神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

センター長あいさつ

総合臨床教育センター長
児 玉 裕 三

 医師の初期研修にとって最も重要なことは何でしょうか。それは、医師としての基本を身につけて実りある第一歩を踏み出すこと、そして確固たる自身の将来への道を見つけることでしょう。神戸大学医学部附属病院は、その理念の一つに「人間性豊かな医療人の育成」を謳っており、私たち総合臨床教育センターが皆さんを全力でサポートすることを約束します。
 まず、質の高い診療なくして良い教育や研修はあり得ません。神戸大学医学部附属病院は、兵庫県唯一の国立大学病院として全ての診療科を網羅し、国内随一の医療産業都市である神戸市を背景に最先端の医療を提供しています。充実した救急医療をはじめとし、各診療科が豊富な症例数を有しており、標準的な医療から高度・先進医療まで幅広く学ぶことができるでしょう。また、診療科間の垣根が低く、複数科を跨いだカンファレンスにより、集学的な診療が経験しやすい環境であることも特徴です。
 当院の総合臨床教育センターでは専任の教員を配し、皆さんがこのような高水準の医療を経験しながら、医師として、そして医療人として大きく成長できるよう、様々な工夫を凝らした初期研修プログラムを準備しています。研修医に向けた数多くの実践的なセミナーや、先輩医師が一対一でサポートするメンタリングプログラムはこれらの一例ですが、何よりも大切なのは私たちの「伝える気持ち」と皆さんの「学ぶ気持ち」でしょう。私たちは、各診療科の医師ひとりひとりが真摯に医療に取り組む中、医師としての知識や技術のみならず、患者さんとの向かい方、チーム医療に必要なコミュニケーション、社会との関わり方、さらには医療人として常に成長する姿勢を、皆さんへ丁寧に熱意をもって伝えてゆきたいと思います。そして皆さんは、全国から集まる研修医仲間と楽しく切磋琢磨しながら、これからの長い医師人生を歩んでゆくために必要なプロフェッショナリズムを学んで欲しいと思います。各領域で活躍する多くのエキスパートから、必ずや理想の医師像、そして自身の歩むべき道を見出すことができるでしょう。私たちは、皆さんが初期研修を終え、目指すキャリア形成に向け次の一歩へ踏み出すまで、しっかりと伴走したいと思います。
 皆さん、ぜひ海と山に囲まれた街神戸で、世界へ開かれた国際都市神戸で、医師としての第一歩を踏み出し、そして将来へと羽ばたいてください。夢と好奇心に溢れた皆さんをお待ちしています。