第3回神戸大学超音波検査技術セミナー参加者の声


参加者58名

2015年3月14日(土)に第3回神戸大学超音波検査技術セミナーを開催いたしました。
多くの臨床検査技師、診療放射線技師、看護師の方々に参加して頂き、ありがとうございました。

セミナーの内容

当日は超音波診断装置8台を使い、午前に心エコー2ブース、腹部エコー2ブース、下肢静脈エコー2ブース、下肢動脈エコー1ブース、頚動脈エコー1ブース、午後に心エコー3ブース、頸動脈エコー1ブース、下肢静脈エコー1ブース、下肢動脈エコー1ブース、関節エコー1ブースでハンズオンセミナーを行いました。

アンケートのご意見の一部を掲載いたします。

ご意見

  • 明日からのルーチンに役立つ内容でした。
  • 丁寧に指導して頂き、自分の知識の復習再確認ができ勉強になりました。実技だけでなく症例の講習会もして頂けたらうれしいです。
  • probeのもつ時間が長く、かつ個人的に丁寧に指導して頂けたのでよかったです。QP/QSやPV flowは今までくわしく教えてもらったことがなかったので、今後も練習していきたいと思います。
  • 見落とししない為のpointなど大変わかりやすく解説していただきました。ありがとうございました。
  • 時間があっという間にすぎていました。内容充実していたからと思います。
  • 練習が大事なことを実感した。
  • 補足など追加で説明があったのでよかったです。次回も参加したいと思いました。
  • 少人数でレベルに合わせて教えて頂きわかりやすかったです。

テキストは、コース別でハンズオンの待ち時間にイメージトレーニングできるように工夫いたしました。

腹部エコーテキスト見本

関節エコーテキスト見本