神戸大学 医学部附属病院

  • 医学研究科
  • 附属病院
  • ホーム
  • センター概要
  • 組織紹介
  • 診療の特色
  • センターの取り組み
  • お知らせ

がん相談室(がん相談支援センター)のご案内

(最終更新日:2021年6月)

がん相談室について

当院では、2009年4月よりがん相談室を開設し、看護師、公認心理師、社会福祉士による、がん、またはがんに関連した相談支援活動を行っております。がんに関する不安、悩みなどのご相談・資料提供などをどなたでも「無料」でご利用頂けます。
がん患者さんやご家族のほか、地域の方々など、どなたでもご利用いただけます。がんに関することについてどんなことでもお気軽にご相談ください。相談で知り得た情報を、相談者の同意なく第三者(主治医等を含む)に伝えることはありません。また、匿名でのご相談も可能です。
ただし、主治医に代わって治療について判断するところではありませんので、ご相談内容によっては医師の受診やセカンドオピニオン外来の受診をご案内する場合がございますことをご了承ください。

相談室の利用方法

基本的には、予約をお取りいただき、直接のご来訪によるご相談、電話によるご相談が可能です。

相談方法
まずはお電話ください

電話番号 078-382-5830

直接がん相談室にお越しください
場所:外来診療棟1階 総合相談窓口(A11)内

電話相談
1回20分程度
対面相談 
1回30分程度
相談日時
9時30分~12時 13時~16時30分(土・日・祝祭日・年末年始除く)
費用
無料

がん相談室メンバー

看護師、公認心理師、社会福祉士がご相談をお受けします。

看護師:1名
公認心理師:1名
社会福祉士:1名
事務員:1名

ご相談内容

こんな時にご相談ください。

  • がん診療に関する一般的な医療について
  • 受診について
  • セカンドオピニオンについて
  • 患者さん、ご家族の療養について
  • 緩和医療について(ホスピス施設も含む)
  • 在宅療養中および、在宅への移行について
  • がんに関する医療費について
  • 社会福祉、介護について
  • 不安や心配について
  • 就労について
  • がんゲノム医療について
  • 希少がんについて
  • 思春期や若年成人(AYA世代)にあるがん患者への治療・支援について
  • がん患者サロン・患者会について
  • その他

がん相談室活動実績(2020年度)

相談内容
相談内容

相談者内訳と受診状況(2020年度)

相談者内訳
相談者内訳

受診状況
受診状況

※画像をクリックすると、拡大表示します。

相談内容の一例

治療・受診に関する相談
「手術をすすめられましたが、他の治療方法はありませんか?」
「複数の治療方法を提示されたのですが、どの治療を選んでよいのかわかりません」
「乳がん検診にひっかかったのですが、どの科を受診したらよいのかわかりません」
病気に関すること
「病気のことを知りたいのですが、患者向けのパンフレットはありますか?」
療養生活に関すること
「胃の手術を受けたのですが、退院後、どんなことに気をつけたらよいでしょうか?」
「抗がん剤治療中で食欲がありません。どんな食事をとったらいいんでしょう?」
「同じ病気の方と話をしたいが情報はないか?」
緩和ケアに関すること
「緩和ケアって、どういうケアですか?」
「私の家の近くに緩和ケア病棟がありますか?」
こころの相談
「病気がわかってから不安が頭から離れません」
「病気のことを考えると不安になります」
「気持ちが落ちこんで、やる気がでません」
「イライラして、つい家族にあたってしまいます」
ご家族からの相談
「家族の立場で何か患者のためにできることはありますか?」
「医療費のことが心配です。何か活用できる制度はありませんか?」
「介護に疲れてきました」

など

がん相談室へのアクセス

院内のアクセス

  • 外来診療棟1階 正面玄関入ってすぐ左手側にあります。
  • カウンター受付があります。事務員がおりますのでお呼び出しください。

図:がん相談室案内図

病院までのアクセス

病院までのアクセスについては神戸大学医学部附属病院サイトのアクセスマップをご覧ください。

がん相談室では、がん情報冊子を各種取り揃えております。
ご自由にお持ち帰りいただくことができます。

以下の「がん情報サービス」は、国立がん研究センター がん対策情報センターががんの情報を発信しているウェブサイトです。
信頼できる正しい情報をわかりやすく紹介していますので、ぜひご活用ください。