神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

プログラム紹介(歯科)

1.プログラムの名称

神戸大学歯科口腔外科卒後臨床研修プログラム    12名

2.研修プログラム

○プログラムの目的と特徴

本プログラムは口腔外科や全身管理を含めた総合的な歯科診療能力を身につけることを目的とする。 神戸大学病院において1年間研修を行うプログラムで、口腔外科を中心とした研修に特に力を入れており、将来口腔外科専門医を目指すものにとって最適のプログラムである。また、本プログラムでは、研修協力施設である加古川歯科保健センターで障害者診療を、介護老人保健施設加古川白寿苑で訪問歯科診療を、短期間ではあるが見学できるようになっている。

○施設

○指導体制

研修医は、指導歯科医の指導の下で、指導歯科医以外の歯科医(いわゆる上級歯科医)とともに診療チームを形成して研修を行う。 プログラム責任者は、指導歯科医と密接な連携をとり研修歯科医のプログラム進行状況を把握し、適切なアドバイス(相談)を行う。指導歯科医は、担当する分野における研修期間中に研修目標が達成されるよう計画的な指導を行う。また、円滑な研修を遂行するために研修協力施設とも連携し、次のような系統だったサポートを行っている。

1.研修管理委員会

プログラムの管理・調整、研修医の募集・採用、研修施設割振、研修成果の評価等を行う。なお、本委員会には、本院プログラムに所属する研修歯科医を受入れている研修協力施設の研修実施責任者が加わり、各施設相互間の緊密な連携体制を確保する。

2.プログラム責任者

全研修期間を通じて、個々の研修歯科医の指導・管理を行う。

○歯科指導医

神戸大学医学部附属病院

明石昌也教授平成16年卒 
医学博士

国際口腔顎顔面外科専門医
日本口腔外科学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・指導責任者(歯科口腔外科)

長谷川巧実講師平成17年卒 
医学博士

日本口腔外科学会専門医・指導医
日本顎顔面インプラント学会指導医
日本口腔科学会認定医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・指導責任者(歯科口腔外科)
日本口腔腫瘍学会口腔がん専門医・暫定口腔がん指導医

木本明助教平成17年卒 
医学博士
日本口腔外科学会専門医・指導医
日本レーザー歯学会専門医・指導医
日本口腔科学会認定医・指導医
日本障害者歯科学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)
榊原晶子助教平成17年卒 

医学博士

日本口腔外科学会専門医・指導医
日本口腔科学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)
日本障害者歯科学会認定医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定歯科医師
インフェクションコントロールドクター(ICD)
楠元順哉特定助教平成19年卒
医学博士

日本口腔外科学会認定医・専門医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定歯科医師
インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)

筧 康正助教

平成22年卒

医学博士

日本口腔外科学会認定医・専門医
日本顎顔面インプラント学会専門医
日本レーザー歯学会専門医
日本外傷歯学会認定医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)
日本障害者歯科学会認定医
日本口腔科学会認定医
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定歯科医師
日本臨床試験学会GCPパスポート
日本救急医学会 ICLSインストラクター
武田大介助教

平成22年卒

医学博士

日本口腔外科学会認定医・専門医
日本口腔科学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)

研修プログラム

A.歯科医師としての基本的価値観(プロフェッショナリズム)
 1. 社会的使命と公衆衛生への寄与
 【到達目標】社会的使命を自覚し、説明責任を果たしつつ、社会の変遷に配慮した公正な医療の提供及び

       公衆衛生の向上に努める。 

 2. 利他的な態度
 【到達目標】患者の苦痛や不安の軽減と福利の向上を最優先するとともにQOLに配慮し、患者の価値観や

       自己決定権を尊重する。

 3. 人間性の尊重
 【到達目標】患者や家族の多様な価値観、感情、知識に配慮し、尊敬の念と思いやりの心を持って

       接する。

 4. 自らを高める姿勢
 【到達目標】自らの言動及び医療の内容を省察し、常に資質・能力の向上に努める。

 

