受診される方へ

診療科目

内科

総合内科
総合内科では、年齢に関わらず、単一の臓器別診療科では対応が困難な、複数の疾患を合わせもつ患者さんに対して、内科総合的な診療を行っています。外来、入院を問わず、他科、患者支援センター等と合同で患者さんを中心にした全人的な医療を心がけています。
循環器内科
循環器内科では、冠動脈の病気(狭心症、心筋梗塞)、心筋の病気(心筋症、心不全)、不整脈、弁の病気(弁膜症)、先天性心疾患、血管の病気(動脈硬化症、大動脈瘤、静脈血栓症)、血圧の異常(高血圧、低血圧、失神)、肺の血管病(肺高血圧症、肺塞栓症)などの診療を行っています。特に狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患に対しては、外来において最新のCTやD-SPECTによる診断を取り入れ、入院では光干渉断層映像法(OCT)により精密な冠動脈の評価を行うことができるようになりました。治療面では、経皮的冠動脈形成術・ステント留置術(PCI)やローターブレーター、さらにエキシマレーザー治療を行っています。また、救急対応に関しては、24時間体制の冠動脈疾患治療部(CCU)にて集中治療を行っています。不整脈に対しては心臓内の電気現象を3次元的に解析する最新の方法を用いながら、心房粗動や心房細動、心室頻拍に対して心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)を行い、また重症心不全に対して両心室ペーシングによる心臓再同期療法や植込型自動除細動器の手術も積極的に行っています。一方、心不全、心筋症、動脈硬化や高血圧などの循環器疾患の遺伝的素因、背景と病態への関連を解析することにより、治療にフィードバックしています。私たち循環器内科では、心臓病で苦しまれている患者さんに対してより良い医療を提供できるよう努力しています。
腎臓内科
腎臓内科では、健康診断などでみつかる何も自覚症状のない軽度の蛋白尿、血尿の方から、むくんでいる方、少し腎機能が低下している方、末期腎不全で血液透析が必要になるかもしれない方、さらには高血圧、糖尿病、膠原病など全身の病気による腎障害まで、腎臓に関するほとんどの病気をカバーしています。また、特殊な疾患として、水電解質異常、二次性高血圧、尿路結石等の診療も行っています。さらに、長期血液透析に伴う合併症の診断、治療や血液浄化療法の必要な患者さんの血液浄化療法の治療のプランニングも行っています.
呼吸器内科
病棟では肺癌・間質性肺炎を中心に、外来ではそれ以外に気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群患者さんを中心に診療を行なっています。
膠原病リウマチ内科
膠原病を中心とした外来及び入院診療を行っています。外来には関節リウマチをはじめ、様々な膠原病の患者様が通院されています。入院病床は18床です。疾患としては関節リウマチ、SLE、血管炎症候群、多発性筋炎/皮膚筋炎などの患者様が多く入院されています。リウマチや膠原病の疑いがあるといわれた方は気軽に受診してください。受診時に紹介状を持参していただくと大変助かります。
消化器内科
消化器内科では、消化器全般の病気についてそれぞれの専門医が診断と治療を行っています。特に内視鏡の検査件数、治療件数は全国の国公立病院でもトップクラスの実績があり、中でも早期の食道癌・胃癌・大腸癌に対する内視鏡診断治療や胆膵領域の結石や癌に対する内視鏡診断治療に関しては日本の有数の症例数を誇っています。また、肝疾患に関しても高度な技術と経験を有する陣容で最新の診療にあたっており、最良の医療を提供するよう努めています。
糖尿病・内分泌内科
糖尿病・内分泌内科では、糖尿病・内分泌疾患の専門家として診療にあたっています。メタボリックシンドローム・糖尿病患者さんは世界的に増加傾向にありますので、これまで以上に今後は地域連携をすすめていきたいと考えています。
神経内科
脳・脊髄・末梢神経・筋肉におこる疾患を、内科的に診断治療する診療科です。主な症状には、手足の麻痺、しびれ、歩行困難、頭痛、意識障害などがあります。
腫瘍・血液内科
各種がんを対象として臓器横断的に、化学療法、分子標的治療、ホルモン療法を行い、さらに治験など最新の薬物治療も提供します。各診療科と連携しながら、放射線治療、手術などを併用した集学的治療もコーディネートします。
血液内科
血液の細胞(白血球・赤血球・血小板)や止血に必要なタンパク(凝固因子)の異常が原因の病気(血液病)を扱う内科です。
感染症内科
感染症内科では感染症全般の治療と予防を担当します。熱帯病、結核、エイズ、梅毒などの性感染症といった具体的な感染症のケアや、原因の分からない熱や腫れなども診断・治療いたします。また、各種予防接種のご相談を受けたり、海外赴任、海外旅行前のコンサルテーションと予防接種や予防薬の提供、帰国後の健康管理も担当しています。

