神戸大学 医学部附属病院

  • 医学研究科
  • 附属病院
  • ホーム
  • センター概要
  • 組織紹介
  • 診療の特色
  • センターの取り組み
  • お知らせ

緩和ケアチーム

緩和ケアとは

緩和ケアとは、病気によっておこる様々なつらい症状を和らげる(緩和する)治療のことです。体に現れる症状(痛み、だるさ、吐き気・嘔吐など)や、心の症状(不安や気分の落ち込みなど)が持続すると、日常生活に支障をきたし、QOL(quality of life:生活の質)の低下につながります。QOLの維持・向上を目指すために、診断時から症状を和らげることが大切です。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームは、患者さんとご家族のQOL向上のために、緩和ケアに関する専門的な知識や技術により、患者さんとご家族へのケアを行うチームです。症状緩和策について、担当医や担当看護師と話し合い、治療方針を決定します。

主な相談内容

  • 体の症状:痛み、息苦しさ、しびれ、吐き気、だるさなど
  • 心の症状:眠れない、不安、緊張、気分が落ち込むなど
  • その他:家族や仕事の悩み、退院後の生活についてなど

緩和ケアチームのご案内 緩和ケアチーム依頼方法(入院)

緩和ケアチームに所属する各メンバーの役割

痛みなどの身体の症状を緩和する [医師・看護師・薬剤師]
気分の落ち込みなど心の症状を緩和する [医師・臨床心理士・看護師・薬剤師]
薬の作用や副作用、飲み方などをわかりやすく説明する [薬剤師]
日常生活の中で安全に動きやすい方法を提案する [理学療法士]
食事の工夫や栄養面の相談 [管理栄養士]

緩和ケア外来

主なメンバーのコメント

各画像をクリックするとコメントがご覧になれます。

  • チーム長 木澤義之
  • 呼吸器内科特命教授 西村善博
  • 呼吸器内科麻酔科准教授 高雄由美子
  • 身体症状担当医師 山口崇
  • 身体症状担当医師 余谷暢之
  • 身体症状担当医師 木原里香
  • 身体症状担当医師 島田麻美
  • 精神症状担当医師 田宮裕子
  • 精神症状担当医師 青山慎介
  • 看護師 太田垣加奈子
  • 看護師 久保百合奈
  • 薬剤師 志田有里
  • 薬剤師 打保裕子
  • 薬剤師 奥野護
  • 臨床心理士 酒見惇子
  • 臨床心理士 松本いずみ
  • 理学療法士 井上順一朗
  • 理学療法士 柏美由紀
  • 理学療法士 牧浦大祐
  • 管理栄養士 赤毛

緩和ケア外来

緩和ケア外来での診療を希望される方は、担当医や看護師などに希望をお伝えください。 担当医や看護師は、緩和ケアチームへご連絡ください。

  • 診察場所:中央診療棟2階 腫瘍センター外来
  • 診療日:月~金曜日 10:00~12:00 13:30 ~15:30
  • 初診外来は、完全予約制
  • 緩和ケア専用の入院受け入れは行っておりません。ご了承ください。
  • がん相談室、患者支援センターと連携し、在宅療養の支援を行います。

その他の活動紹介

緩和ケアチーム勉強会

年に6回、緩和ケアに関わるテーマをもとに、緩和ケアチームメンバーが講師となり、院内外医療者向けの勉強会を開催しています。

医師のための緩和ケア研修会

地域がん診療連携拠点病院である当院では、年に複数回、がん診療に携わる医師を対象とした緩和ケア研修会を開催しています。緩和ケアチームは、この研修会の企画、運営を行い、緩和ケアの普及・教育に努めています。

がん相談室

当院では、がん治療に関して患者さんの不安や疑問にお答えする窓口を設けています。お気軽にご相談ください。