神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

小児科

選択必修科目・選択科目

http://www.med.kobe-u.ac.jp/pediat/

診療科の紹介(特徴や特色など)

小児科では超低出生体重児から小児期の種々の難治性疾患に対する最新医療、腎移植や血液幹細胞移植などの移植医療、発達障害や心の問題といった幅広い領域において質の高い小児医療を提供しています。
現代の医療では、専門分野の細分化につれて個々の臓器別に疾患をとらえる傾向にあります。しかし小児科は、個々の疾患に対して最新の知識や技術で医療に臨むだけではなく、一人一人のこどもを取り巻くさまざまな成育環境や発達の問題まで含めて、全人的、包括的に対応する分野です。
研修期間に小児科の魅力を是非体験してください。

 

専門研修へのつながり

大学病院での研修は、特殊な疾患に偏りがちになると思われるかもしれませんが、特殊な基礎疾患を抱えたこども達を一度でも診たことがあるという経験は小児科医を目指す上で貴重な経験となります。また大学病院にはロールモデルとなる指導医が多く、その診療姿勢を最初に見ておくことは、後期研修以降にきっと役に立つでしょう。

 

研修内容、経験できる症例や手技

神戸大学病院での小児科研修は、一般コース、たすきがけコース共に、2年目にこどもセンター(一般小児)とNICU(新生児)に分かれて行われます。こどもセンターとNICUの研修は独立しており同時に両病棟で患者を担当することはありません。両病棟で研修を受けることを推奨します。

1)病棟診療:
こどもセンターand/or NICU
2)研修期間:
各1ヶ月から可能。ただし2ヶ月以上を推奨します。
3)対象疾患:
専門グループで扱う疾患:新生児、血液腫瘍、腎、神経筋・代謝・内分泌・発達行動
一般疾患:近隣医療機関・こども初期急病センターからの紹介受け入れ
4)外来:
処置・検査係(週1回)
5)ケースプレゼンテーション:
研修の締めくくりにパワーポイントによる症例発表
6)副直・オンコール(希望日を自主選択)
7)神戸こども初期急病センター見学:
一次救急の見学。1人1回以上の参加を推奨。

■診療科長または指導医からのメッセージ

教授飯島 一誠 先生

神戸大学小児科は伝統的に、出身大学による待遇の差はなく風通しの良い文化を持っています。 小児科研修では、すぐれた指導医との自由で闊達なディスカッションを通して、個々の患者さんをリサーチマインドを持ちつつ丁寧に診療する姿勢に触れてください。