MRI Magnetic Resonance Imaging

MRI検査は、大きな磁石のトンネルの中に入り、ラジオ波(電波)をあてることで体の中から出てくる信号を元に画像を作ります。 MRIは横断像だけではなく任意の断面の画像を得ることができます。 

MRIは、放射線による被ばくのない検査です。軟部組織や神経の描出に優れており、造影剤を使わずに脳などの血管を描出することもできます。

磁石の中に入って行う検査のため、体の中に金属(素材が分からないものを含む)がある方は検査を受けられないことがあります。(詳しくはQ&Aへ)
また、検査時間が長く、体の動きに弱いという短所もあります。そのため、患者さんの協力が非常に大切となります。


造影剤を使わずに撮影した頭部の血管

磁気・電波シールド患者大型監視窓

 MRI装置は、磁気と電波を使って検査を行います。検査で使う磁気が検査室外に漏れないように、また外からの電波が検査室内に入らないように、従来型の検査室では特殊な金属板が含まれた壁でおおわれ、小さな窓しかありませんでした。そのため密閉された空間となり、心理的な圧迫感があります。

当院では、磁気・電波シールドの患者大型監視窓を採用し、開放感かつ患者さまに安心して検査を受けて頂くための部屋作りに取り組んでいます。この大型監視窓により、患者さんの心理的圧迫感の軽減や、検査スタッフから検査中の様子を観察し易くなりました。

検査室に持ち込むことができないもの

金属製装飾品ヘアピン、かつら、入れ歯、ピアス、指輪などのアクセサリー等
鉄製の小物 ハサミ、筆記用具、鍵、ライター等
備品 車いす、金属製の杖、ストレッチャー、点滴台、歩行器、酸素ボンベ等
精密機器と
電子機器
時計、カメラ、携帯電話、PHS、携帯用ゲーム機、診察券やクレジットカードなどの磁気の影響があるカード類等
化粧品 目や頭などの顔に近い部分の検査の場合、化粧を落としていただくことがあります。

MRIは非常に強い磁場の中で検査を行うため、携帯電話やヘアピンなどの金属を不意に持ちこんでしまうとMRI装置に吸引され場合によっては、人体に危害を加えることがあります。そのような強磁性体の持ち込みによる危険を回避するために当院ではMRI検査室の入り口に最先端の強磁性体探知機を設置しています。これまで同様にハンディ型の金属探知機がありましたが、この新しいシステムは24個のセンサーで全身の磁性体を瞬時に判断し、ランプと警告音でどこに強磁性体が隠れているか見つけ出すことが出来ます。

検査中

検査中に異常を感じたときのために、緊急連絡ブザーを持っていただきます。具合が悪くなった時には、遠慮なくブザーでお知らせ下さい。
また、検査中は検査スタッフとマイクを通していつでも会話ができます。同時にテレビモニタを通じて患者さんの状態を絶えず観察しています。

素材待ち

検査時間は30分程度ですが、検査の内容によってはそれ以上かかる場合もあります。 体の力を抜いてリラックスして検査をお受け下さい。
検査が始まると装置から「ガーッ」という大きな音がしますが、磁石から出る音ですので心配ありません。

検査中は動かないようにして下さい。動いてしまうと写真がぶれてきれいな画像を得ることができず、正確な診断の妨げになります。
検査部位が、呼吸による動きがある胸部や腹部の場合には、息を止めていただく場合があります。できない方は検査スタッフに申し出て下さい。

造影検査について

MRI検査には、単純検査(造影剤を使用しない検査)と造影検査(造影剤を使用する検査)があります。造影検査は、単純検査だけでは判断しにくい場合に、検査の精度を高める目的で行います。多くの造影剤は静脈注射にて注入しますが、中には口から飲む造影剤もあります。

⃝造影検査を行う3時間前から食事を控えてください。しかし、水やお茶は過度でなければ構いません。

⃝常備薬を飲んでいる方は、主治医の指示に従ってください。

⃝検査を受けるにあたって、事前に問診票に記入していただき安全に検査が行えるようにします。

⃝造影剤使用後まれに副作用がでることがあります。(数日後にでることもあります)。気分不良や蕁麻疹がでるなどの異常を感じたときは、検査スタッフに申し出て下さい。

放射線治療計画用MRI装置

2014年日本で初めて薬事承認を得た放射線治療計画用MRI装置が導入されました。検査室内に高精度患者位置合わせ用レーザーシステムを有しており、放射線治療を行う際と同じ体位でのMRI撮像が可能となります。MRI画像の優れた組織コントラストを活かし、病変部や周囲の正常組織をより正確に把握し、病変部のみに精度の高い放射線が照射できるプランニングを支援しています。放射線治療後も「生活の質 Quality of Life : QOL」の低下を招くことのない治療計画の実現に期待されています。

MRI装置

1号機:PHILIPS社製Intera Achieva 3.0T Quasar Dual
2号機:PHILIPS社製Intera Achieva 1.5T Nova Dual  
3号機:TOSHIBA社製Vantage Taitan 3T   
4号機:HITACHI社製Echelon Vega 1.5T  
5号機:PHILIPS社製Ingenia3.0T  
最新のMRI装置とソフトを兼ね揃え、質の高い画像提供を心がけています。

MRIに関わるスタッフ

MRIでは放射線技師8名と看護師1名、放射線科医が常時2名います。

MRI検査室では、私どもが検査を担当します。

部門紹介

一般撮影
CT
MRI
血管造影
アイソトープ検査(核医学検査)
放射線治療
手術室
3Dラボ
放射線部紹介TOPページ
放射線部は40周年をむかえました
ページトップへ