神戸大学 医学部附属病院

  • 医学研究科
  • 附属病院
  • ホーム
  • センター概要
  • 組織紹介
  • 診療の特色
  • センターの取り組み
  • お知らせ

がん地域連携クリティカルパス

地域連携パスとは

地域連携パスでは互いに連携・分担して、それぞれの特徴を活かした医療を提供します。「地域連携」とは、患者さんを中心に地域の医療機関と情報交換を行い、より良い医療と安全を提供する仕組みです。『地域連携パス』は、関係する医療機関が一緒に作った"地域連携計画書"のことです。

図:がんの地域連携図

第5次医療法改正(平成18年6月公布、平成19年4月施行)により、医療連携体制の構築が重視されました。地域医療は4疾病5事業(4疾病:がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、5事業:小児医療、周産期医療、救急医療、災害医療、僻地医療)を対象に疾病別、事業別に、水平の医療連携ネットワーク体制を組むこと(診療連携)、地域連携クリティカルパス(以下地域連携パス)を通じて医療機能の分化・連携を推進すること(地域連携パスの導入)が定められました。さらに、この度の第6次改正(平成25年4月)により、「4疾病5事業」に新たに精神疾患と在宅医療を加えた「5疾病5事業および在宅医療」の医療連携体制の構築が進められることになりました。

がん地域連携パスとは、がん診療連携拠点病院と地域の医療機関等が作成する役割分担表、地域連携診療計画表及び患者用診療計画表から構成されるがん患者に対する診療全体を体系化したものをいいます。

がん対策基本法に基づくがん対策推進基本計画およびがん診療連携拠点病院の指定要件の見直しにともない5大がん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん)の地域連携パスの整備が求められました。がん診療における医療機関の役割分担を進め、がん医療の質の保証と安全の確保を図ることが必要です。

がん地域連携パスを活用することで、地域のかかりつけ医(連携医)とがん診療連携拠点病院が協力して情報交換を行い、患者さんの視点に立ち、安心で質の高い医療を提供する体制を構築することを目指しています 。

当院は、兵庫県がん診療連携協議会に参画し、5大がんの地域連携パスを作成・使用しています。

地域連携パスの利用

私たちは、地域連携パスが患者さんの療養生活や診療の方針に合っているかどうかを検討し、利用した方が良いと考えた場合におすすめしています。
関係する医療機関、患者さん・ご家族と相談しながら運用し、変更・中止の申し出にも応じます。
緩和ケアが必要となった場合には、患者さん・ご家族の状況に合わせて個別の対応となりますが、かかりつけ医を中心とした安心できる療養環境を提供します。

連携パスについて、ご質問・ご相談等がある場合は、以下にご連絡ください。平日(8:30~17:15)

医療機関の方
医事課医事係  TEL:078-382-5235

患者さん・ご家族
がん相談室 TEL:078-382-5830
がん相談室

当院では、がん治療に関して患者さんの不安や疑問にお答えする窓口を設けています。お気軽にご相談ください。