B.資質・能力
 1. 医学・医療における倫理性
 【到達目標】診療、研究、教育に関する倫理的な問題を認識し、適切に行動する。

 2. 歯科医療の質と安全の管理
 【到達目標】患者にとって良質かつ安全な医療を提供し、医療従事者の安全性にも配慮する。

 3. 医学知識と問題対応能力
 【到達目標】最新の医学及び医療に関する知識を獲得し、自らが直面する診療上の問題に

       ついて、科学的根拠に経験を加味して解決を図る。

 4. 診療技能と患者ケア
 【到達目標】臨床技能を磨き、患者の苦痛や不安、考え・意向に配慮した診療を行う。

 5. コミュニケーション能力
 【到達目標】患者の心理・社会的背景を踏まえて、患者や家族と良好な関係性を築く。

 6. チーム医療の実践
 【到達目標】医療従事者をはじめ、患者や家族に関わる全ての人々の役割を理解し、

       連携を図る。

 7. 社会における歯科医療の実践
 【到達目標】医療の持つ社会的側面の重要性を踏まえ、各種医療制度・システムを

       理解し、地域社会に貢献する。
 〖行動目標〗
  (1)歯科医療機関の経営管理を説明する。
  (2)常に、必要に応じて医療情報の収集を行う。
  (3)適切な放射線管理を実践する。
  (4)医療廃棄物を適切に処理する。

 8. 科学的探究
 【到達目標】医学及び医療における科学的アプローチを理解し、学術活動を通じて、

       医学及び医療の発展に寄与する。
 〖行動目標〗
  (1)専門的な分野の情報を収集する。
  (2)専門的な分野を体験する。
  (3)POS(Problem Oriented System)に基づいた医療を説明する。
  (4)EBM(Evidence Based Medicine)に基づいた医療を説明する。

 9. 生涯にわたって共に学ぶ姿勢
 【到達目標】医療の質の向上のために省察し、他の歯科医師・医療者と共に

       研鑽しながら、後進の育成にも携わり、生涯にわたって自律的に学び続ける。
 〖行動目標〗
  (1)症例呈示と討論を実践する。
  (2)学会や研究会の発表資料作成の補助を行うことでデータのまとめ方や

   文献の集め方を学ぶ。
  (3)臨床症例に関するカンファレンスや学術集会に参加する。
 ≪必要な症例数≫
  2症例について上記行動目標(1)を達成する。
 ≪研修歯科医の指導体制≫
  指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は

  指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)
 ≪修了判定の評価基準≫
  研修歯科医が上記行動目標(2)、(3)を実践できたかを指導歯科医か上級歯科医が

  評価し、達成できていると判断したうえで、研修歯科医は2症例について

  パワーポイントで症例報告のスライドを作成して医局会で発表、討論し、

  指導歯科医・上級歯科医が行動目標(1)を達成できていると判断すれば修了と判定する。

 

C.基本的診療業務
 1. 基本的診療能力等
 (1)基本的診察・検査・診断・診療計画
  【到達目標】
  ①患者の心理的・社会的背景を考慮した上で、適切に医療面接を実施する。

  〖行動目標〗
   (1)コミュニケーション・スキルを実践する。
   (2)病歴(主訴、現病歴、既往歴、家族歴)聴取を的確に行う。
   (3)病歴を正確に記録する。
   (4)患者の心理・社会的背景に配慮する。
   (5)患者・家族に必要な情報を十分に提供する。
   (6)患者の自己決定を尊重する。(インフォームドコンセントの構築)
   (7)患者のプライバシーを守る。
   (8)患者の心身におけるQOL(Quality Of Life)に配慮する。
   (9)患者教育と治療への動機付けを行う。

  ≪必要な症例数≫
   1症例について上記行動目標(1)~(9)を達成する。

  ≪研修歯科医の指導体制≫
   指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は

   指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

  ≪修了判定の評価基準≫
   指導歯科医か上級歯科医が1症例について行動目標(1)~(9)を達成できていると

   判断すれば修了と判定する。

  【到達目標】
  ②全身状態を考慮した上で、顎顔面及び口腔内の基本的な診察を実施し、診察所見を

   解釈する。
  ③診察所見に応じた適切な検査を選択、実施し、検査結果を解釈する。
  ④病歴聴取、診察所見及び検査結果に基づいて歯科疾患の診断を行う。
  ⑤診断結果に基づき、患者の状況・状態を総合的に考慮した上で、考え得る

   様々な一口腔単位の診療計画を検討し、立案する。
  ⑥必要な情報を整理した上で、わかりやすい言葉で十分な説明を行い、患者及び家族の

   意思決定を確認する。
   〖行動目標〗
    (1)適切で十分な医療情報を収集する。
    (2)基本的な診査(基本的な検査を含む)を実践する。
    (3)基本的な診査の所見を判断する。
    (4)得られた情報から診断する。
    (5)適切と思われる治療法および別の選択肢を提示する。
    (6)十分な説明による患者の自己決定を確認する。
    (7)一口腔単位の治療計画を作成する。
   ≪必要な症例数≫
    1症例について上記行動目標(1)~(7)を達成する。
   ≪研修歯科医の指導体制≫
    指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・

