神戸大学 医学部附属病院

  • 医学研究科
  • 附属病院
  • ホーム
  • センター概要
  • 組織紹介
  • 診療の特色
  • センターの取り組み
  • お知らせ

センターの取り組み

腫瘍センターでは、関連する各部門・チームと連携を取っております。各部門・チームでは患者さんの支援のために様々な取り組みを行っています。具体的な取り組みをご紹介いたします。

Tumor Board

Tumor Boardとは、手術、放射線療法、化学療法に携わる専門的な知識及び技能を有する医師、病理診断医、およびがん医療に携わる専門職が一堂に会し、職種を超えて多方面の知識・意見を集約することで、最も適切な治療方針を検討していく場です。

通院治療室

通院治療室では、院内の実務スタッフによるワーキンググループが中心となり、地域のがん患者さんに安全、安心、安楽な外来化学療法を実践しています。

緩和ケアチーム

緩和ケアとは、病気によっておこる様々なつらい症状を和らげる(緩和する)治療のことです。

がん登録室

院内がん登録とは、病院を訪れた外来患者さん、入院患者さんを問わず、全てのがんについて、情報を集め、登録する仕組みです。

がん地域連携クリティカルパス

地域連携パスでは互いに連携・分担して、それぞれの特徴を活かした医療を提供します。「地域連携」とは、患者さんを中心に地域の医療機関と情報交換を行い、より良い医療と安全を提供する仕組みです。

がん相談室(がん相談支援センター)

当院では、2009年4月よりがん相談室を開設し、皆さまの「がん」に関する不安や悩み、質問にお答えするための相談支援活動を開始しました。

病理医育成

病理診断医は、様々な疾患の確定診断をつける重要な役割を担っており、医療の根幹となる非常に重要な役割を果たしています。神戸大学では、積極的に病理医の育成を図っています。

がん相談室

当院では、がん治療に関して患者さんの不安や疑問にお答えする窓口を設けています。お気軽にご相談ください。