神戸大学 医学部附属病院

  • 医学研究科
  • 附属病院
  • ホーム
  • センター概要
  • 組織紹介
  • 診療の特色
  • センターの取り組み
  • お知らせ

診療の特色

がんのリハビリテーション

がんと共存する時代に
がんによる死亡率は、早期発見、早期治療、治療技術の向上などにより年々減少してきています。しかし、2003年には298万人だったわが国のがんの治療を終えたあるいは治療中の患者数は、2015年には533万人にものぼると予測されています。すなわち、がんが不治の病であった時代から、がんと共存する時代に変化してきています。
二次的な障害の予防・運動機能の低下やADL障害の予防・改善を目的としたリハビリテーション
がん自体ががん患者さんに体力低下や機能障害を引き起こすことに加え、手術・化学療法・放射線療法などのがんに対する治療によっても合併症が生じます。それに伴い、疼痛、疲労、筋力低下、全身体力低下、移動・セルフケアなどの「日常生活動作(Activity of Daily Living: ADL)」障害などのがんの種類によらない一般的な問題、また、リンパ浮腫、末梢神経障害、軟部組織・骨切除術後などのがんの種類による特別な問題が生じます。このような問題に対して、二次的な障害を予防し、運動機能の低下やADL障害の予防・改善を目的としてリハビリテーションを行います。
体力の維持・改善のためのリハビリテーションが重要です
例えば、化学療法は、腎機能障害、心機能障害、間質性肺炎などの重篤な副作用と、嘔気・嘔吐、骨髄抑制、末梢神経障害などの高頻度の副作用を生じる恐れがあります。放射線療法は、急性反応(照射期間中・照射直後)として、放射線宿酔(嘔気、食欲不振、全身倦怠感など)、脳や気道などの浮腫、皮膚炎、口腔咽頭粘膜障害、消化管障害などの副作用を生じることがあり、晩期反応(通常照射後6ヶ月以降)として、脳壊死、脊髄障害、末梢神経障害、リンパ浮腫、骨障害(大腿骨頭壊死など)、口腔内乾燥症などの副作用を生じることがあります。このような副作用に、疼痛、睡眠障害、精神的要因も相まって、全身体力の低下や倦怠感を来すことがあり、さらに倦怠感は身体活動を制限し二次的な体力低下にも繋がります。
がん患者さんの身体活動の低下は、治療法選択、生命予後、ADL、生活の質(Quality of Life: QOL)にもかかわることから、体力の維持・改善のためのリハビリテーションが重要です。
がんのリハビリテーションの対象

がん診療体制の充実が進められる中、リハビリテーション領域において、2010年4月の診療報酬改定により、「がん患者リハビリテーション料」が新設されました。がんのリハビリテーションの対象となるのは、表に記載された条件を満たす「入院中」のがん患者さんです。

当院においても、2011年8月に「がん患者リハビリテーション料」の施設基準を取得し、入院中のがん患者さんに対するリハビリテーションを積極的に行っています。

  • 食道がん・肺がん・縦隔腫瘍・胃がん、肝臓がん、胆嚢がん、大腸がんと診断され、当該入院中に閉鎖循環式麻酔により手術が施行された又は施行される予定の患者
  • 舌がん、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、その他頸部リンパ節郭清を必要とするがんにより入院し、当該入院中に放射線治療あるいは閉鎖循環式麻酔による手術が施行された又は施行される予定の患者
  • 骨軟部腫瘍又はがんの骨転移により当該入院中に患肢温存術又は切断術、創外固定又はピン固定等の固定術、化学療法もしくは放射線治療が施行された又は施行される予定の患者
  • 原発性脳腫瘍又は転移性脳腫瘍の患者で当該入院中に手術又は放射線治療が施行された又は施行される予定の患者
  • 血液腫瘍により当該入院中に化学療法又は造血幹細胞移植を行う予定又は行った患者
  • がん患者であって、当該入院中に骨髄抑制を来しうる化学療法を行う予定の患者又は行った患者
  • 緩和ケア主体で治療を行っている進行がん、末期がんの患者であって、症状増悪のため一時的に入院加療を行っており、在宅復帰を目的としたリハビリテーションが必要な患者
当院におけるがんのリハビリテーションの取り組み

当院リハビリテーション部においては、各診療科から紹介された入院中のがん患者さんに対して、機能障害、ADL障害などの予防・改善を目的にリハビリテーションを実施しています。

当院でのがんのリハビリテーションの例は下記ボタンから詳細をご覧ください。

  1. ケース1 造血幹細胞移植・化学療法施行患者さんの例
  2. ケース2 食道がん患者さんの例
  3. ケース3 乳がん患者さんの例
  4. ケース4 頸部リンパ節郭清術後の患者さんの例
  5. ケース5 言語聴覚療法・摂食嚥下機能療法の例
他部門との連携
当院のがんのリハビリテーション・スタッフは、腫瘍・血液内科、乳腺内分泌外科、耳鼻咽喉・頭頸部外科、緩和ケアチームのカンファレンスや転移性骨腫瘍カンファレンス(Bone Metastasis Board)、病棟ラウンドに参加し、患者さんの状況、治療やケアについて主治医、看護師、臨床心理士など他職種と情報交換を積極的に行い、患者さんへのリハビリテーションに活かしています。

転移性骨腫瘍カンファレンス

  • 医師、看護師、リハビリテーション・スタッフ、臨床心理士などの多職種で情報共有を行う
  • リハビリテーション科、整形外科、緩和支持治療科、放射線腫瘍科、腫瘍・血液内科など多診療科の連携
  • 転移性骨腫瘍の患者さんの治療方針、リハビリテーションの必要性や内容を検討する
  • 日常生活上やリハビリテーション実施時のリスク管理、安静度の設定、装具の必要性の検討などを行う

写真:転移性骨腫瘍カンファレンス

がん相談室

当院では、がん治療に関して患者さんの不安や疑問にお答えする窓口を設けています。お気軽にご相談ください。