    上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)
   ≪修了判定の評価基準≫
    指導歯科医か上級歯科医が1症例について行動目標(1)~(7)を達成できていると

    判断すれば修了と判定する。


 (2)基本的臨床技能等
  【到達目標】
  ①歯科疾患を予防するための口腔衛生指導、基本的な手技を実践する。
   〖行動目標〗
    (1)基本的な予防法の手技を実施する。
    (2)基本的な治療法の手技を実施する。
    (3)医療記録を適切に作成する。
    (4)医療記録を適切に管理する。
   ≪必要な症例数≫
    1症例について上記行動目標(1)~(4)を達成する。
   ≪研修歯科医の指導体制≫
    指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は

    指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)
   ≪修了判定の評価基準≫
    指導歯科医か上級歯科医が1症例について行動目標(1)~(4)を達成できていると

    判断すれば修了と判定する。

  ②一般的な歯科疾患に対応するために必要となる基本的な治療及び管理を実践する。
   a. 歯の硬組織疾患
   b. 歯髄疾患
   c. 歯周病
   d. 口腔外科疾患
   e. 歯質と歯の欠損
   f. 口腔機能の発達不全、口腔機能の低下
   〖行動目標〗
    (1)う蝕の基本的な治療を実践する。
    (2)歯髄疾患の基本的な治療を実践する。
    (3)歯周疾患の基本的な治療を実践する。
    (4)歯冠補綴の基本的な治療を実践する。
    (5)有床義歯の基本的な治療を実践する。
    (6)抜歯の基本的な処置を実践する。
    (7)咬合・咀嚼障害の基本的な治療を実践する。
    (8)埋伏智歯抜歯を的確に実施する。
    (9)顎間固定を的確に実施する。
    (10)顎関節症の診断と保存的治療を的確に実施する。
    (11)全身麻酔下手術の介助を的確に実施する。
   ≪必要な症例数≫
    上記行動目標(1)~(11)についてそれぞれ1症例。
   ≪研修歯科医の指導体制≫
    指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は

    指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)
   ≪修了判定の評価基準≫
    研修歯科医は、上記行動目標(1)歯冠修復、(2)歯内治療、(4)歯冠補綴、(5)有床義歯、

    (6)普通抜歯、(8)埋伏智歯抜歯、(10)顎関節症についてそれぞれ症例レポート(1例)を

    作成して指導歯科医か上級歯科医に提出し、行動目標が達成できていると判断すれば

    修了と判定する。ただし、最低1症例以上を経験していることが必要で、合計7症例に

    ついて症例レポートを作成する。なお、(3)、(7)、(9)、(11)については行動目標が

    達成できていると判断すれば修了と判定する。

  ③基本的な応急処置を実践する。
  〖行動目標〗
   (1)疼痛に対する基本的な治療を実践する。
   (2)歯、口腔および顎顔面の外傷に対する基本的な治療を実践する。
   (3)修復物、補綴装置等の脱離と破損および不適合に対する適切な処置を実践する。
  ≪必要な症例数≫
   1症例について上記行動目標(1)~(3)を達成する。
  ≪研修歯科医の指導体制≫
   指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は

   指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)
  ≪修了判定の評価基準≫
   指導歯科医か上級歯科医が1症例について行動目標(1)~(3)を達成できていると

   判断すれば修了と判定する。

  ④歯科診療を安全に行うために必要なバイタルサインを観察し、全身状態を評価する。
  〖行動目標〗
   (1)バイタルサインを観察し、異常を評価する。
   (2)服用薬剤の歯科診療に関連する副作用を説明する。
   (3)全身疾患の歯科診療上のリスクを説明する。
   (4)歯科診療時の全身的合併症への対処法を説明する。
   (5)一次救命処置(Basic Life Support: BLS)を実践する。
   (6)二次救命処置(Advanced Cardiovascular Life Support: ACLS)を説明する。
  ≪必要な症例数≫
   1症例について上記行動目標(1)~(6)を達成する。
  ≪研修歯科医の指導体制≫
   指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は

   指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)
  ≪修了判定の評価基準≫
   指導歯科医か上級歯科医が1症例について行動目標(1)~(6)を達成できていると

   判断すれば修了と判定する。

  ⑤診療に関する記録や文書(診療録、処方箋、歯科技工指示書等)を作成する。
  〖行動目標〗
   神戸大学医学部附属病院診療録記載マニュアルに則り、遅滞なく記録を作成する。
  ≪研修歯科医の指導体制≫
   曜日ごとに割り当てられた指導歯科医・上級歯科医が研修医カルテを確認する。

