手術室 operation room

2015年に手術室にIVRシステム、MRI装置が導入され、4月から運用が始まりました。
ハイブリッド手術室と呼ばれることもあります。
手術中にMRI画像、X線画像を撮像することにより、安全で、精度の高い手術が行えるようになります。

術中MRI

 MRI装置は、磁気と電波を使って検査を行います。
 患者さんは開頭されたまま、手術室からMRI室に移動します。撮像した画像は手術の進み具合や、終了の判断材料の1つにします。
 3テスラのMRI装置で、主に脳神経外科の手術の際に使われます。

ハイブリット手術室

 ステントグラフト内挿術、経皮的心房中隔欠損閉鎖術、心臓ペースメーカー移植術など主に経カテーテル手術を行います。
 手術室を用いる事により、アンギオ室では認可が下りない手技(TAVI)が可能となりました。

ハイブリット手術室

 以前は移動式X線透視装置を用いていたため、撮像視野や画像処理も限られていましたが、ハイブリッド手術室では、より広範囲で高画質な画像を得られるようになりました。

ハイブリッド手術室装置

以下の装置を設置しています。
MRI
・SKYRA:SIEMENS
ハイブリッド手術室
・ArtisQ:SIEMENS

ハイブリッド手術室に関わる放射線部スタッフ

診療放射線技師  3名

被ばく線量の低減を図り、検査、治療が安全に効率よく遂行できるよう日々努力しています。

部門紹介

一般撮影
CT
MRI
血管造影
アイソトープ検査(核医学検査)
放射線治療
手術室
3Dラボ
放射線部紹介TOPページ
放射線部は40周年をむかえました
ページトップへ