神戸大学 医学部附属病院

  • 医学研究科
  • 附属病院
  • ホーム
  • センター概要
  • 組織紹介
  • 診療の特色
  • センターの取り組み
  • お知らせ

センター概要

センター長 挨拶

円滑ながん診療を目指して

神戸大学医学部附属病院腫瘍センターは、がんの診療が円滑に進むように組織されました。日本のがん医療は欧米に比べて、化学療法、放射線治療の体制整備が遅れていると言われています。日本のがん診療が、呼吸器内科・外科、消化器内科・外科、耳鼻科、産婦人科、整形外科などの臓器別診療体系の中で行われ、化学療法や放射線治療の重要性が認識されてこなかったことが、その原因の一つと言われています。近年の薬物療法や放射線治療の進歩は目覚しいものがあります。臓器の枠にとらわれることなく、がんの薬物療法や放射線治療を専門に行う医師、すなわち腫瘍内科医や放射線治療医が必要とされています。また、がんと診断された早期から緩和医療が必要です。早期のがんで身体の症状がなくても、心のいたみは生じます。それらに対応するため、緩和治療を専門とする医師、看護師、臨床心理士からなる緩和ケアチームの活躍が重要です。診療科の枠を越えて、一人の患者さんの治療方針を話し合う場として、Tumor Boardを設けています。外科系、内科系、放射線の医師に加えて、病理医、看護師、薬剤師なども参加して、一人一人の患者さんに最適な治療を話し合っています。

診療科横断的ながん医療に対応する「腫瘍センター」

このような活動を支援するために、がん診療連携拠点病院神戸大学医学部附属病院は、がん薬物療法、放射線治療、緩和医療の体制を整え、診療科横断的ながん医療に対応する「腫瘍センター」が組織されています

より良いがん医療の提供

腫瘍センターでは、安全で有効な化学療法を外来で実施するために通院治療室、適切ながん化学療法を実施するためのレジメン審査を行うがん薬物療法審査委員会、一人のがん患者さんの治療方針を診療科を越えて決定するTumor Board、がん患者さんあるいはご家族および地域の医療機関からの相談を受け付けるがん相談室、がん登録など、さまざまな組織を統括し、神戸大学医学部附属病院におけるより良いがん医療を提供できるように努めてまいります。ご支援と、ご協力を賜りますよう、お願いいたします。

センター長 南 博信

写真:センター長南博信

がん相談室

当院では、がん治療に関して患者さんの不安や疑問にお答えする窓口を設けています。お気軽にご相談ください。