神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

部門長・副センター長・専任教員

医師・歯科医師部門長
河野 誠司

 医師初期臨床研修の2 年間は、医師人生にとって、ハイライトのひとつ、いつまでも心に残る期間です。医師になったという手応えは、患者さんが良くなる姿を実感して得られるものであり、あなたが診療能力をこつこつと磨けば磨くほど、患者さんをよい方向に導くための基盤が形成されます。コモンな疾患をしっかり経験して対処法を学び、基本的な診療手技が安全・確実にでき、チーム医療の中で医師としての役割を果たせるようになることは、初期研修の目標の大きな部分を占めます。それと並んで、患者さんの健康回復に十分貢献できているか、もっと出来ることはないかという姿勢を身に付けることこそが、あなたを知識や技術の修得に駆り立て、あなたの医師としての成長を促す心のエンジンとなります。初期研修は、この心のエンジンが形を成し出力が鍛え上げられる期間なので、ハイライトなのです。神戸大学医学部附属病院は、①患者中心の医療の実践、②人間性豊かな医療人の育成、③先進医療の開発と推進、④地域医療連携の強化、⑤災害救急医療の拠点活動、⑥医療を通じての国際貢献を6 つの基本理念として、 医療を実践しています。神戸大学医学部初期研修プログラムは、この理念の一つ一つに基づいた医療の実践を私たち病院スタッフとともに行っていただきながら、研修医の皆さんが診療能力を磨き、たくさんのことを体験したり見聞きしたりして、一人ひとりの将来目指したい医師像が焦点を結んで明確になるお手伝いしたいと考えています。私たちは、研修医のみなさんが積極的に医療に取り組めば取り組むほど浮かんでくる疑問や課題について、自分の力で解決策を見出すにせよ、上級医の助けを借りるにせよ、解決まで持っていく志向を持った医師に育ってほしいと願っています。神戸大学医学部附属病院は、多彩で豊富な症例数、各科の充実した指導医体制に加えて、神戸大学ならではの、研修医を1 対1 でサポートするメンター制度、研修医の聞きたい・知りたい診療のコツを盛り込んだ研修医セミナーの数々、豊富なシミュレーション講習などたくさんの診療能力を磨くプログラムを用意して、研修医の皆さんにベッドサイドで発生する問題を解決する能力を高めてもらえるよう準備しております。神戸大学医学部附属病院は、あらゆる医療分野で若い医師の道しるべとなるような指導的医師を擁し、次のステップとしての後期研修・専門医プログラムへの展望も開けています。わたしたちは、総合臨床教育センターを中心として、病院全体をあげて皆さんの医師としてのキャリアのスタートをサポートします。
 日本では2020年1 月に始まったコロナ禍の中、臨床実習が十分にできず、初期研修に不安を感じている学生さんも多いと思いますが、初期研修へ真剣に取り組めばいくらでも臨床力は伸ばすことが出来ます。
 神戸大学医学部附属病院初期研修プログラムで、一緒に頑張りましょう。

 

 

副センター長
伊藤 智雄

 神戸大学研修医プログラムは、近年研修環境の整備に力をいれ、充実した研修医室などが整えられています。
自由な雰囲気のなか、楽しく、そして、時に厳しく。自らを鍛え、大学病院ならではの豊富な症例をもとに優秀な臨床医を目指しましょう。多数の関係病院、指導医があなたを待っています。自分に合ったプログラムを選び、思う存分研修を進めて下さい。我々はいつも研修医の声に耳を傾けています。多数のセミナーなど学習環境は最高です。神戸は都会ですが、六甲山と瀬戸内海に挟まれ、自然も豊かです。せっかく研修をするなら充実した住環境も重要なポイントです。神戸の地はベストの研修環境を提供します。ぜひ、飛び込んでみて下さい。

 

