3Dラボ 3DLabo

平成24年11月より放射線部の一角に3Dワークステーションを有する放射線部画像処理室(3Dラボ)を開設いたしました。
3Dラボ室の目的は、各診療科等から依頼がある放射線画像を用い低侵襲医療・高度先進医療を行うために3D画像作成・提供ならびに手術シミュレーションを行うことです。また3Dラボは、各診療科の医師が3Dラボならびに外来・病棟から電子カルテ端末を用いて容易に低侵襲手術のシミュレーションを行うことを可能とし、患者さんに高度先進医療を提供できる設備です。

3D作成

 各部門の診療放射線技師ならびに医師により3D作成をおこなっています。
また、CT画像を中心とする放射線画像と3Dワークステーションを利用し多くの研究が行われています。

3Dプリンタ

 平成27年度にCanon社製3Dプリンタ『Project660』が導入され、稼働しています。3Dプリンタで作成された実物大臓器立体モデルは、患者説明や術前検討、手術練習・教育に有用であるという報告があります。
当院では、歯科口腔外科や形成外科、整形外科などの診療科より手術支援として、立体モデルの依頼があります。今後も診療科医と相談し、より安全に手術が行えるような立体モデル作成に努めていきます。

装置一覧

3D作成用ワークステーション端末(ZIO Station2 Ver.2.4)
3Dプリンタ(Project660)

3Dラボ室に関わるスタッフ

診療放射線技師 1名

部門紹介

一般撮影
CT
MRI
血管造影
アイソトープ検査(核医学検査)
放射線治療
手術室
3Dラボ
放射線部紹介TOPページ
放射線部は40周年をむかえました
ページトップへ