活動内容

トップ > 活動内容

教育プログラム開発

経験学習に基づくリフレクションを軸とし、複雑な医療現場の状況に対応し得る看護実践能力を養うこと目指します。

新人看護師ならびに教育指導者のリフレクションに基づいた、双方向型教育プログラムを開発するために、以下の取り組みを行います。

  1. 「新人看護師用 看護実践力育成プログラム」開発
    • 新人看護師のリフレクションの要素と構造に基づく教 育プログラムの開発
    • eラーニング・モバイル学習システムの開発
  2. 「教育指導者用 看護実践教育力育成プログラム」開発
    • 教育指導者のリフレクションの要素と構造に基づく教育プログラムの開発
    • eラーニング・モバイル学習システムの開発
  3. 「リフレクション評価ツール」開発

教育指導者養成

教育者としての知識・技術・態度を備え、学びを支援できる教育指導者を養成することを目指します。

対象を理解し、個々の看護師の学びや成長を支えることができる教育指導者を養成するために、以下の取り組みを行います。

  1. 部署の教育を担当する「教育指導者」を養成するための、「教育指導者コース」を実施する。
  2. 看護部全体の教育を担当する「スーパー教育指導者」を養成するための、「スーパー教育指導者コース」を実施する。

人事交流

学生や新人看護師が置かれている状況をより深く理解することにより、看護基礎教育と臨床現場教育との間の乖離を埋めることを目指します。

保健学科看護学専攻教員と大学病院看護師が、学生や新人看護師がどのような環境におかれているのかを理解し、双方の教育に反映させるために、以下の取り組みを行います。

  1. 人事交流計画の策定
  2. 看護部の人事交流者(スーパー教育指導者)が、保健学科非常勤講師として勤務し、人事交流終了後は、臨床での看護部教育計画の立案・実施・評価等、継続教育に活かす。
  3. 保健学科看護学専攻教員が、一般病棟で看護師として勤務し、人事交流終了後は、臨床現場に即した看護基礎教育に活かす。

キャリアパス構築

中堅看護師に対する新たなパスを追加し、キャリアパスの強化を目指します。

教育指導者、スーパー教育指導者として一定期間役割を担った者に対して、看護専門職として生涯、成長し続けられるキャリアパスを構築することを目的とし、以下の取り組みを行います。

  1. 教育指導者に対し、継続的なフォローアップ、キャリアカウンセリングを行う。
  2. スーパー教育指導者の希望や能力評価の結果を踏まえ、教育体験を活かした計画的な部署配置を行う。
  3. 教育指導者に対する自己・他者評価を含む能力評価ツールの開発及び評価を実施する。
  4. 教育指導者及びスーパー教育指導者に対する処遇。

活動報告一覧へ

このページのトップへ戻る