現在位置はトップページの中のトピックスの中の医療関係者の皆様への中のD&Nブラッシュアップセンターを開設しました

トピックス

D&Nブラッシュアップセンターを開設しました

― 「人間性豊かな医療人の育成」をめざして ―

現在、地域の基幹病院における医師不足は、社会問題となっていますが、その原因の一つとして女性医師の就労継続が確保されないことともあげられます。女性医師、看護師が子供を産み育てながら、仕事を続けるためには、(1)出産や育児など多様なライフステージを踏まえたキャリア形成教育システムの構築、(2)臨床現場から離れた女性の医師や看護師への復帰支援を目的とした再教育プログラムの開発・実施、(3)出産・育児による休職者に対する復職支援プログラムの開発・実施等の支援等が必要です。

それらのことを実現するために、神戸大学医学部附属病院内に当センターを設置致しました。当センターにおいては、妊娠・出産・育児の経験をキャリアのブランクではなく、キャリアのアップととらえ、育児休業をブランクからブラッシュアップの期間に転換し、家庭生活を送りながらも高度な医療に対応可能な医療人を養成することを目指します。結婚、育児のために離職することなく、医療知識、医療技術を修得し、高度な医療を担うことのできる女性医療職の職場復帰を促すことを目標とし、男女共同参画推進の方針のもと、附属病院の基本理念である「人間性豊かな医療人の育成」をめざします。このことにより、医師・看護師不足を緩和し、医療現場の機能を高めることから、地域社会のニーズに応えます。この事業は平成19年度文部科学省の「地域医療等社会的ニーズに対応した質の高い医療人養成推進プログラム」の〔テーマ1〕「女性医師・看護師の臨床現場定着及び復帰支援」の支援を得て行うものです。

― 「女性医師(D)、看護師(N)の臨床現場定着及び復帰支援」(ブラッシュアップ) ―

現在考えているプログラムの内容は、以下のようなものですが、現在のあるいは未来の子育て女性医師、女性看護師、あるいはその職場のかたから様々な意見を頂き、当該関係者にどんなニーズがあるか、どのようなことを病院に期待しているかなど実際の利用者の意見を反映させた教育プログラム、センターの運営をめざしたいと思っています。皆さんの意見を入れたセンターにしたいと思いますので、下記連絡先にどしどしご意見を下さい。

ネットプログラム
妊娠・出産・育児のライフステージに合わせた情報提供や医療情報を提供するオンライン講座、仕事と育児を両立したライフロールモデルの提示、ビデオカンファレンス講座、登録者同士の双方向掲示板での情報交換などを提供していきます。
キャッチアッププログラム
最新の臨床の知識を学べるように医学科・保健学科講義の聴講、スキルラボでの実技訓練、各診療科等でのカンファレンスへの参加、ベッドサイドや外来などでの診療参加、医療情報端末での操作練習などを提供していきます。
お問い合わせ先
TEL: 078-382-5111(代)078-382-5266(直通)
FAX: 078-382-5837
MAIL: brushup@ med.kobe-u.ac.jp
(迷惑メール対策のため、アドレスの一部に半角スペースが挿入されています。メール送信の際は、適宜修正願います。)

このページのトップへ戻る