現在位置はトップページの中の受診される方への中の診療のご案内の中の先進医療について

受診される方へ

先進医療について

本院では、下表の先進医療を実施しています。詳細は直接実施している診療科にお尋ね下さい。

なお、「先進医療にかかる費用」は全額自己負担になりますが、「先進医療にかかる費用」以外の通常の治療と共通する部分(診察、投薬、検査、入院費等)の費用は公的医療保険(健康保険)が適用され、この部分については高額療養費制度の対象になります。

先進医療(厚生労働省の承認を受けたもの)(令和2年7月1日現在)

抗悪性腫瘍剤治療における薬剤耐性遺伝子検査

適応症:悪性脳腫瘍

実施している診療科:脳神経外科

患者負担額:1回につき54,900円

リツキシマブ点滴注射後におけるミコフェノール酸モフェチル経口投与による寛解維持療法

適応症:特発性ネフローゼ症候群(当該疾病の症状が発症した時点における年齢が十八歳未満の患者に係るものであって、難治性頻回再発型又はステロ イド依存性のものに限る。)

実施している診療科:小児科

患者負担額:1連につき46,400円(患者様の受付は終了しています。)

周術期カルペリチド静脈内投与による再発抑制療法

適応症:非小細胞肺がん(CT撮影により非浸潤がんと診断されたものを除く。)

実施している診療科:呼吸器外科

患者負担額:1回につき1,610円

術前のS-1内服投与、シスプラチン静脈内投与及びトラスツズマブ静脈内投与の併用療法

適応症:切除が可能な高度リンパ節転移を伴う胃がん(HER2が陽性のものに限る。)

実施している診療科:食道胃腸外科

患者負担額:1連につき22,934円

テモゾロミド用量強化療法

適応症:膠芽腫

実施している診療科:脳神経外科

患者負担額:1回につき1,943円

陽子線治療 【外科的治療を実施する施設】

適応症:根治切除が可能な肝細胞がん(初発のものであり、単独で発生したものであって、その長径が三センチメートルを超え、かつ、十二センチメートル未満のものに限る。)

実施している診療科:肝胆膵外科

先進医療料:当院は保険診療として行う外科的治療のみを実施する

マルチプレックス遺伝子パネル検査

適応症:難治性固形がん(ステージがV期若しくはW期で手術が不能なもの又は治療後に再発したものであって、治療法が存在しないもの又は従来の治療法が終了しているもの若しくは従来の治療法が終了予定のものに限り、肉腫を除く。)

実施している診療科:循環器内科、腫瘍・血液内科、病理部及び病理診断科

患者負担額:1回につき248,777円(患者様の受付は終了しています。)

このページのトップへ戻る