外来受診

紹介状について

本院をはじめて受診される方は、
他の医療機関の診療情報提供書(紹介状)を必ずお持ちください。

本院は、厚生労働省が定めた特定機能病院として、他の医療機関より高度な医療、病態の診断等を必要とする患者さんを受け入れている医療機関です。
高度な医療等を必要とする患者さんに適切な医療を提供するために、他の医療機関(かかりつけ医)からの診療情報提供書(紹介状)を必ずご持参ください。

一部の診療科は、完全予約制です。外来担当医一覧表をご覧ください。

かかりつけ医って?

患者さんが住み慣れた地域で安心して治療・療養環境を保てるよう、普段から患者さんの健康状態を把握し、体調などの相談ができる身近にいて頼りになる医師のことを「かかりつけ医」と呼びます。かかりつけ医は、患者さんが高度な専門治療が必要となった場合は適切な治療が遅延なく受けられるように専門医・専門病院を紹介できます。

その専門病院でもある大学病院は、一般の医療機関では実施困難な高度・最先端の医療を提供する特定機能病院としての役割があります。診療所の機能と役割分担を図るため、本院での診療により症状が安定した場合には、かかりつけ医で診療を継続することができるように逆紹介の推進にも取り組んでいます。

かかりつけ医と大学病院は連携して診療にあたりますので、まずは身近なかかりつけ医を見つけましょう!

紹介状をお持ちでない場合にかかる
選定療養費

厚生労働省の定める基準に従い、他の医療機関等からの紹介状をお持ちでない場合、診療費とは別に選定療養費をお支払いただきます。

初診:10,000円(税別) 
再診:2,500円(税別)

紹介状をお持ちでない場合でも、下記の患者さんは初診時・再診時選定療養費のご負担はありません。

  • 救急車で搬送された場合
  • 本院の他の診療を受診している場合(現在治療中で診療科の予約がある場合)
  • 医科と歯科との間で院内紹介された場合
  • 特定健康診査、がん検診等の結果により精密検査受診の指示を受けた場合
  • 外来受診から継続して入院となった場合
  • 本院の治験協力者である場合
  • 災害による被害を受けた場合
  • 労働災害、公務災害、交通事故、自費診療の場合
  • 公費負担医療の対象の場合
  • HIV感染者の場合