現在位置はトップページの中の受診される方への中の患者教室のお知らせ

受診される方へ

患者教室一覧(選択した患者教室の項目にページ内リンクします)
リウマチ教室がん患者さん・ご家族向け勉強会禁煙教室マタニティ講座

患者教室のお知らせ

神戸大学医学部附属病院では、医師、看護師、助産師などのスタッフによる患者教室を開いています。 病気や妊娠・出産についての知識を深め、不安を取り除いて前向きに生活を送るためのアドバイスをいたします。 本院に通院中の患者さんやご家族でなくても参加できる教室もありますので、お気軽にお問い合わせください。

リウマチ教室

整形外科リウマチ診療部門では、リウマチ患者さんとご家族に、関節リウマチについての理解を深め、より良い療養を行って頂くために、また、患者さん同士、患者さんとご家族と医療従事者の交流を目的として、2003年よりリウマチ教室を開催しています。

2005年からは、毎月最終木曜日の午後1時から2時まで、定期的に開催しております(祝日、年末を除く)。

講演のあとに、懇談の時間を設けております。予約は不要ですので、本院に通院中の患者さんやご家族以外の方も、お気軽にご参加ください。

また、2004年11月から、「神戸大学整形外科リウマチだより」を毎月発行して、リウマチ教室に参加できない方にも、リウマチの療養についての情報をお知らせしております。整形外科外来中待合い及びリウマチセンターのラックに置いておりますので、ご自由にお持ち帰り下さい。

日時:2016年11月24日(木) 午後1時-2時
会場:神緑会館1階多目的ホール
演題:「冬を元気に過ごすために」
講師・司会:三浦 靖史 准教授

12月は年末につきリウマチ教室はお休みです。

日時:2017年1月26日(木) 午後1時-2時
会場:神緑会館1階多目的ホール
演題:「2017年リウマチ治療今年の展望」
講師・司会:三浦 靖史 准教授

日時:2017年2月23日(木) 午後1時-2時
会場:神緑会館1階多目的ホール
演題:「若いリウマチ患者さんへ、就職、結婚、妊娠や出産、育児のお話」
講師・司会:三浦 靖史 准教授

教室についてのお問い合わせ先

神戸大学病院 整形外科外来

TEL 078-382-5111(内線6930)

このページのトップへ戻る

がん患者さん・ご家族向け勉強会

腫瘍センターがん相談室では、がんの治療中・療養中の方とご家族を対象に、治療や療養生活に関する正しい知識や情報を得られる場として、がん患者さん・ご家族向け勉強会を2014年より奇数月に開催しております。

治療や療養生活について学べる講義約40分の後、講義の内容に関する質疑応答の時間も設けています。各回、下記申し込み先に電話又はメールにてお申し込み下さい。

2016年度は、がん患者さん・ご家族向け勉強会の後の14時30分〜15時30分にがん患者サロンも開催しております。サロンでは、患者さん主体の、患者さん同士の交流の場として、お茶を飲みながらゆっくりと自由に語り合っております。こちらは申し込み不要です。お気軽にご参加下さい。

勉強会、サロンどちらかのみのご参加も可能です。

日 時:2016年5月12日(木) 13時30分〜14時30分
場 所:神緑会館 研修室
テーマ:「がんとこころ〜病気との付き合い方」
概 要:病気になって心に起こる反応や気持ちの持ち方など、病気との付き合い方についてお話します。
講 師:臨床心理士

日 時:2016年7月7日(木) 13時30分〜14時30分
場 所:第一病棟2階 共通カンファレンスルーム
テーマ:「治療に伴う外見の変化のケア〜髪の毛や眉毛の脱毛、肌や爪の変色に備えて〜」
概 要:治療による髪の毛や眉毛の脱毛、肌や爪の変色に備えて、すぐに使える役立つケア情報をお伝えします。ウィッグなど男性用の見本もあり、試着もできます。
講 師:当院アピアランスケアチーム

