神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

研修環境

学習環境

地域医療活性化センター

神戸大学医学部附属地域医療活性化センターは、神戸大学と兵庫県が一体となって、地域医療を担う医療人材の卒前から卒後に至る一貫した教育研修を担うことにより、へき地を含めた県内津々浦々の医療機関に勤務し、地域の医療充実に邁進する優れた医療者を養成することを大きなミッションとして、平成26年4月に設立しました。

地域医療活性化センター

勤務環境

院内設備

豊富な研修医向けセミナー

採用時オリエンテーション
救急講習会

一次救命処置について学ぶ「BLS・AED講習会」や、二次救命処置を学ぶ「ICLSコース(日本救急医学会認定)」、「JMECC(日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会)」、「神戸大学ISLSコース(脳卒中初期診療教育コース)」等、様々な講習会を定期的に開催しています。

※研修医はICLSもしくはJMECC、もしくはACLSの講習会受講が必修です。

CVC講習会

CVC(Central Venous Catheter:中心静脈カテーテル)の取り扱いの標準化を図るため、CVC講習会を開催しています。
※研修医はCVC講習会受講が必修です。

研修医ミーティング

総合臨床教育センターでは、研修医対象の実践的なセミナーを多数開催しています。
医師としての基本的知識に加えて、大学病院ならではの幅広い診療科・視点からのセミナーを1年にわたってプログラムしています。講師には教授から後期研修医、そして直近の先輩である2年目研修医、看護師と多岐にわたって登壇していただきます。知識を習得すると共に多くの先輩に出会い多面的な視野に触れて、自分の目指す医師像をより深みのあるものにしていただきたいと願っています。
また、この時間は研修医の交流の場であり、活発なディスカッションを歓迎するため、名称を「研修医ミーティング」としています。

 
研修医より:一般コース研修医(2020年度修了)

 研修医としての仕事の中では、学ぶべき知識や手技が数多くあり、自己学習だけではなかなか整理が難しいこともあります。また学生講義のように整理された知識を教わる機会も減ってきます。神戸大学医学部附属病院では月4 回前後、昼の時間を使って約30分間の研修医ミーティングが開催されています。
 先生方が研修医にこれだけはおさえてほしいと思っている知識や手技、日々の臨床現場で役立つ知識などを、各診療科の先生方から講義形式で教えていただけます。従来は講義室で軽食をはさみながらの対面授業でしたが、今年度はZoom配信となり、地域実習中などでもより気軽に受講できるようになりました。
 講義内容は、カルテの書き方、伝わりやすいプレゼンやコンサルトの仕方にはじまり、心電図の読み方、放射線画像の読影、輸液の調節、各科の診察や手技のやり方など定番のものから、退院支援や緩和ケアなど学生時代にはあまり触れる機会はなくとも医師として直面することの多いテーマもあります。また、毎年研修医の意見をもとに新たなテーマが加わっています。
 実際に診療に携わると、座学で勉強している時以上に疑問に思うことがたくさん出てきます。研修医ミーティングはそのような疑問の解消につながりますし、研修医としてどこまで知り、できるようになっておくべきかの確認にもなります。また、研修で選択しなかった科の最低限の知識を身につけることもできます。
 業務の合間の時間にはなりますが、研修医ミーティングへの参加は各診療科からも推奨していただいております。また、リアルタイムでの受講は逃しても、後日録画を見ることもできます。ぜひ、研修医ミーティングを活用し、研修医、さらには医師として必要な知識を身につけていってください。

外科ハンズオンセミナー

年3回開催(2020年度実績)

大リーガー医プロジェクト

神戸大学病院では、大リーガー医プロジェクトと称し、米国・日本国内から優秀な Clinicianeducator を招聘し、講演会を開催しています。

平成28年度
  • 小林 久隆 先生(米国国立がん研究所 / 米国国立衛生研究所主任研究員)
    「Near infrared photoimmunotherapy; Basis, features, applications, and Beyond」
  • Lawrence M. Tierney, Jr. 先生(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)
    「内科編」
  • 町 淳二 先生(ハワイ大学医学部外科教授)
    「急性腹症ケースカンファレンス / 研修医・若手医師を対象にしたProf. Machiのプレゼンテーションクリニック」
平成27年度
  • Meike Vernooij 先生(エラスムス大学)
    「Population Neuroimaging - experiences from the Rotterdam Study -」
  • Lawrence M. Tierney, Jr. 先生(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)
    「内科編」

メンタリングプログラム

平成29年度よりメンタリングプログラムを導入しました。研修医一人ひとりを経験豊かな先輩ドクター(メンター)が1対1で担当し、研修やキャリアなどなんでも相談にのります。
診療科長の推薦を受けた50名を超えるメンターから、研修医が自分のメンターを選びます。一般コース1年目研修医は全員がこのプログラムに参加し、それ以外の研修医は希望に応じていつでも参加できます。

神戸大学病院メンタリングプログラム