  ⑥医療事故の予防に関する基本的な対策について理解し、実践する。
  〖行動目標〗
   (1)医療安全対策を説明する。
   (2)アクシデントおよびインシデントを説明する。
   (3)医療過誤について説明する。
   (4)院内感染対策(スタンダードプリコーションを含む)を説明する。
   (5)院内感染対策を実践する。
  ≪必要な症例数≫
   1症例について上記行動目標(1)~(5)を達成する。
  ≪研修歯科医の指導体制≫
   指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は

   指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)
  ≪修了判定の評価基準≫
   研修歯科医が上記行動目標(1)~(4)について指導歯科医か上級歯科医に説明し、

   理解できていると判断したうえで、1症例について行動目標(5)を達成できていると

   判断すれば修了と判定する。


 (3)患者管理
  【到達目標】
  ①歯科治療上問題となる全身的な疾患、服用薬剤等について説明する。
  ②患者の医療情報等について、必要に応じて主治の医師等と診療情報を共有する。
  ③全身状態に配慮が必要な患者に対し、歯科治療中にバイタルサインの

   モニタリングを行う。
  ④歯科診療時の主な併発症や偶発症への基本的な対応法を実践する。
  〖行動目標〗
   (1)血液検査所見を的確に評価する。
   (2)心電図所見を的確に評価する。
   (3)静脈確保を確実に実施する。
   (4)全身疾患を有する患者に対して歯科治療を行う際に、的確な全身管理を実施する。
   (5)他科医師に的確に対診を行う。
  ≪必要な症例数≫
   1症例について上記行動目標(1)~(5)を達成する。
  ≪研修歯科医の指導体制≫
   指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は

   指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)
  ≪修了判定の評価基準≫
   指導歯科医か上級歯科医が1症例について行動目標(1)~(5)を達成できていると

   判断すれば修了と判定する。
  ⑤入院患者に対し、患者の状態に応じた基本的な術前・術後管理及び療養上の管理を

   実践する。
  〖行動目標〗
   (1)リコールシステムの重要性を説明する。
   (2)治療の効果を評価する。
   (3)予後を推測する。
  ≪必要な症例数≫
   1症例について上記行動目標(2)、(3)を達成する。
  ≪研修歯科医の指導体制≫
   指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は

   指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)
  ≪修了判定の評価基準≫
   研修歯科医が上記行動目標(1)について指導歯科医か上級歯科医に説明し、

   理解できていると判断したうえで、1症例について行動目標(2)、(3)を

   達成できていると判断すれば修了と判定する。


 (4)患者の状態に応じた歯科医療の提供
  【到達目標】
  ①妊娠期、乳幼児期、学齢期、成人期、高齢期の患者に対し、各ライフステージに

   応じた歯科疾患の基本的な予防管理、口腔機能管理につい て理解し、実践する。
  ②各ライフステージ及び全身状態に応じた歯科医療を実践する。

 2. 歯科医療に関連する連携と制度の理解等
 (1)歯科専門職間の連携
  【到達目標】
  ①歯科衛生士の役割を理解し、予防処置や口腔衛生管理等の際に連携を図る。
  ②歯科技工士の役割を理解し、適切に歯科技工指示書を作成するとともに、

   必要に応じて連携を図る。
  ③多職種によるチーム医療について、その目的、各職種の役割を理解した上で、

   歯科専門職の役割を理解し、説明する。

 (2)多職種連携、地域医療
  【到達目標】
  ①地域包括ケアシステムについて理解し、説明する。
  ②地域包括ケアシステムにおける歯科医療の役割を説明する。
  ③がん患者等の周術期等口腔機能管理において、その目的及び各専門職の役割を

   理解した上で、多職種によるチーム医療に参加し、基本的な口腔機能管理を経験する。
  ④歯科専門職が関与する多職種チーム(例えば栄養サポートチーム、摂食嚥下

   リハビリテーションチーム、口腔ケアチーム等)について、その目的及び

   各専門職の役割を理解した上で、チーム医療に参加し、関係者と連携する。
  ⑤入院患者の入退院時における多職種支援について理解し、参加する。

 (3)地域保健
  【到達目標】
  ①地域の保健・福祉の関係機関、関係職種を理解し、説明する。
  ②保健所等における地域歯科保健活動を理解し、説明する。

 (4)歯科医療提供に関連する制度の理解
  【到達目標】
  ①医療法や歯科医師法をはじめとする医療に関する法規及び関連する制度の目的と

   仕組みを理解し、説明する。
  ②医療保険制度を理解し、適切な保険診療を実践する。
  ③介護保険制度の目的と仕組みを理解し、説明する。
  〖行動目標〗
   (1)保険診療を実践する。
   (2)チーム医療を実践する。
   (3)地域医療に参画する。
  ≪必要な症例数≫
   1症例について上記行動目標(1)~(3)を達成する。
  ≪研修歯科医の指導体制≫
   指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は

