神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

消化器内科

必修科目(内科選択)・選択科目

http://www.med.kobe-u.ac.jp/gi/

診療科の紹介(特徴や特色など)

当教室では臨床での疑問を基礎的に解析し、得られた知見を臨床にフィードバックすることを目指して研究を行っています。特にHelicobacter pylori感染症や肝炎ウイルスにおける炎症と発癌メカニズム、消化器癌や炎症性腸疾患の病態解析とメタボロミクスなどのオミクス手法を用いた新規の早期診断法の研究開発を行っています。
実臨床(病棟)では、消化管グループ・胆膵グループ・肝疾患グループの3つの治療グループに分かれて治療を担当しています。
消化管悪性腫瘍に対しては、内科的診断と治療(内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術、経皮的ラジオ波焼灼術、癌化学療法など)を行うとともに、また潰瘍性大腸炎、クローン病などの難治性疾患の治療を行っています。胆膵疾患では総胆管結石や膵炎、胆道や膵臓などの腫瘍に対して内視鏡を用いた診断と治療を行なっています。肝疾患では急性および慢性肝炎や急性肝不全、肝硬変、肝細胞癌などの治療を行っています。

 

研修目標

消化器内科では食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆道・膵臓などのさまざまな臓器の診療にあたります。症例一例一例を大事にし、向きあいながら科学的根拠に基づいた医療を実践し、医師として必要な基本的診察能力を身につけ、さらに特殊な技術の修練・修得を行います。

 

■研修時の週間スケジュール

月曜日8時
・新患カンファレンス(8階カンファ室)
月曜日18時30分
・症例検討会・連絡会(8階カンファ室)
火曜日18時30分
・(月1)肝胆膵カンファレンス (肝胆膵外科・病理診断科合同) (10階カンファ室)
火曜日19時
・消化管合同カンファレンス(食道胃腸外科・腫瘍血液内科・放射線腫瘍科合同)(8階カンファ室)
水曜日8時
・新患カンファレンス(8階カンファ室)
水曜日18時
・(月2)肝臓カンファレンス(肝胆膵外科医局)
水曜日19時
・(月1)消化管合同病理カンファレンス(食道胃腸外科・病理診断科合同)(地下カンファ室)
木曜日14時30分
・病棟総回診(8階北病棟集合)
木曜日18時30分
・膵臓カンファレンス(肝胆膵外科・腫瘍血液内科・放射線科合同) (研究棟A棟5階)
木曜日内視鏡検査終了後
・大腸・IBDカンファレンス(光学診療部)
金曜日7時45分
・肝臓IVRカンファレンス(中診棟6階放射線科医局)
金曜日18時30分
・消化管(ESD)カンファレンス(光学診療部)

■診療科長または指導医からのメッセージ

助教石田 司 先生

消化器内科では内視鏡、超音波、放射線による診断治療と化学療法のすべてに携わることができます。とくに内視鏡は診断、治療ともに日本が世界をリードしている分野です。世界レベルの領域を体験して下さい。希望があれば、初期研修中に内視鏡や腹部超音波検査の初期トレーニングも可能です。また生体ブタを使用した内視鏡ハンズオンセミナーも定期的に開催しています。