神戸大学 医学部附属病院

  • 医学研究科
  • 附属病院
  • ホーム
  • センター概要
  • 組織紹介
  • 診療の特色
  • センターの取り組み
  • お知らせ

診療の特色

当院のがん診療は、患者さんそれぞれの症状に合わせて、薬物療法、放射線治療、手術などを組み合わせて効果的で安全な治療を受けていただくことを目標に取り組んでいます。
さらに、治験などで最新の薬物を使用する機会を提供するとともに、がんによる心身の苦痛を和らげるための緩和ケアを、抗がん治療と並行して行っています。

がん治療

がんの外科的治療について、十分なトレーニングを受けたチームが診療にあたります。
がんの種類によっては放射線治療単独または抗がん剤と併用することで治癒させられる場合もあります。

セカンドオピニオン

各種がん治療に対するセカンドオピニオンにも対応しております。どこの科にかかればよいか分からない、といった悩みを抱えておられる場合は、がん相談室までお問い合わせください。

がん治療に関する臨床試験

新しい薬剤を開発する治験を含めて、積極的に臨床試験を実施し、より良い治療方法の開発を行っています。御協力が得られた患者さんには臨床試験による治療を提供し最新の治療を受けていただけるようにしています。

緩和医療

がんによって生じる体の症状や心の問題に対応していくことは、がんそのものに対する治療と同じように大切です。緩和医療はがんが進行した時期だけでなく、がん治療の早い時期から行われるべきです。

がんのリハビリテーション

各診療科から紹介された入院中のがん患者さんに対して、機能障害、ADL障害などの予防・改善を目的にリハビリテーションを実施しています。

がん実地医療一覧

がん診療の診療科別一覧です。

がん研究的診療一覧

がん研究の診療科別一覧です。

がん相談室

当院では、がん治療に関して患者さんの不安や疑問にお答えする窓口を設けています。お気軽にご相談ください。