放射線治療 Radiotheraphy

放射線治療は、がん治療三本柱の一つとして、広く用いられています。
手術と同じ「局所療法」ですが、患部の機能、形態を温存でき、幅広い病期に適応できる優れたがんの治療法です。
欧米では、がん患者の約60%が放射線治療を選択しています。
治療後も「生活の質 Quality of Life : QOL」の低下を招くことのない放射線治療は、がん治療の柱として大いに期待されています。

切らずに治す放射線治療

放射線治療は手術と同じ「局所療法」ですが、メスを入れることはありません。
放射線が細胞にダメージを与える作用を利用した治療法です。
治療の回数(日数)は数回(日)から、30回(日)以上になることもあります。
技術の進歩により、治療期間も短く精度の高い放射線の治療が可能になってきています。

外部照射治療

体の外から病変部に放射線を照射する治療です。
最新のVarian社製Ture BeamとTure Beam STxを使用することにより、高精度な放射線治療が可能となりました。一般的な照射のほかに患部の状態により、画像誘導放射線治療(IGRT)や呼吸同期照射を行う場合もあります。また、より集中的に照射を行う強度変調放射線治療(IMRT).高精度定位照射(SRS.SRT).全身照射(TBI)にも対応しています。
平成27年度中に、回転強度変調放射線治療(VMAT)を運用予定です。

密封線源治療 Sealed source theraphy

遠隔操作式密封小線源治療装置(RALS)

192Ir線源を用い、体の内側から放射線を照射する治療です。治療室内には東芝社製 X線CT Alixionが設置されています。CTやMRI画像を使用して計画を行い治療します。主に婦人科系腫瘍の治療に用いられます。

前立腺がん永久刺入治療

125Iシード線源を用い、前立腺に直接線源を埋め込む治療法です。
125シード線源を用い、前立腺に直接線源を埋め込む治療法です。多職種連携により、当院泌尿器科.放射線腫瘍科.放射線部が合同で治療を行います。比較的早期の前立腺がんの治療法で、入院期間は約3日間。短期間の入院で可能な治療です。

CTシミュレータ CT simulator

放射線治療の計画を立てるための専用のX線CTとして東芝社製Aquilion LBを使用しています。治療時に、体を安定させるための「固定具」を作成し、装着した状態で撮影します。必要に応じてMRIを用いて撮影することもあります。

治療計画装置 Radiotherarhy planning

現在の放射線治療は、主にCT画像を用いて、三次元的に病変部に最適に照射するための計画を作成します。
CT画像のみならずMRIやPETなどの画像と合わせてより正確に計画することができます。

品質保障・管理 QA/QC Quality assurance/Quality control

安全に質の高い放射線治療を行うために、診療放射線技師や医学物理士など放射線治療に関わるスタッフで実施します。とても重要な業務です。
放射線治療を開始する前に、正確な放射線が出力されているか、治療計画通りの放射線治療が出来ているか、様々な項目について検討を行い安全性を検討していきます。

放射線治療エキスパート育成プログラム

医師・コメディカル統合的人材育成拠点形成
エキスパート・コメディカル育成プログラム
がん治療エキスパート放射線技師育成コース

放射線治療における臨床や精度管理・線量測定法を学び、放射線療法に関わる診療放射線技師のエキスパート・コメディカルを育成する4週間のプログラムを実施しています。
詳細はhttp://www.med.kobe-u.ac.jp/comed/index.html

主な医療機器

Varian社製 Ture Beam
Varian社製 Ture Beam STx
東芝社製 X線CT Alexion
東芝社製 X線CT Aquilion LB
Nucletron社製 micro SELECTRON HDR-V3

放射線治療に関わるスタッフ

放射線腫瘍科医師 (8名)
放射線治療専門医 (5名)
診療放射線技師 (7名)
放射線治療専門放射線技師 (3名)
放射線治療品質管理士 (1名)
医学物理士 (3名)
大学院生(物理領域) (5名)
看護師 (6名)
放射線治療専門看護師 (1名)

どんなことでも、 スタッフに声をかけて下さい。

部門紹介

一般撮影
CT
MRI
血管造影
アイソトープ検査(核医学検査)
放射線治療
手術室
3Dラボ
放射線部紹介TOPページ
放射線部は40周年をむかえました
ページトップへ