副センター長
木戸 正浩

 はじめまして、副センター長の木戸です。皆様の中には神戸大学で将来この科に進みたいと決めている人もいれば、この山と海に囲まれた風光明媚な神戸という環境に惹かれてきた人もいると思います。理由はどうあれ、また出身大学や出身地がどこであっても、とにかく神戸大学およびその関連施設で医師としてのスタートを切る人の多様性を重んじ、そしてサポートしたいと思っています。大学で研修を出発することには様々なメリットそしてデメリットももちろんあると思いますが、最大のメリットは同期の仲間が他の施設に比べて多く、そしてどの科に行っても頼るべき先輩に出会え、医師としての最大の武器である「人脈」を勝手に形成することができることです。大学は人間の縦と横のつながりを形成する交差点(ヒューマンスクランブル)です。ただ研修期間中は全てが順風満帆ではなく、むしろ「しんどい」ことも多いです。
 そんなときこそ我々が誇る「メンター」を頼りにして下さい。私自身、今や完全に皆様の「親父」の年齢となり、ジェネレーションギャップを激しく感じることは想像に難くないことです。しかしながら「親父」は頼りにされるとより頑張る生き物でもありますので、是非頼りにしていただけると幸いです。もちろんここには「親父」だけではなく多種多様なメンターたちが揃っております。神戸大学で研修した皆様が心から良かった思える病院にすべく縁の下の力持ちになれればと思っておりますので、よろしく御願いします。

 

副センター長
坂口 一彦

神戸大学医学部附属病院での初期研修をお考えの皆さんへ。
 世の中に数多ある研修病院の中から、どこで研修しようかお悩みのことかと思います。初期研修は生涯医者としてやっていくうえで、きわめて重要な期間です、などと聞くと、なおのこと慎重になりますよね。私自身も、初期研修が医者人生の土台をつくる期間であることは疑う余地なく、そう思います。
 しかしながら、良い入れ物(研修病院)に入ったからと言って、自動的に良い医者にしてくれるわけではありません。ましてたった2 年で医者として完成するわけでもありません。医者をする限り、修錬は生涯続くと言えると思います。
 初期研修とは生涯続く修錬の方向を決め、その方法を身に付ける期間だと思います。あいつも頑張っているから自分も頑張ろうというモチベーションを高めてくれる仲間、ロールモデルとなる先輩、いつかはああなりたいと思う師匠との出会いなど、人とのめぐりあいがその後の人生を変えることがあります。
 神戸大学医学部附属病院は研修環境、設備、システムが整っているのみならず、日本・世界をリードする臨床医、研究者、熱い情熱を持った教育者が集まっています。
 あなたが飛び込み、そして一員として全力で頑張るに値する病院だと私は確信します。

 

 

専任教員
木村 真希

 初期臨床研修医として医師としての第一歩を踏み出す皆さん。
 はじめまして。総合臨床教育センター専任教員の木村真希です。
 神戸大学医学部附属病院では、幅広い診療科のプロフェッショナルの指導により、プライマリケアを中心とした基本的臨床能力が修得でき、かつ、大学病院ならではの高度先進医療に触れられるようなプログラムを用意しています。
 初期臨床研修を大学病院で行うメリットは、手の届く範囲にあらゆる機会・情報・設備がそろっていることです。学生とは立場や責任が異なりますが、自分が勉強・経験したことを目の前の患者さんに還元できうることは素晴らしいことだと思います。自身が求め、動かなければ自らの成長にはつながりません。研修医の向上心に神戸大学医学部附属病院は全力で応えます。
 ぜひ、多くの仲間と助け合い、切磋琢磨しながら、生涯自身を支えてくれる礎を神戸で築いて下さい。総合臨床教育センターは皆さんが医師として羽ばたく次のstageにおける活躍を願っています。

 

 

専任教員
小林 成美

 循環器内科と医学教育学分野を兼任しています小林です。
 現在の医学教育では「共通の目標」のもとに、卒前6 年間と卒後2 年間をシームレスに連動させた医学教育、臨床研修を行うことが必須と言われています。「共通の目標」とは「患者さんに良い医療を提供する医師、医療を通じて社会に貢献する人材の育成」です。臨床医、研究者、医療行政に携わる者など、医学部を卒業し初期研修を終えてからの進路は人によって様々ですが、全ての人が初期研修を終えるまでに「医療人としての基礎」を形作る必要があります。学生時代、研修医時代は一瞬です。しかし、その過ごし方によって、素晴らしく成長できる時期でもあります。この時期に経験したすべてが宝物であり、その後の医師人生の基盤となります。人生の師にも出会うでしょう。限られた時間を大切に、様々なことに積極的に挑戦して、一人の人間として大きく豊かに成長してください。
 神戸大学医学部附属病院で皆さんを待っています。