このページのトップへ戻る

内科系

放射線科
放射線科とは
@CT・MR・血管造影・PET・RIなど最新検査機器を用いた画像診断
A画像診断技術を応用した先進的な低侵襲治療(IVR:インターベンショナルラジオロジー)
B高エネルギー放射線を人体に照射し、切らずに悪性腫瘍を治す放射線治療
といった診療を行う科です。共通する理念は、患者さんの負担を可能な限り軽く、短い時間で、正確な診断治療を行うためにあらゆる先端技術を駆使することです。
放射線腫瘍科
放射線腫瘍科では、X線を用いた様々な放射線治療、イリジウムやヨード線源を用いた組織内治療などを中心に、外科治療や抗がん剤治療との併用など多くの集学的治療に取り組んでいます。放射線治療を用いて、早期の癌に対して切らずに治す低侵襲治療(臓器を温存)を実施し、一方、進行した癌に対しては、手術療法や抗がん剤治療を有効に組み合わせて、根治を目指す集学的治療を提供しております。また放射線治療は非常につらい癌による痛み(癌性疼痛)を短期間で和らげ、治療後も長期間にわたり痛みを押さえ込む(緩和的治療)の中で大きな役割を担っています。特に、本院の放射線腫瘍科では、多くの他科と主治医とよく相談し、治療方針を十分に検討して、一人一人の患者様に有効で安全な良質な放射線治療を提供できるよう日々努力しております。粒子線治療に関しては兵庫県立粒子線医療センターと連携し、粒子線治療の適応などを相談しております。
小児科
小児科では幅広い領域において質の高い小児医療を提供しています。遺伝子診断・治療、骨髄移植・腎移植などの先端医療を推進するとともに、低出生体重児・病的新生児の集中治療の中核施設としての役割も果たしております。
入院中の子どもたちが、より子どもらしい生活が送れるように配慮されたこどもセンターをはじめ、総合周産期母子医療センター、親と子の心療部、遺伝子診療部の診療を担い、こどもの健康な成長・発育を支える診療体制を作っております。また、感染症に対応した個室や感染に弱い人のための無菌室も装備し、より安全な医療を提供できる体制も整えております。
皮膚科
皮膚科はいろいろな原因によりおこる皮膚の異常に対応する科です。扱う疾患は湿疹や水虫(足白癬)、とびひ(伝染性膿痂疹)などありふれたものから皮膚悪性腫瘍、皮膚良性腫瘍、炎症性皮膚疾患(乾癬など)皮膚アレルギー性疾患(蕁麻疹、アトピー性皮膚炎)、先天性疾患(あざ、遺伝性疾患)、皮膚潰瘍性疾患(熱傷、下腿潰瘍)など多岐にわたります。皮膚に関係する内科的なこと、外科的なこと全てを対象としており、皮膚に問題がある場合まず当科にご相談下さい。皮膚疾患全般にわたり、診断から治療まで積極的に対応できる体制を整えております。午前中は一般外来、午後は各種専門外来を行っており、多様な皮膚疾患に対して、患者さんのご要望に十二分にお応えできるよう日々努力しております。
精神科神経科
思春期の心の問題から老年期の精神疾患に至るまで、幅広く、精神医学全般の疾患の診断と治療を行っています。急性期統合失調症や難治性うつ病の入院治療やアルツハイマー病などの神経変性疾患等の心理および画像検査・遺伝子解析なども行っています。
緩和支持治療科
緩和支持治療科では、がんをはじめとする生命の危機に直面する疾患を持つ患者さんとそのご家族に対して、痛みをはじめとする「体のつらさ」、不安や抑うつなどの「気持ちのつらさ」などの苦痛・苦悩に対する治療・ケアを行うとともに、今後の治療やケアを組み立てていくお手伝いを他診療科や患者相談支援センターとともに行っています。
また、抗がん剤や放射線治療などの治療に関連した症状への対処、非がん疾患や小児の緩和ケアについても診療を行っています。

