現在位置はトップページの中の受診される方への中の診療のご案内の中の先進医療について

受診される方へ

先進医療について

本院では、下表の先進医療を実施しています。詳細については、実施している診療科に直接お尋ねください。

なお、「先進医療にかかる費用」は全額自己負担となりますが、「先進医療にかかる費用」以外の通常の治療と共通する部分(診察、投薬、検査、入院費等)の費用は公的医療保険(健康保険)が適用され、この部分については高額療養費制度の対象となります。

先進医療(厚生労働省の承認を受けたもの)(平成30年1月1日現在)

家族性アルツハイマー病の遺伝子診断

適応症:家族性アルツハイマー病

実施している診療科:精神科神経科

先進医療料:1回につき62,400円

抗悪性腫瘍剤治療における薬剤耐性遺伝子検査

適応症:悪性脳腫瘍

実施している診療科:脳神経外科

先進医療料:1回につき54,900円

急性リンパ性白血病細胞の免疫遺伝子再構成を利用した定量的PCR法による骨髄微小残存病変(MRD)量の測定

適応症:急性T細胞性リンパ性白血病、急性B細胞性リンパ性白血病

実施している診療科:小児科

先進医療料:1回につき93,000円

前眼部三次元画像解析

適応症:緑内障、角膜ジストロフィー、角膜白斑、角膜変性、水泡性角膜症、角膜不正乱視、円錐角膜、水晶体疾患、角膜移植術後に係るもの

実施している診療科:眼科

先進医療料:1回につき3,000円

リツキシマブ点滴注射後におけるミコフェノール酸モフェチル経口投与による寛解維持療法

適応症:特発性ネフローゼ症候群(当該疾病の症状が発症した時点における年齢が十八歳未満の患者に係るものであって、難治性頻回再発型又はステロ イド依存性のものに限る。)

実施している診療科:小児科

先進医療料:1連につき46,400円

ベペルミノゲンペルプラスミドによる血管新生療法(患者様の受付は終了しています。)

適応症:閉塞性動脈硬化症又はビュルガー病(血行再建術及び血管内治療が困難なものであって、フォンタン分類III度又はIV度のものに限る。)

実施している診療科:循環器内科

先進医療料:患者負担0円

放射線照射前に大量メトトレキサート療法を行った後のテモゾロミド内服投与及び放射線治療の併用療法並びにテモゾロミド内服投与の維持療法

適応症:初発の中枢神経系原発悪性リンパ腫 (病理学的見地からびまん性大細胞型B細胞リンパ腫であると確認されたものであって、原発部位が大脳、小脳又は脳幹であるものに限る。)

実施している診療科:脳神経外科

先進医療料:1回につき84,156円

周術期カルペリチド静脈内投与による再発抑制療法

適応症:非小細胞肺がん(CT撮影により非浸潤がんと診断されたものを除く。)

実施している診療科:呼吸器外科

先進医療料:1回につき1,610円

術前のS-1内服投与、シスプラチン静脈内投与及びトラスツズマブ静脈内投与の併用療法

適応症:切除が可能な高度リンパ節転移を伴う胃がん(HER2が陽性のものに限る。)

実施している診療科:食道胃腸外科

先進医療料:1連につき22,934円

自己心膜及び弁形成リングを用いた僧帽弁置換術

適応症:僧帽弁閉鎖不全症(感染性心内膜炎により僧帽弁両尖が破壊されているもの又は僧帽弁形成術を実施した日から起算して六ヶ月以上経過した患者(再手術の適応が認められる患者に限る。)に係るものに限る。)

実施している診療科:心臓血管外科

先進医療料:1連につき440,132円

テモゾロミド用量強化療法

適応症:膠芽腫

実施している診療科:脳神経外科

先進医療料:1回につき1,943円

多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術

適応症:白内障

実施している診療科:眼科

先進医療料:1回につき309,532円

このページのトップへ戻る