受診される方へ

腎臓内科

患者さまへのお知らせとお願い

診察を行う上で、いつから尿蛋白、尿潜血が出ているのか、いつから血圧が高いのか、いつから糖尿病があるのか、どんな薬を飲んでいるのかなどは非常に重要です。検査結果を含めたこれらの情報があれば、治療、検査などの役に立ちますので受診時に持参してください。また、検診などで腎機能のマーカーである血清クレアチニンが上昇していると言われた場合は、是非とも一度腎臓専門医による診察を受けてください。隠れている腎臓病を発見するきっかけとなります。

診療科の概要と取り扱う疾患

腎臓内科では、何も自覚症状のない軽度の蛋白尿、血尿の方から、むくんでいる方、少し腎機能が低下している方、末期腎不全で血液透析が必要になるかもしれない方、さらには高血圧、糖尿病、膠原病など全身の病気による腎障害まで、腎臓に関するほとんどの病気をカバーしています。また、特殊な疾患として、水電解質異常、二次性高血圧の診療も行っています。さらに、長期血液透析に伴う合併症の診断、治療も行っています。腎臓病は今はひろく慢性腎臓病と呼ばれ国民の10人に1人が該当するかその予備軍と言われています。慢性腎臓病は腎臓の病気にとどまらず、脳・心血管系の疾患をも増加させると言われていますので、問題のある方は早めに受診して下さい。

得意とする診療内容

慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、高血圧腎症、膠原病にともなう腎障害に対する腎生検診断と治療。
急性腎不全、保存期腎不全、末期腎不全に対する保存的療法と血液浄化療法。 移植手術前後の患者管理。
慢性腎臓病患者における心血管疾患の診断および管理。
水電解質代謝異常、骨カルシウム代謝異常などに対する薬物療法。
長期透析合併症(副甲状腺機能亢進症などの骨合併症、透析アミロイド症)に対する治療。
ファブリー病の診断、治療。
多発性嚢胞腎に対する塞栓術。
内シャント作成、修復などの手術治療。
血液透析は腎・血液浄化センターにて施行(入院のみ、透析導入および合併症治療に限る)

診療日と担当医

区分
初診・再診 (午前) 西 渡邉 周平 藤井
渡邉 健太郎〔第1・3週〕
後藤 公彦〔第1・3週〕
藤井 〔第2週〕
細川[第4・5週]
河野
初診・再診 (午後) 後藤 俊介 西 藤井 後藤 俊介 吉川

スタッフ紹介と主な専門分野

氏名・役職 専門領域 資格等 備考
西 愼一
教授
診療科長
腎・血液浄化センター センター長
腎疾患全般
腎臓病理
腎不全
腎臓移植
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会指導医
日本腎臓学会指導医・専門医
日本透析医学会指導医・専門医
日本臨床腎移植学会認定医
日本腎臓学会評議員・幹事
日本臨床腎移植学会理事
日本透析医学会評議員
藤井 秀毅
講師
診療科長補佐
病棟医長
腎疾患全般
高血圧
腎不全
腎疾患における心血管疾患
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会指導医
日本腎臓学会指導医・専門医
日本透析医学会指導医・専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本高血圧学会指導医・専門医
アメリカ腎臓学会上級会員(Fellow of American Society of Nephrology: FASN)
日本腎臓学会評議員
日本透析医学会評議員
後藤 俊介
助教
外来医長
腎疾患全般
慢性糸球体腎炎
腎不全
腎性骨症
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会指導医
日本透析医学会指導医・専門医
日本腎臓学会指導医・専門医
日本腎臓学会評議員
河野圭志
助教
腎・血液浄化センター 副センター長
腎疾患全般
慢性糸球体腎炎
透析合併症
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会指導医・専門医
日本透析医学会専門医
日本高血圧学会専門医
日本腎臓学会評議員
吉川美喜子
特定助教
腎疾患全般
慢性糸球体腎炎
腎移植
血液浄化療法
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
日本アフェレーシス学会専門医
 
渡邉周平
特定助教
腎疾患全般
慢性糸球体腎炎
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
 
後藤公彦
医員
腎疾患全般
慢性糸球体腎炎
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
 
渡邉健太郎
医員
腎疾患全般
慢性糸球体腎炎
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会専門医
 
細川望美
医員
腎疾患全般
慢性糸球体腎炎
日本内科学会認定内科医  

このページのトップへ戻る