ごあいさつ

トップ > ごあいさつ

「キャリアシステム・神戸REEDプラン」は、質の高いジェネラリストを確実に育成し、看護師のキャリア形成を促進します!

このたび、神戸大学医学部附属病院看護部は、平成22年度文部科学省大学改革推進事業「看護師の人材養成システムの確立」に採択され、平成22年11月に「神戸REEDプラン」を立ち上げました。

本プランは、当院看護部と神戸大学医学部保健学科看護学専攻とが連携して「教育プログラム開発」および「教育指導者養成」を行うことにより、看護職員の看護実践能力の持続的な向上を図ることを目的としています。また、質の高いジェネラリストを確実に育成するために、保健学科との人事交流を通して教育現場と臨床現場が連動した教育システムを再構築し、看護師が自らキャリアデザインを描ける体制を整備することを目指します。さらに、スキルスラボでのシミュレーション教育や、iPadを用いたユニークなモバイル教材・eラーニング教材の開発および導入により、学習者に「わかりやすく、いつでも楽しく学べる」環境を提供し、学習意欲を高めます。

本プランは、「教えることは 学ぶこと」を具体化して教育に導入することにより、自ら知って、考え、学び、教え、育ち、喜び、社会貢献の出来る、自律した看護専門職の育成を推進します。

神戸大学医学部附属病院 副病院長/看護部長 松浦 正子

神戸大学医学部附属病院 副病院長/看護部長 松浦 正子