D&Nplus
ブラッシュアップセンターについて about

D&Nplusブラッシュアップセンター|神戸大学医学部附属病院 > D&Nplus
ブラッシュアップセンターについて

D&Nplusブラッシュアップセンターは、神戸大学医学部附属病院及び兵庫県内の関連病院に勤務する全てのメディカルスタッフ(医師、看護師、薬剤師、技師、事務職員、大学院生、医学生)を対象とし、産前産後休暇・育児・介護休業中のキャリア継続、各休業からの復職支援さらにその後の職場定着に向けた継続的な支援を目的として活動しています。

趣旨・目的

出産・育児の経験をキャリアアップと捉え、産前産後休暇・育児休業中の女性医師と女性看護師のブラッシュアップを図ることでスムーズな臨床現場への復帰を支援する部署として、2007年11月に発足しました。2010年4月に男女問わず全てのメディカルスタッフ(医師、看護師、薬剤師、技師、事務職員、大学院生、医学生)へと支援対象を拡大し、産前産後休暇・育児休業中に加え介護休業を取得した職員がキャリア継続と復職、さらにその後の職場定着がスムーズに実現できるように継続的な支援を行っています。

概要

妊娠、出産、育児、介護からの職場復帰とその後の定着を支援するために、ブラッシュアップセンター3つのコンセプトである「繋ぐ・学ぶ・知らせる」を基に事業を展開しています。

  • 1.繋ぐ(CONNECT)
    妊娠判明時から育児休業後の就業意欲を維持・継続するために各種の
    情報を提供し、対象者のライフステージに沿った支援を行う。
  • 2.学ぶ(LEARN)
    子育て期等の休業期における在宅学習体制を整備し、学習面から
    スムーズな職場復帰を支援する。
  • 3.知らせる(INFORM)
    子育て期等の休業者に対し、職場との繋がりが維持できるよう
    定期的に院内情報や活動内容について広報誌の郵送やホームページを利用した広報活動を行う。

組織図