験することが出来ます。婦人科では、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの良性疾患に対する開腹術や腹腔鏡手術はもちろんのこと、悪性腫瘍手術も経験できます。

■研修時の週間スケジュール

月曜日
・産科カンファレンス
・婦人科カンファレンス
火曜日
・産科カンファレンス
・手術
水曜日
・産科カンファレンス
木曜日
・産科カンファレンス
・婦人科カンファレンス
・教授回診
金曜日
・産科カンファレンス
・手術

*術前術後症例検討会:放射線科との合同カンファレンス
*術前術後症例検討会:母子カンファレンス
*術前術後症例検討会:放射線治療カンファレンス

■診療科長または指導医からのメッセージ

教授山田 秀人 先生

産科婦人科学は、内科的知識と経験が重要な周産期医学、生殖医学および外科学である婦人科学から成り立ちます。生殖医療、出生前診断に際しては、倫理的問題を直視して生命の尊厳を守り、児の福祉や権利に配慮する必要があります。将来、どのような診療科に進むにしても、最新の産科婦人科診療を研修することは、貴重な経験になると信じています。これまで学んだことを土台に目標を持って、より実践的な思考で研修をしてください。何でも質問しましょう。神戸大学病院産科婦人科では、たくさんの仲間と先輩が皆さんをサポートします。一緒に働けることを楽しみにお待ちしています。