日 時:2016年9月1日(木) 13時30分〜14時30分
場 所:第一病棟2階 共通カンファレンスルーム
テーマ:「食事・栄養」
概 要:「がんの治療中の食事って何を食べたらいい?」「どんな栄養を摂ったらいい?」と気になる方に、がん患者さんの食事・栄養についてお話します。
講 師:管理栄養士

日 時:2016年11月10日(木) 13時30分〜14時30分
場 所:第一病棟2階 共通カンファレンスルーム
テーマ:「がん患者さんのリハビリテーション」
概 要:「治療していても体力維持できる?」と気になる方に、体の動かし方、家でできる運動について、実演を交えてお話します。
講 師:理学療法士

日 時:2017年1月19日(木) 13時30分〜14時30分
場 所:第一病棟2階 共通カンファレンスルーム
テーマ:「内服抗がん剤の副作用と自己管理」
概 要:内服抗がん剤の副作用全般、特に手足の皮膚障害への役立つケア情報をお伝えします。
講 師:がん化学療法看護認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師

日 時:2017年3月2日(木) 13時30分〜14時30分
場 所:第一病棟2階 共通カンファレンスルーム
テーマ:「がんの治療と感染」
概 要:抗がん剤治療による白血球減少時の発熱への対応、抗がん剤治療中の生活(食事や外出など)で気をつけることなど、治療中の感染についてわかりやすくお話します。
講 師:腫瘍・血液内科医師

がん患者さん・ご家族向け勉強会の申し込み・お問い合わせ先

神戸大学医学部附属病院 腫瘍センター がん相談室

TEL 078-382-5830

E−mail soukikak-cancer@med.kobe-u.ac.jp

このページのトップへ戻る

禁煙教室

禁煙イメージ

健康への関心が高まるなか、タバコの有害性や周囲の人に与える健康被害、さらには環境問題などが認識されるようになってきました。受動喫煙対策として、禁煙スペースは拡大しています。

神戸大学医学部附属病院では禁煙対策を平成11年より行っており、皆様のご理解とご協力を頂いて、平成16年2月より全面禁煙(敷地内禁煙)を行っております。皆様のご協力に感謝致します。

とはいえ、喫煙習慣はなかなかやめることが難しいものです。コーヒーやお茶などの嗜好品とは異なり、喫煙者の皆様がタバコを吸い続ける理由は、実はニコチン依存という薬物依存によるものです。

これからは、自分の健康は自分で管理する時代になってきました。喫煙は「病気の原因の中で予防できる最大かつ単一の原因」(WHO)です。ニコチン依存からの脱出は、禁煙しようという決意と一時的な禁煙補助薬の使用で達成可能です。これから禁煙しようと思っている方、禁煙を薦められた方、まだやめようとも思っておられない方、皆様とともに考え、禁煙を、「煙のない世界」を達成しませんか。

禁煙教室 第2, 4週金曜日14:30より

内科外来:078-382-5111(代)にて予約(無料)

禁煙外来:禁煙教室終了後(保険診療可)

担当:呼吸器内科 西村善博、梅澤佳乃子、禁煙外来担当看護師

このページのトップへ戻る

マタニティ講座

マタニティ教室の様子

本院で出産される方を対象にグループでのマタニティ講座を開催しています。

生涯に数回の貴重な出産体験を、受け身ではなく主体的に臨みたいと願う妊婦さんが多くなりました。情報社会の中では、妊娠・出産の知識は普及してきていますが、主体的に自信を持って出産準備を整えていくためには、アドバイスや確認が重要です。

本院では、小グループ制で“仲間づくり”を目的とした楽しいマタニティ講座を行っています。予定日の近い妊婦さんたち4〜5名を1グループとした予約制で1クールすべてに出席可能な人を対象としています。担当助産師も同じグループを1クール担当します。妊婦さんとの信頼関係もでき、グループメンバーはそれぞれ同じ時期に出産を控えて気心も知れ、楽しい会話も弾み、お互い励まし合える有意義な会となっています。

内容
  • 妊娠中の食生活
  • 妊娠中からの“おっぱい”の手入れ法
  • 分娩経過と呼吸法の練習
  • 入院の時期判断と入院準備物品
  • 総合周産期母子医療センター内の案内

このページのトップへ戻る