   指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)
  ≪修了判定の評価基準≫
   指導歯科医か上級歯科医が1症例について行動目標(1)~(3)を達成できていると

   判断すれば修了と判定する。

 

 

※なお、研修協力施設における研修について、下記の通りに別途到達目標と

 行動目標を設定する。
1)加古川歯科保健センター
 【到達目標】
 障害を有する患者への対応を理解する。
 〖行動目標〗
  (1)脳性麻痺、発達遅滞、自閉症、ダウン症などの先天性障害について理解する。
  (2)知的障害者に歯科治療を行う際の行動管理法の種類やその適応について説明する。
  (3)障害者歯科治療を見学する。
 ≪必要な症例数≫
  上記行動目標(3)を達成する。
 ≪研修歯科医の指導体制≫
  指導歯科医・上級歯科医が行う障害者歯科治療を見学する、または診療補助を行う。
 ≪修了判定の評価基準≫
  研修歯科医が上記行動目標(1)について指導歯科医か上級歯科医にレポートを提出し、

  (2)について指導歯科医か上級歯科医に説明し、それぞれ理解できていると判断した

  うえで、障害者歯科診療を見学した内容をレポートにして指導歯科医か上級歯科医に

  提出し、行動目標(3)を達成できていると判断すれば修了と判定する。

2)介護老人保健施設加古川白寿苑
 【到達目標】
 在宅療養患者等に対する訪問歯科診療を理解する。
 〖行動目標〗
  (1)地域歯科保健活動を説明する。
  (2)歯科訪問診療を説明する。
  (3)歯科訪問診療を見学する。
  (4)医療連携を説明する。
 ≪必要な症例数≫
  上記行動目標(3)を達成する。
 ≪研修歯科医の指導体制≫
  指導歯科医・上級歯科医が行う歯科訪問診療を見学する、または診療補助を行う。
 ≪修了判定の評価基準≫
  研修歯科医が上記行動目標(1)、(2)、(4)について指導歯科医か上級歯科医に説明し、

  理解できていると判断したうえで、歯科訪問診療を見学した内容をレポートにして

  指導歯科医か上級歯科医に提出し、行動目標(3)を達成できていると判断すれば

  修了と判定する。

 

プログラム修了後の進路

1)医員(もしくは専攻医)採用:
 神戸大学病院もしくは関連施設で医員(非常勤医師)(もしくは専攻医)として採用され、

 勤務する。規定により給与が支給される。定員は若干名。
2)大学院進学:
 神戸大学大学院医学研究科(博士課程4年間)に進学する。入学試験があり、授業料が必要。

 定員は若干名。

 

研修環境

○学習環境

○アメニティ

研修医の処遇

1.職名医員(研修医)  国立大学法人神戸大学非常勤職員就業規則を適用
2.勤務時間週40時間勤務  8時30分~17時15分
3.休日土曜日・日曜日及び法令に規定された休日(年末年始を含む)
4.休暇年次休暇:採用時に3日、採用から6ヶ月経過後に7日 ワークライフバランス休暇:3日間
5.宿直あり
6.給与日給額(勤務8時間につき) 10.000円
このほか、本学規定により臨床研修手当(月額100.000円)、通勤手当を支給。
なお、臨床研修手当には、特殊勤務手当、超過勤務手当、休日及び夜勤手当並びに宿日直手当を含む。 (住居手当、扶養手当、退職手当及び賞与の支給はなし)
前年度実績:月額約30万円(税・手当込)
7.宿舎なし(大学生協から斡旋を受けることが可能)
8.保険・年金健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険適用あり
9.医師賠償
責任保険
大学病院において加入
10.学会参加
補助
学会で発表する場合については、旅費(上限あり)及び学会参加費を支給。
11.食事職員食堂あり(有料)

*処遇は2021年1月1日現在における本学規定による

*注 意
本院では研修歯科医のアルバイトを禁じている。
本院の指導に反してアルバイトを行った場合には、研修延長等の厳正な指導が行われる。