このページのトップへ戻る

外科

食道胃腸外科
食道から肛門にいたる消化管に発生する腫瘍性病変と炎症性腸疾患の外科的治療(腹腔鏡下手術含む)を行なっています。
肝胆膵外科
肝胆膵疾患に対する外科治療と肝移植や膵移植などの移植手術を2つの柱として診療を行なっています。
乳腺内分泌外科
平成20年4月1日より乳腺内分泌外科を設置いたしました。乳がんを中心に、手術、化学療法、放射線療法を組み合わせた治療を行っています。
※原則として健診等で乳房に異常を認めた方や他院からご紹介いただいた方の診断および治療を行っています(現在のところは乳がん1次検診は行っていません)。
心臓血管外科
先天性心疾患、後天性心疾患(狭心症、心筋梗塞、弁膜疾患、重症心不全など)、大動脈疾患(胸部・腹部の真性並びに解離性大動脈瘤)、末梢血管疾患など、心臓血管領域全般の外科治療に携わっています。
呼吸器外科
原発生肺癌をはじめとする肺疾患、縦隔疾患、胸壁疾患に対して手術療法を中心とした集学的治療に取り組んでいます。
小児外科
15歳までの小児の消化器疾患、呼吸器疾患の外科的治療全般を扱っています。

このページのトップへ戻る

外科系

整形外科
四肢の骨関節および脊椎の機能障害をきたす疾患について、正確な診断と機能の再建を目的とした治療を行なっています。
リハビリテーション科
けがや病気で日常生活動作に支障が出た患者様に、理学療法、作業療法、言語療法、装具などを用いて治療を行います。原則的に当院入院中の患者様の対応を行っておりますが、装具や日常生活指導については、外来でも対応いたします。
脳神経外科
脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、水頭症をはじめ、三叉神経痛や顔面けいれんなどの機能的疾患、さらに脊髄疾患まで、中枢神経系の幅広い疾患を取り扱っています。
眼科
白内障、緑内障、網膜硝子体疾患、角膜疾患、斜視弱視、ぶどう膜疾患、眼窩疾患、神経眼科など眼科関連疾患を取り扱っています。
耳鼻咽喉・頭頸部外科
耳鼻咽喉・頭頸部外科疾患全般を対象として診療を行っています。頭頸部癌に対しては、関連各科と共同で根治とQOLの両立を目指した治療を心掛けています。慢性副鼻腔炎など鼻副鼻腔の手術では、ナビゲーションシステムを用いた低侵襲で安全な内視鏡手術を行っています。中耳炎・難聴、めまい、音声・嚥下障害、顔面神経麻痺、嗅覚障害、アレルギー性鼻炎の治療にも力を注いでいます。
泌尿器科
腎、尿管、膀胱、尿道といった尿路の疾患と精巣・精巣上体・精管・精嚢・前立腺・陰茎といった男性生殖器の疾患の診断と治療を行なっています。
産科婦人科
一般産科婦人科とともに周産期、婦人科腫瘍、生殖内分泌、更年期、性感染症を扱っています。
形成外科
身体の中でも顔面、手足など、外から見える部位の組織欠損・変形・醜状に対する悩みの治療を行なっています。
美容外科
シワ、タルミなど老化による顔面・体の変形の修正手術を中心に、美容外科全般の相談を承っております。
麻酔科・ペインクリニック科
麻酔科・ペインクリニック科では、大きく3つに分けて、@手術中の麻酔管理 AICUでの手術後の全身管理 Bペインクリニックを行なっております。
歯科口腔外科
顎口腔領域に発生する腫瘍・変形症・骨折・嚢胞・粘膜疾患などの口腔外科疾患を対象としています。
病理診断科
病理診断科は直接患者さんと接することはありませんが、さまざまな方法で採取された病変部を顕微鏡で検鏡し、確定診断を下す重要な役割を果たしています。幅広い診断能力を有する病理医により、高度な手法を用いた診断が行われています。

このページのトップへ戻る

特殊外来

漢方内科
種々の疾患に対して東洋医学的な見地から病状をとらえ、主に漢方薬による治療を行ないます。
遺伝子診療部
遺伝相談・遺伝子診断・遺伝子治療を行い、遺伝と遺伝子に関わる医療を総合的に提供しています。
救命救急科
当診療科は、全診療科のバックアップ体制のもと、2次・3次救急患者さん、直接来院した初期救急患者さんは全て受け入れています。初診患者および救急車搬入患者さんは救命救急科医師、再診患者さんは各診療科医師が対応します。ヘリポートを有し、遠隔地からの迅速な患者さんの搬送にも備えています。救急部(救命救急科)は、初期・2次・3次にわたる質の高い救急医療の実践と救急医学の研究・教育、人材育成及び病院前救護体制の充実・強化に力を注いでいます。救急総合医としての資質を持ち、同時に他診療科の専門医資格を有するスーパードクターを養成しています。日本救急医学会指導医指定施設・同専門医指定施設である。
また、地震や大規模事故などの災害発生時には特別に訓練された医療チーム(DMAT)を災害現場へ迅速に派遣し救命救急治療を行います。
主な診療内容
受診する診療科が分からない方はこちらをご覧下さい。
症状別、臓器別の症状・疾患ごとの診療科をご案内いたします。

このページのトップへ戻る