神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

食道胃腸外科

必修科目(外科選択)・選択科目

http://www.med.kobe-u.ac.jp/surg1/

診療科の紹介(特徴や特色など)

食道胃腸外科は、食道癌、胃癌、大腸癌を主な対象疾患として、治療に全力で取り組んでいます。鏡視下手術を中心に、ロボット手術等の高度先進医療にも積極的に取り組んでいます。新規抗がん剤や分子標的薬による治療成績の向上も目覚ましく、手術を併用した集学的治療も進めています。
研修医は主治医グループの一員として入院患者を担当し、病棟での診療(一般病棟、集中治療部)と手術に携わることになります。
主治医団はグループ(G)制でオーベン(指導医:教官)、チューベン(医員、大学院生など)、研修医で構成されています。他にも病棟医長がいてさまざまな相談等に応じます。また、研修医同士で相談したり、チューベンに気軽に相談できる環境なので、様々な面からのサポートができます。

 

研修目標

手術を中心とした診療を通じて、一般外科の基本的知識、診療技術と全身管理の基本を習得する。またチーム医療と外科医の倫理観、生活態度を理解する。

 

研修内容、経験できる症例や手技

主治医団は食道、胃、大腸のグループに分かれています。それぞれ食道癌、胃癌、大腸癌が中心となりますが、緊急手術(穿孔やイレウスなど)やヘルニアなどの症例は各グループに当たるので様々な症例を経験することができます。病棟での処置では縫合や抜糸などを上級医の指導の元で行います。なるべく手術に入って、スコピストをやってもらったり、腹壁閉鎖や皮膚縫合などの他にもヘルニアなどの手術は指導の元で積極的に行ってもらうこともあります。各自の習熟度によってさらに進んだ手技を行うこともできます。

また、主治医団の担当症例については事前にオーベンに指導を受けて、症例検討会やカンファレンス、総回診などでプレゼンテーションしてもらうことで、症例提示のスキルを身につけることができます。

■研修時の週間スケジュール

定期手術日(月、火、木、金)定期以外に緊急手術が週に2-3例総回診(週に2回)
手術症例(術前・術後)検討会(週に1回ずつ)文献抄読会・テーマ制抄読会(週に1回)
放射線科・消化器内科・腫瘍内科との合同カンファレンス(週に1回)臓器別Gミーティング(週に1回)
ハンズオンセミナー:年に数回開催、縫合結紮手技を1:1で直接指導研修医歓迎会:随時開催、参加自由

■診療科長または指導医からのメッセージ

講師 中村 哲 先生

大学病院は一般病院とは異なり、虫垂炎やヘルニアなどの疾患は少ないですが、他臓器の併存疾患をもつhigh risk 患者が多く、個々の症例について深い考察と厳重な術後管理が必要となります。
また、各科の専門性が高いので他科とのコミュニケーションをとりながらレベルの高い治療を提供することができます。臨床・教育・研究を柱としているので研修医の教育プログラムが充実しており初期の研修には最適です。
私たちとともに一緒に楽しく研修しましょう。