血管造影 Angiography

血管造影検査とは、足のつけね、手首、肘などからカテーテルと呼ばれる細い管を血管内に挿入し、造影剤を注入しながら血管のX線撮影を行う検査です。これにより血管病変や、がんなどの臓器疾患の診断が可能となります。
近年、血管造影部門では画像診断のみならず、従来では開頭、開胸手術が必要であった患者さんが、カテーテルを用いることにより手術を施さないで治療できる血管内治療(Interventional Radiology : IVR )が盛んに行われるようになりました。
血管内治療には、
血管の狭窄や閉塞した部位にバルーン(風船)やステント(金属の筒)を用い血液の通りを良くする血管形成術、
動脈瘤や外傷による出血部位の止血や、がんを養っている血管などを閉塞する血管塞栓術
があります。
頭部、心臓、胸腹部、四肢等の各検査部位に応じた検査室を紹介します。

頭部・心臓血管造影

脳動脈瘤の治療は、動脈瘤の破裂を防ぐため瘤内に金属性のコイルを留置し脳出血を防ぎます。また、不整脈疾患の診断や治療を行っています。回転撮影を行うことにより3次元的に血管を描出させることができ、より立体的な血管走行の把握や脳血管内治療の安全性に寄与しています。

四肢全般血管造影

装置の汎用性が高いため四肢を中心に全般的な診断および治療を行っています。他にも不整脈の治療、ペースメーカの植込み術等を行なっております。

心臓血管造影

冠状動脈虚血疾患の治療は、動脈硬化による冠状動脈の狭窄または閉塞をバルーンカテーテルやステントを用いることにより血管腔を広げ血流の改善を行います。また、バイプレーン(同時2方向)撮影をすることができるため、造影剤の量を減らすことが可能となります。

胸腹部血管造影(IVR-CT)

肝細胞がんの栄養血管である動脈に対して直接塞栓物質や抗がん剤を注入し、がん細胞を壊死させる治療を行っています。また、CT装置と血管造影を併用しながら、より精度の高い検査・治療を進めることが可能となります。

血管造影装置

当院では血管造影装置を5台、CT装置1台設置しています。
・Infinix Celeve-i INFX-8000V:東芝メディカルシステムズ 2台
・Infinix Celeve-i INFX-8000C:東芝メディカルシステムズ 1台
・Aquilion TSX-201A:東芝メディカルシステムズ 1台
・Artis zee:SIEMENS 1台
・Allura Xper FD10:Philips 1台

スタッフ紹介

看護師 (7名)
臨床工学士 (3名)
診療放射線技師 (6名)

部門紹介

一般撮影
CT
MRI
血管造影
アイソトープ検査(核医学検査)
放射線治療
手術室
3Dラボ
放射線部紹介TOPページ
放射線部は40周年をむかえました
ページトップへ